名言DB

9490 人 / 112001 名言

レジェンド松下の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

レジェンド松下のプロフィール

レジェンド松下、れじぇんど・まつした。日本の実演販売士。神奈川県出身。法政大学経済学部経済学科卒業後、実演販売の世界に入る。通販番組や店頭販売で活躍。著書に『話し方より大切な場の空気の説得術』。

レジェンド松下の名言 一覧

口先のテクニックで顧客を落とそうと思っても、なかなかうまくいかないもの。自分が実際に使って感じた思いを、熱意を持って伝えることで相手の心に響くのです。


実演販売士はその場で話すことを決めるわけではなく、必ず事前に台本を作ります。お客様の心を動かすには、皆さんが納得できるだけのしっかりしたストーリーが必要だからです。


売る側は「こんな当たり前のこと、わざわざ言わなくていいだろう」と思っても、お客様は当たり前のことがわからないから不安になる。先に当たり前の疑問を解消してあげれば、そこに信頼が生まれる。


まずは、従来商品と比較してどこが優れているか説明します。あまり褒めてばかりだと胡散臭いので、欠点があれば隠さずいいます。シンプルですが、これが一番説得力ある伝え方だと思います。


赤いエプロン姿が私のトレードマークですが、無地のものを使っています。なぜなら、お客さんに余計な情報を与えたくないからです。結婚指輪も外します。私ではなく商品を見てもらうためです。


商品の短所も、早い段階で伝えますね。「私は正直者なので、先に弱点を言っちゃいますが」と話した後、すぐに弱点を打ち消すだけの強みを並べます。良いことばかり言われると、「何か隠しているのでは」と疑心暗鬼になる。あえてデメリットを見せたほうが、相手はこちらを信用してくれます。


私が実演販売の台本を作るときは、「序・破・急」の構成でストーリーを組み立てます。もともとは雅楽や能楽で使われてきた三段構成で、これを意識すると話にリズムが生まれ、聞く人の気持ちを動かしたり、巻き込みやすくなります。


実演販売というと、トークで売る印象が強いですけど、私はトーク術に長けているわけではありません。強く意識しているのは、実際に商品を使用したときの驚きなどを感情を込めて再現すること。リアルな想いをストレートに伝えることがなにより大事で、言葉巧みなトークは必要ないと思っています。


お客さんに「買いたい」と思わせるために、その商品をとことん使うことから始めます。たとえば包丁であれば、切れ味や使い心地を何度も試します。すると商品の特長がわかり、アピールすべき点も見えてくる。それを素直に伝えるだけで十分説得力は出ます。


ある時点から、「カッコよく話そう」「うまいことを言ってやろう」という感情を捨てて、「話すのが下手でも、商品が売れればいいじゃないか」と考えるようになってからは、緊張しなくなりました。自分の仕事の目的はあくまで商品を売ること。それさえ達成できれば、多少とちったり噛んだりしても、誰に迷惑をかけるわけじゃない。これくらい割り切ったほうが、話すのが楽しくなりますよ。


セールスをされる側は、断わりたいのが本音。「買わされてたまるか」と思うのが普通。だから私は実演販売でも、「買わなくていいので、ちょっと見ていってください」といったフレーズを繰り返し使い、断わりやすい空気を作ります。するとお客様も心理的なプレッシャーがなくなり、居心地の良さが生まれるのです。誰か一人が楽しそうに私の話を聞いていれば、次々に人が集まり、勝手に「買いたい」という空気が高まっていく。あとは普通に話しているだけで、10個、20個と売れていきます。


商品の説明をする際、最新の技術や画期的な機能といった「すごい情報」ばかりを伝えがちです。でも私は、「当たり前の情報」をなるべく早い段階で伝えることを心がけています。以前、高機能オーブンレンジを実演販売したとき、「二段調理ができる」「スチーム調理ができる」などと素晴らしい最新機能をこれでもかと話したのに、まったく売れなかったことがあります。原因は、「当たり前の情報」が抜けていたことでした。その商品がいかに高機能でも、お客様が「レンジ」と聞いて思い浮かべるのは温め機能です。そこで「冷凍と常温の食品を同時に入れても、自動センサーで温度差を感知し、一分半後にはどちらもムラなく温まります」という説明から始めたところ、一日に二台か三台しか売れなかったオーブンレンジが百台以上売れるようになりました。


たいていのお客様は実演販売士を見かけると、こちらを警戒して離れた場所で足を止めます。ここでいきなり「この商品、いいですよ!」などと言ったら、即座に逃げられるのがオチです。そこで、相手との物理的な距離と心理的な距離の両方を縮めるために、まずはお客様と課題を共有します。たとえば、私が長年販売している業務用のピーラーは、「野菜の皮をむくだけでなく、キャベツの千切りも簡単にできる!」という点が、最もキャッチーで見る人にインパクトを与えるアピールポイントです。でも私は最初からこの特長を説明せず、まずは従来のピーラーについて、お客様が普段感じているはずの不満や悩みを投げかけます。「従来の皮むき器は、野菜の表面をザクザク引っ掻いているだけなので、野菜の繊維を傷めちゃうんですよね」。ここでお客様が「うんうん」とうなずきたくなるシチュエーションをたくさん提示できれば、私との間に共感が生まれ、信頼関係につながります。ポイントは丁寧にゆっくりと話すこと。私の場合、この部分だけで15分ほどかけます。


レジェンド松下の経歴・略歴

レジェンド松下、れじぇんど・まつした。日本の実演販売士。神奈川県出身。法政大学経済学部経済学科卒業後、実演販売の世界に入る。通販番組や店頭販売で活躍。著書に『話し方より大切な場の空気の説得術』。

他の記事も読んでみる

柳川範之

本来は、「勉強しておけばよかった」と本当に感じたときに、勉強すべきなのではないか。必要性や関心のない若者が無理やり勉強し、単位を取って卒業するのに比べて、そのほうがはるかにやる気が出るし、理解度も高まるはず。


小山薫堂

相手のことを知る。一方通行で押しつけるのではなく、相手がどう感じるか、徹底的に調べて、想像して、考える。そして、伝える。


下嶋政幸

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


前刀禎明

現場で働く人たちからは、「二言目には会社から損益計算を追求されるので前例のない企画は出しにくい」という話をよく聞きます。エンジニアが本気なら、「確かにコストはかかりますが、その分は売上で十分カバーできます」と会社に掛け合えばいいのです。それができないのは、そこまで突き詰めてモノづくりに取り組んでいないからだと言わざるを得ません。


菊池健彦

好奇心によって知らないうちに壁を越えるのが、学ぶ姿勢では一番強いと思います。とりわけいまは、インターネットを使えば、教材となる英文記事を無料でいくらでも見ることができます。素晴らしい時代になったと思います。


野口悠紀雄

重要なのが、必要な情報をすぐに見出せる仕組みを作ること。目当ての情報がすぐ見つかるのであれば、わざわざ整理に時間や手間をかけることはありません。


阿部俊則

何より大切なのは優秀な人材です。今、「働き方改革」が話題になっていますよね。実は、顧客のニーズに応えることは、働き方改革の実現そのものなのです。働き方改革こそが、新しいビジネスを生み出すとも言えます。


小倉広

尊敬される上司になるには、「仕事」には「信用」。「人」には「信頼」。それぞれ異なるシステムで対応すること。「信用」とは、過去の実績があるからこそ、相手を信じる、という姿勢。「信頼」とは、相手を無条件に信じること。


吉田松陰

花は満開となれば、やがて落ちる。太陽は南中すれば、やがて陰りはじめる。人は壮年を迎えれば、やがて老いていく。百年の間、必死で勉強すべきであり、ゆったりとくつろぐ暇などはない。


村上太一

モチベーションは上げるものというよりは、湧き出てくるものという感覚があります。


原晋

悩みや懸案事項などが、走ることでいったんリセットされる。行き詰まった時ほど、無心で走って頭をスッキリさせると、アイデアが浮かびやすくなる。思考を深めたい人は、走りながら考えればいい。


片田珠美

相手の嫌がる言葉を平気で投げつける人には2つのタイプがある。一つは想像力が欠如している人。過去の成功体験や社会的な実績があって、絶対に自分は正しいと信じて疑わない。だから、自分が発した言葉を相手がどう受け止めるのか、どんな感情を抱くのか、想像できないのです。もう一つのタイプは逆で、自分に自信がない人。たとえば学歴にコンプレックスを抱えていたら、さらに下の学歴の人をバカにして、自分が上だと認識する。自分の価値を相対的に上げるために、相手を貶めようとするんですね。