レジェンド松下の名言

レジェンド松下のプロフィール

レジェンド松下、れじぇんど・まつした。日本の実演販売士。神奈川県出身。法政大学経済学部経済学科卒業後、実演販売の世界に入る。通販番組や店頭販売で活躍。著書に『話し方より大切な場の空気の説得術』。

レジェンド松下の名言 一覧

口先のテクニックで顧客を落とそうと思っても、なかなかうまくいかないもの。自分が実際に使って感じた思いを、熱意を持って伝えることで相手の心に響くのです。


実演販売士はその場で話すことを決めるわけではなく、必ず事前に台本を作ります。お客様の心を動かすには、皆さんが納得できるだけのしっかりしたストーリーが必要だからです。


売る側は「こんな当たり前のこと、わざわざ言わなくていいだろう」と思っても、お客様は当たり前のことがわからないから不安になる。先に当たり前の疑問を解消してあげれば、そこに信頼が生まれる。


まずは、従来商品と比較してどこが優れているか説明します。あまり褒めてばかりだと胡散臭いので、欠点があれば隠さずいいます。シンプルですが、これが一番説得力ある伝え方だと思います。


赤いエプロン姿が私のトレードマークですが、無地のものを使っています。なぜなら、お客さんに余計な情報を与えたくないからです。結婚指輪も外します。私ではなく商品を見てもらうためです。


商品の短所も、早い段階で伝えますね。「私は正直者なので、先に弱点を言っちゃいますが」と話した後、すぐに弱点を打ち消すだけの強みを並べます。良いことばかり言われると、「何か隠しているのでは」と疑心暗鬼になる。あえてデメリットを見せたほうが、相手はこちらを信用してくれます。


私が実演販売の台本を作るときは、「序・破・急」の構成でストーリーを組み立てます。もともとは雅楽や能楽で使われてきた三段構成で、これを意識すると話にリズムが生まれ、聞く人の気持ちを動かしたり、巻き込みやすくなります。


実演販売というと、トークで売る印象が強いですけど、私はトーク術に長けているわけではありません。強く意識しているのは、実際に商品を使用したときの驚きなどを感情を込めて再現すること。リアルな想いをストレートに伝えることがなにより大事で、言葉巧みなトークは必要ないと思っています。


お客さんに「買いたい」と思わせるために、その商品をとことん使うことから始めます。たとえば包丁であれば、切れ味や使い心地を何度も試します。すると商品の特長がわかり、アピールすべき点も見えてくる。それを素直に伝えるだけで十分説得力は出ます。


ある時点から、「カッコよく話そう」「うまいことを言ってやろう」という感情を捨てて、「話すのが下手でも、商品が売れればいいじゃないか」と考えるようになってからは、緊張しなくなりました。自分の仕事の目的はあくまで商品を売ること。それさえ達成できれば、多少とちったり噛んだりしても、誰に迷惑をかけるわけじゃない。これくらい割り切ったほうが、話すのが楽しくなりますよ。


セールスをされる側は、断わりたいのが本音。「買わされてたまるか」と思うのが普通。だから私は実演販売でも、「買わなくていいので、ちょっと見ていってください」といったフレーズを繰り返し使い、断わりやすい空気を作ります。するとお客様も心理的なプレッシャーがなくなり、居心地の良さが生まれるのです。誰か一人が楽しそうに私の話を聞いていれば、次々に人が集まり、勝手に「買いたい」という空気が高まっていく。あとは普通に話しているだけで、10個、20個と売れていきます。


商品の説明をする際、最新の技術や画期的な機能といった「すごい情報」ばかりを伝えがちです。でも私は、「当たり前の情報」をなるべく早い段階で伝えることを心がけています。以前、高機能オーブンレンジを実演販売したとき、「二段調理ができる」「スチーム調理ができる」などと素晴らしい最新機能をこれでもかと話したのに、まったく売れなかったことがあります。原因は、「当たり前の情報」が抜けていたことでした。その商品がいかに高機能でも、お客様が「レンジ」と聞いて思い浮かべるのは温め機能です。そこで「冷凍と常温の食品を同時に入れても、自動センサーで温度差を感知し、一分半後にはどちらもムラなく温まります」という説明から始めたところ、一日に二台か三台しか売れなかったオーブンレンジが百台以上売れるようになりました。


たいていのお客様は実演販売士を見かけると、こちらを警戒して離れた場所で足を止めます。ここでいきなり「この商品、いいですよ!」などと言ったら、即座に逃げられるのがオチです。そこで、相手との物理的な距離と心理的な距離の両方を縮めるために、まずはお客様と課題を共有します。たとえば、私が長年販売している業務用のピーラーは、「野菜の皮をむくだけでなく、キャベツの千切りも簡単にできる!」という点が、最もキャッチーで見る人にインパクトを与えるアピールポイントです。でも私は最初からこの特長を説明せず、まずは従来のピーラーについて、お客様が普段感じているはずの不満や悩みを投げかけます。「従来の皮むき器は、野菜の表面をザクザク引っ掻いているだけなので、野菜の繊維を傷めちゃうんですよね」。ここでお客様が「うんうん」とうなずきたくなるシチュエーションをたくさん提示できれば、私との間に共感が生まれ、信頼関係につながります。ポイントは丁寧にゆっくりと話すこと。私の場合、この部分だけで15分ほどかけます。


レジェンド松下の経歴・略歴

レジェンド松下、れじぇんど・まつした。日本の実演販売士。神奈川県出身。法政大学経済学部経済学科卒業後、実演販売の世界に入る。通販番組や店頭販売で活躍。著書に『話し方より大切な場の空気の説得術』。

他の記事も読んでみる

中西哲生

優秀な選手ばかりの中で挫折し続け、劣等感を抱いた僕は、どうやってレギュラーを勝ち取れるか、そればかり考えていました。優秀な選手と同じ練習をしても勝てない。何が足りないのか。どんな役割を担えば、チームに必要な選手になれるか。それを考えて練習していたのです。セカンドキャリアについても同じ。


小柳津林太郎

小さな会社とはいえ、経営を任せられているわけですから、プレッシャーを感じることはもちろんあります。でもそんなときは、より大きな責任を背負っている方と話すようにしています。


碓井孝介

覚えたことがアウトプットできるレベルに達したかどうかを確認するには、「自分で自分に説明することができるか」を目安にします。たとえば問題集を解きながら、問題の答えに続いて、なぜその答えなのかを声に出して自分に説明するのです。説明を通じて知識が整理され、覚えた情報が脳に刻み込まれます。


滝一夫

仕入れ先さんがいて、初めて我々が成り立つという感謝の気持ちを持って、相手の立場も考えて物事を変えていかないといけない。


吉田羊

実は私、後悔した経験がありません。反省しても後悔はしないんです。なんか後悔という言葉の持つマイナスのニュアンスが嫌いなんですよ。後悔するって、やるべきことをやってない気がします。だけど反省だったら、やれるだけのことをやった結果、できなかった部分を次に活かすというポジティブさを感じます。


青木功

英語もろくにできない俺が海外でやれたのは、とにかく好奇心が強かったから。外国の選手たちのやり方が面白そうだと思うと、俺は自分ですぐに試してみた。すると相手も「バンカーショットを教わりたい」とか言ってきて、そのうち食事やツアーの移動も一緒にするほど仲良くなってね。結局、コミュニケーションは言葉じゃない。気持ちの問題。


Mr.マリック

テレビに出演する際、私はよくプロデューサーに「誰がゲストかわからなければ、出し物は決まらないんだ」と話します。具体的に目の前で相手が喜ぶ姿が浮かんでくるような説得力のある仕事を目指す。これこそ、私にとってのエンターティナーの原点なのです。


澤田道隆

今でもマスブランドが強い製品もあります。衣料用洗剤や掃除用品などは、なじみのブランド製品を選ぶ傾向があります。しかし今、市場で起こっている変化は、小さな規模の集合体、スモールマスの台頭です。その代表は化粧品です。たとえば化粧品のソフィーナは全体で見れば約700億円規模のブランドですが、細かく見ると「エスト」「ソフィーナボーテ」など100億~200億円規模のブランドの集合体です。化粧品は女性の美の多様性ということに対応して、それぞれのブランドがそれぞれの世界観で成り立っています。そのため化粧品の分野には1000億円を超える単体ブランドは、ほぼないんです。


江川達也

現在の僕は、意識して考えなくても、その場面に最適の黄金律を計算しています。それは、その人のセンスの問題。でも、人は訓練すれば、こういう頭の使い方はできるようになるんじゃないでしょうか。


岡田武史

日本人がいろいろなスポーツで世界で勝った時というのは、回転レシーブだったりウルトラCだったり、常に新しい発想から入っている。


中村獅童(二代目)

隙間時間をうまく使うためには、「すぐ動く」ことが大事。僕の頭の中には、やりたいことが渦巻いているので、「何をしようか」と悩むことは一瞬たりともない。


吉田尚記

そもそも就職活動っていうのは「いままでにあった仕事に欠員が出るから補充します」というのが前提ですから。どんどん技術も社会の状況も進んでいくなかで、いつまでも昔の仕事にしがみついていたって就職先は見つからない。だから、若い人達が本当に魅力的だと思える新しい仕事、もしくはそれをつくり出すための方法を考えるって言うのが一番ポジティブなやり方なんじゃないですかね。


楠木建

「好きこそものの上手なれ」が経営の最強の理屈だと思っている。上手でなければ人に貢献できない。仕事は基本的に人のためにならないと成立しないからだ。上手になるには、努力しなければならない。なぜ努力できるのか。好きなことだと、はたから見ると努力していても、本人には努力している自覚はない。好きでやるから上手くなる、上手くなるから人の役に立つ。これが仕事の理想だと思う。


御手洗瑞子

やらないと判断していることはたくさんあります。私が商品不足だと話すと、「人気があるなら、もっと値上げしてもいいんじゃない?」と言う人がいます。でも、これはしません。商品の価値は変わらないのに、今売れているからといって値段を上げるのは、お客様に対して誠実な態度ではないと思うからです。関係を短期的に考えているともいえるでしょう。いいものをつくり、自分たちがまっとうだと思う価格で販売する。そこがブレると、信頼は得られないと思うのです。


上川隆也

昨年、『その男』の舞台でケガ(捻挫)をしました。それまではケガはもちろん、のどを潰すことも、病気にかかることもなくやってきただけに。芝居の足かせになるネガティブなものを味わうことなくやってこられたことが、どれだけありがたかったことかを実感しました、痛いほどに。これまでのように、ただがむしゃらにやっていると、「勤続疲労を起こす」とわかったので、初めてマッサージに通うようになったんです。それまで疲労感に対しては無自覚だったので、そういうことに頼ったことがなかったんですけど、そろそろ「身体のメンテナンスも必要なのかな」と。まあ、ケガ以降、自分の身体も含め、舞台への向き合い方まで変えざるを得なかったというか、芝居をやらせてもらえるありがたさを刻み、舞台に対する思いが一層深く、強くなった1年でした。そうした思いが、今度の『ヘンリー六世』にどんな形で作用していくのか。自分のことながら、もの凄く楽しみなんですよ。


ページの先頭へ