名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロアン・カンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロアン・カンのプロフィール

ロアン・カン。ハーバード大学で学士号、スタンフォード大学でMBAを取得。タイム・ワーナーを経て、米国マイクロソフトに入社。One Note担当製品マネジャー、Office 2007世界発売責任者などを経て、日本マイクロソフトOfficeビジネス本部業務執行役員本部長に就任。ビル・ゲイツのスピーチ・ライターとしても活躍した。

ロアン・カンの名言 一覧

プレゼンには不変的な原則があります。まず、最も重要なのは聴衆や参加メンバーを知ることです。どんなにプレゼンススキルが優れていても、相手を知らなければ説得力を高めることはできないからです。もうひとつの原則は、メッセージを可能な限りシンプルにまとめることです。


ビル(ゲイツ)はいつも「自分よりも優れた人」を求めていました。英語で「Get the Right People on the Bus」という表現があります。訳すと「適切な人をバスに乗せろ」。要は適材適所ということです。ビジネスや市場の状況は予測しにくく、技術はめざましいスピードで進化しています。様々な能力を持つ人を結集した多様性あふれるチームをつくり、市場の変化に対応するには「優秀な人材をどれだけ集められるか」が重要です。


私から見ると、日本人はスピーチする人を尊重して、話を最初から最後まできちんと聞いてくれます。一方、欧米ではスピーチする人が話している途中でも、疑問があればどんどん質問が飛んできます。ですから、私が日本人相手にプレゼンするなら、事前に綿密なストーリーを構成して、少しずつ納得を重ねながら結論へ導くような流れで話します。しかし、欧米人が相手なら、これはどういうプレゼンで、皆さんにとってどんな意味があるのかを最初に説明。そのうえで、プレゼンの概要を個条書きのように簡潔にまとめてから詳細に入ります。この違いを理解しておくことが、グローバル化するビジネス環境において、効果的なプレゼンを行うためには欠かせないと思います。


欧米でも日本でも、資料のシートにすべて細かく詰め込み、プレゼンターの話がシートの補足になってしまうことがあります。これではその場でプレゼンを行う意味がありません。あくまでもプレゼンターの話がメインで、資料のシートはそれを補足するシンプルなものであるべきです。


ロアン・カンの経歴・略歴

ロアン・カン。ハーバード大学で学士号、スタンフォード大学でMBAを取得。タイム・ワーナーを経て、米国マイクロソフトに入社。One Note担当製品マネジャー、Office 2007世界発売責任者などを経て、日本マイクロソフトOfficeビジネス本部業務執行役員本部長に就任。ビル・ゲイツのスピーチ・ライターとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

100年続いている老舗を見ると、やっぱり人を大事にしています。人を育てて、社員を含め縁あるすべての人や企業から、「あの社長と仕事ができてよかった」「あの会社に自分のすべてをかけてよかった」と言われる企業こそが長く続くのであり、私はそういう会社をつくりたいと思うのです。


高篠静雄

「モノ作り」で大切なのは、とにかく形にしてみること。


大平喜信

人間は自分の望みを叶えるためにすべての行動を起こしているわけだが、「なぜ」を何度も繰り返していくと、相手の望みがくっきりと見えてくる。そして、本当の知恵とは、この望みを最も有利な条件で叶えてあげる方法に他ならない。


蛭川勝五

肌着・下着のほうが売り上げの多い時期もありましたが、現在は全体の6割が手芸用品という構成です。この2つが両輪ですが、どちらも一般アパレルと比べるとニッチな分野。共に商品数が非常に多く、在庫管理が大変で、回転率も良くない。当社くらいの規模でも続けてこられたのは、手間暇がかかる割に儲からないので、新規参入が少ないためだと思います。


小堺一機

もちろん準備は必要。でもそのまま現場で使っちゃダメ。お客さんは観客のプロ。作り置きの総菜じゃ、本当の意味で喜んではくれない。


熊谷徹(ジャーナリスト)

仕事を抱え込まず、納期までに間に合わないと思えば、すぐに上司に相談する。繁忙期は、課題をリストアップして「仕事の見える化」を図る。仕事には優先順位をつけ、重要な課題から先に処理する。終わった課題を消していけば、進捗が目に見えるのでストレスが減る。そして、今日が締め切りでない仕事は、思い切って明日に延ばす。働き方改革の時代には、「今日やれることは明日に延ばすな」という格言をあえて忘れよう。


高畑正幸

ひらめくために何かをやるというより、ひらめいたことを逃さなかったり、上手に記録して発展・活用したりすることの方を重視しています。


ロバート・キヨサキ

アメリカ海兵隊のパイロットとして、ベトナムに出征していたときのことだ。私は、「需要」と「供給」の調和がいかに重要かを痛感させられる体験をした。戦闘機の部品を注文するのに、私たちは駐留している海上の航空母艦から、陸上の倉庫に連絡をしなければならなかった。違う機種の部品が届いてイライラさせられるというようなことは、日常茶飯事だった。だが、司令官にとっては、部品のサプライチェーンなどという問題は、どうでもよいことだった。彼の唯一の関心事は、私の軍用ヘリがいつでも出動できる状態になっていることだったからだ。供給できる部品の品揃えでは、航空機の廃棄場を持つ陸軍のほうが勝っていたので、陸軍から部品を借りてきては、それで戦闘機を飛ばしたものだった。海兵隊のサプライチェーンを通じて入手した部品のみを使えという上層部の指示には反していたが、私たちは、どんな部品を使ってでも、戦闘機を飛ばし続けなければならなかったのだ。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

資格を取得するときは、まず自分が興味のある分野であること。勉強や起業後のモチベーションが違ってきます。今後ニーズが期待できる業界から探すのも手です。また、新しくできた資格はライバルが少ない点で狙い目です。


ビル・ゲイツ

いまは楽しいから仕事をしている。そういう意味では、私のビジネスのやり方は、クイズに挑戦するのとあまり変わらないかもしれない。だからといって、遊び半分のいい加減な気持ちでビジネスをやっているわけじゃない。でも、創造的なやり方で立ち向かえば、人生はずっと楽しくなる。


藤口光紀

ミッションや理念に支えられていない目標は、モチベーションが低下して、かえって達成が難しくなるんじゃないでしょうか。壁にぶつかったとき、「何のためにやっているのか」という部分がないと、乗り越える気力が湧いてきませんし、もし順調でも、ふと振り返ったときに虚しくなりそうな気がします。


清宮俊之

単純に売り上げだけを考えるのであれば、路面で「一風堂」を出すのが最も手っ取り早いと思いますが、それでは面白みがありません。非効率であっても色々なチャレンジをすることが力の源グループの特色なのです。