名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

レッシングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

レッシングのプロフィール

ゴットホルト・エフライム・レッシング。ドイツの詩人、劇作家、思想家、評論家。代表的なドイツ啓蒙思想家。ゲーテやシラー、カントなどに大きな影響を与えた人物。

レッシングの名言 一覧

自分の経験は、どんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である。


レッシングの経歴・略歴

ゴットホルト・エフライム・レッシング。ドイツの詩人、劇作家、思想家、評論家。代表的なドイツ啓蒙思想家。ゲーテやシラー、カントなどに大きな影響を与えた人物。

他の記事も読んでみる

松尾均

マンネリ化した観光地も「光の当て方」によって、新しい魅力を放つんです。例えば(建設中の)東京スカイツリー。あれを単に「新たな観光名所」という側面からではなく、「いましか見れない」という要素に重点をおきます。建設中の東京港臨海大橋(東京ゲートブリッジ)などと併せて私たちは「東京、ただ今工事中。」と題したツアーを販売しています。また廃車寸前の二階建てバスを改良して天井を切り、二階建てオープンバスを作りました。このバスで皇居前の千鳥ヶ淵近辺を桜の季節に巡るツアーを実施。どちらも大盛況でした。これは「前からあったもの」に知恵を絞り光の当て方を変えただけ、なんです。


越智仁

三菱レイヨン社長就任直後、ホールディングス傘下の事業会社の各技術を「協奏」させる取り組みを始めました。炭素繊維は三菱レイヨンの主力技術。ただ独力では今後本格採用が進む自動車向け製品の開発に限界があります。複雑な形状を均一に加工できるような樹脂は三菱樹脂が、どのような素材とも接合できる接着剤やなじませ剤は三菱化学が持っていました。


竹鶴政孝

ウィスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである。どんな苦労でも苦労とは感じない。むしろ楽しみながら喜んでやるものだ。
【覚書き:京都の山崎に日本初の本格ウィスキー工場を建てた当時を振り返っての発言】


大給近憲

(ウェブ会員について)当初には登録するとおまけがもらえる、といったキャンペーンをしたことがありましたが、たんに幽霊会員を増やすだけで失敗でした。コミュニティの質やロイヤリティを下げるので、いまでは書込みに応じてポイントが貯まったりするようなことも行っていません。来る者拒まず、去る者追わず。読者を囲い込もうとせず、新鮮な水がどんどん流れる川のようにしたい。池の水はいつかよどんでしまいますから。


安藤浩之

活力のある組織を作るためには、有益なコンフリクト(活発な意見交換)を常に起こす必要があります。場合によっては、現場の部下を守るために、上層部と戦う必要もある。そんな時、自分の迷いや決断に対して、有益な助言と後押しをしてくれるメンターがいると、自分が目指す方向にブレずに進んでいけます。


森田敏宏

生活をパターン化することも、脳を集中モードにするのに有効です。段取りを考えることが、脳にとって大変な負担になるからです。どの順番で何を作業するかを考えると迷いが生じます。それだけで、脳のエネルギーが消費されていきます。


税所篤快

大学二年生のころにバングラデシュのグラミン銀行についての本を読み、いたく感銘を受けました。どうしても創設者のムハマド・ユヌスさんに会いたくなり、休学してインターンで働くことにしました。グラミン銀行はマイクロファイナンス(少額融資)だけではなく、ソーラーパネルを使った発電を京セラと行ったり、ヨーグルトをダノンとつくるなど、貧困解決に向けてあくなきイノベーションを続けています。銀行というより、ひとつの巨大商社。その話を聞いて、いてもたってもいられなくなりました。


土居征夫

ノーベル賞受賞者の方々も訴えているのは、漢字仮名交じり文こそ、知的訓練のベースであり、理解力や判断力の一番の基礎にあるということ。要するに、英語を勉強して単に英語でコミュニケーションだけをできるようにしても、中身が伴わなければ、将来ノーベル賞は出ないということです。


西内啓

新しいことを学ぶとき、「要するに、あの法則と同じだな」と気づけば話が早いのです。知識の蓄積を活用できるかどうかで差が出るんです。年齢とともに、ハードウェア的な記憶機能は低下しますが、似ているものを意識するといった記憶のコツをつかんでいれば、まだ伸び代があるんです。


井上明義

商品開発においては、鑑定を依頼する側、発注者の立場から考える姿勢を貫きました。


梅原勝彦

大学やビジネススクールで、起業論や経営論をどれだけ勉強していても、毎日を漠然と過ごしていたら、チャンスは絶対につかめません。自分で「世の中に貢献する事業を起こしたい」という強い志や気持ちがない人には、運も素通りしてしまうものです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「捨てる」ことと「得る」ことは、人生の中でリンクしているんだ。いらなくなったものを捨てれば、余地が生まれる。余地があればこそ、新しいことも吸収できる。その繰り返しによって、人間は成長していく生き物なんだ。