レミ・ド・グールモンの名言

レミ・ド・グールモンのプロフィール

レミ・ド・グールモン。19世紀のフランスの作家、詩人、評論家。カーン大学で法律を学んだ後、パリの国立図書館に勤務し蔵書を次々と読み文芸批評を雑誌に投稿し始める。「メルキュール・ド・フランス」を創刊し、執筆活動を行う。フランスのサンボリスト(象徴主義者)を代表する作家

レミ・ド・グールモンの名言 一覧

将来の世代の幸福のために現在の世代の幸福を犠牲にする政策は、自殺政策である。というのは、自己の完成をなしえない人類は、その政策を変えることなく、際限のない、しかも無益な犠牲を続ける結果になるだろうからだ。


財産は、それを所有する人々を他の人たちよりも幸せにするがゆえに攻撃されるのではない。財産が攻撃される理由は、それが少数の人々の幸せを増すからである。


レミ・ド・グールモンの経歴・略歴

レミ・ド・グールモン。19世紀のフランスの作家、詩人、評論家。カーン大学で法律を学んだ後、パリの国立図書館に勤務し蔵書を次々と読み文芸批評を雑誌に投稿し始める。「メルキュール・ド・フランス」を創刊し、執筆活動を行う。フランスのサンボリスト(象徴主義者)を代表する作家

他の記事も読んでみる

野村萬斎(二世)

昨年、映画「シン・ゴジラ」が大ヒットしましたが、実はあのゴジラの動きは私なんです。モーションキャプチャーで私の関節の動きを取り入れ、CGのゴジラに反映させ、東京を壊滅させた。そのゴジラの動きに、能・狂言のすり足であるとか、運びが生かされている。シン・ゴジラの「シン」には人間に警鐘を鳴らす「神」の意味も込められています。怪獣としてではなく、もっと神聖なるモノの歩き方、態度を求められたんですね。それならば我々能楽師の出番であり、「芯」をもってゴジラを演じることができました。自然への信仰とか畏れを日本人は持っている。それを演技術として表すために我々の演技はあることを再確認しました。


広瀬昭三

信頼は迎合ではなく、常に正しく対処することで得られる。きついことを言っても、共感を覚えられる関係を作りたい。


土光敏夫

学校というものは社会に出るためのウォーミングアップの場所に過ぎない。いま、どの学校がいいかなんとか、みんなが目の色を変えているのは、あれは単なる親のエゴに過ぎない。僕自身は大学に行く気なんて全くなかった。好きな機械を作っていれば、それでよかったんだ。


中川悠介

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


青木定雄(兪奉植)

いま、日本人の間から、かつての質素や勤勉、自立心といった美徳が失われかけている気がしてなりません。不況から抜け出せないのは政治や行政、金融機関が悪いからだというのは簡単です。しかし、資本主義の下で、日本が元気になるにはそれぞれの企業が良いモノやサービスを生み出して競争に勝つしかありません。そのためには苦しみ抜くしかないんです。「苦労は買ってでもしろ」。そんな精神をもう一度、取り戻してもらいたいと私は切に思います。


川田達男

人の成長には何よりも経験が大切です。だからリーダーが育つための必要な環境を与える、つくっていくことは経営陣の役割でしょう。しかし、その中で揉まれながら、何を変えていくべきかを考えるのは本人が肌で感じる問題です。経験が経験として生きるか、生きないかも本人の問題が大きい。


ロバート・キヨサキ

貧乏父さんは「お金がないからできない」と言うことが多かった。金持ち父さんは、「リソース(resource)がないなら、やりくり上手(resourceful)にならなければならない」と言った。


大場智康

公開データからビジネスの具体的なヒントを得ようとするなら、自社のデータと紐付けることが重要です。たとえば地域別の家計データも、自社の顧客の住所データと組み合わせてはじめて役に立つ分析ができます。公開データのみの資料では、せいぜい全体の傾向や雰囲気を伝えることくらいしかできません。自社の個別の課題解決につなげたければ、やはり自社データとの紐づけが欠かせないのです。


近藤太香巳

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。この気持ちを忘れずに頑張ってほしいですね。
感動できる人にしか人は感動させられない。心が貧乏なことが一番不幸なこと。


小宮一慶

ずっと出世街道をきた人は、どうしても自分を過信してしまうことがあります。もちろん自分を全否定する必要はないですが、自己正当化して失敗するのはもったいない。大事なのは、人の話に耳を傾け、受け入れること。そして一日に一回は自己反省する時間を設けること。


井上由美子(脚本家)

プロになる確実な方法は、当たり前ですがとにかく「書くこと」です。シナリオスクールでは、毎回課題が出されるのですが、じつは、ちゃんと書いてくる人は、意外と多くないんです。もっといいものをと、肩に力が入ってしまうのかもしれません。かくいう私も書けない一人でしたが、誰も書かない斬新なファーストシーンを求めて、最初の一枚を延々何十回も書き直していました。でも、これじゃ、いつまで経っても一本もかけないと思い直して、そこを突破しました。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

世界の内部にあるものにあまり熱中できなくて、すぐ外から全体を眺めてみたくなってしまうんです。


楠本修二郎

僕は毎朝、トライアスロンのトレーニングのために走っています。脳科学によると、ヒトの脳は走ることで活性化し、よいアイデアも生まれるそうですよ。


亀井忠夫

当社が目標として掲げる「社会環境デザインの先端を拓く」というのは、当社のそれぞれの分野の専門家たちが粘り強く対話を続けながら街が抱える課題を発見し、解決のための提案をしていくことにほかなりません。新たな都市計画の需要に応えながら「社会に本当に求められる建築」を突き詰め、実践していく常みが亜要となってきます。


吉田修一(小説家)

『橋を渡る』は、いつも通りといえばいつも通りなんですが、「次はどうなるんだろう?」と書きながら考えていきました。週刊誌での連載だったので、先がまったく見えていないことは、怖いといえば怖いです(苦笑)。でも、普段の生活がそうじゃないですか。明日何が起こるか分からない、そのことを怖いと思えば怖いし、楽しいと思えば楽しい。楽しい、と思いながら書いていましたね。


ページの先頭へ