レイ・クロックの名言

レイ・クロックのプロフィール

レイ・クロック(レイモンド・アルバート・クロック)。米国の実業家。マクドナルドを世界的企業に育てた経営者。ジャズの演奏家、紙コップ・業務用ジューサーのセールスマンを経て50代で外食フランチャイズの道へと進む。マクドナルド兄弟からハンバーガーショップの権利を買い取り、フランチャイズ展開で世界的企業に育て上げた。

レイ・クロックの名言 一覧

幸せを手に入れるためには、失敗やリスクを超えていかなければならない。床の上に置かれたロープのうえを渡っても、それでは決して得られない。リスクのないところには成功はなく、したがって幸福もない。


30年後、我々が何を売っているかはわからない。だが、それを我々が誰よりも多く売っていることは確かだ。


幸運は汗からの配当だ。


一人だけではみんなで力を合わせたほどのことはできない。


我々のアイデンティティを保つためにできることと、絶対にできないことがある。


大企業の上に立つ者には、背負わなければならない十字架がある。そこに上りつくまでに、多くの友人を失うことになる。


マクドナルドは誰にでも成功を授けるわけではない。ガッツとそれを持続させる力が我々のレストランで成功するためには必要だ。常識を持ち、目標に向かっていく強い信念と、ハードワークを愛せる人物なら誰でも成功できる。マクドナルドの店を持ち、真剣に働く者は、誰しもが成功し、間違いなく億万長者になるだろう。


諦めずに頑張り通せば、夢は必ず叶う。もちろん、努力もせずに手に入るものではない。好き勝手にやればいいというわけではない。リスクへの覚悟が必要だ。ひょっとしたら無一文になるかもしれない。しかし、一度決めたことは絶対に諦めてはならない。


「働くこと、働かされること」を楽しまなければならない。これはすべてのビジネスマンに言えることだ。


自分の客により良いサービスを行う気があるなら、地下のレイアウトや脇道のアクセスがあるかなど、微細に至るまで調べるべきだろう。


仕事とは、その人の人生にとってハンバーガーの肉のようなものだ。「仕事ばかりして遊ばなければ、人間ダメになる」という格言があるが、私はこれに同意しない。なぜなら、私にとって、仕事が遊びそのものだからだ。


我々が進歩するためには個人でもチームでもパイオニア精神で前進するしかない。企業システムの中にあるリスクを取らなければならない。これが経済的自由への唯一の道だ。他に道はない。


私は細部を重視する。事業の成功を目指すならば、ビジネスにおけるすべての基本を遂行しなくてはいけない。


完全なシステムを初めから考えつく人もいるが、私はそのような全体構想パターンでは考えず、まず細部を十分に検討し、完成させてから全体像にとりかかった。私にとってはこちらのほうがはるかに柔軟性に富んだアプローチだった。


職権というのは一番下のレベルにいる人の手にあるべきだ。店に一番近い立場にいる人間が、本部に指示を仰がずとも決断できるようにすべきだ。それが人々を企業とともに成長させる唯一の方法だ。


私はマクドナルドを名前以上の存在にしたかった。安定した品質と運営が標準化されたレストランシステムの代名詞にしたかった。


私は多くの人々に億万長者になるチャンスを与えたに過ぎない。彼らは自分で達したのだ。
【覚書き|世界で一番億万長者を生み出した人と呼ばれたことについて語った言葉。マクドナルドのフランチャイズオーナーから多くの億万長者が生まれた】


誰かに幸福を与えることは不可能だ。独立宣言にもあるように、唯一できることは、その人に幸福を追う自由を与えることである。幸福とは約束できるものではない。それは、どれだけ頑張れたか、その人の努力によって得られる、その人次第のものだ。


マクドナルドのフランチャイジー(フランチャイズの加盟店)になるには、頭脳明晰である必要はなく、高校以上の学歴もいらないが、100%のエネルギーと時間を投入する覚悟が何より大切だ。常識を持ち、目標に向かっていく強い信念と、ハードワークを愛せる人間なら誰もが成功し、億万長者になれる。


マクドナルドは誰にでも成功を授与するわけではない。ガッツとそれを維持する力が我々のレストランで成功するためには必要だ。


マクドナルドの候補地を探すのは、創造欲が満たされる最も楽しい行為だ。候補地に初めて訪れた時点では、そこには何もない。ただ平地しかなく、誰の役にも立っていない。そこに、我々が店を建て、オペレーターがビジネスを始める。そして、50人から100人のスタッフを雇い、ゴミ収集人、造園技師、肉やパンやジャガイモを供給する人々に新しい仕事が生まれる。こうして何もない平地から、1年に100万ドルを生み出すビジネスができるのだ。それが現実するのを目の当たりにするたびに、非常に喜ばしい気持ちになる。


ライバルより先に店を開くんだ。金と活気を注ぎ込めば、町はマクドナルドを覚えてくれる。


私は良い製品以外何もいらない。これからはワインを送ったり、ディナーに誘ったり、クリスマスプレゼントを買ったりしないでくれ。コストを下げられるのなら、その分をマクドナルド店のフランチャイズオーナーに還元してほしいんだ。
【覚書き|納入業者に対しての発言】


企業はマネジメントを最小にとどめることで、最大の結果が生まれる。マクドナルドは、この規模の企業にしては珍しく、最も組織化されていない企業である。そして、マクドナルドの経営幹部は他のどの企業の人間よりも仕事熱心だと思っている。


職権は仕事とともにあるべきだ。たしかに間違った決断もおかしてしまうだろうが、それが人々を企業とともに成長させる唯一の方法なのだ。抑え付けようとすれば、息が詰まってしまい、良い人材は他へ流れていくだろう。


もっとよい15セントのハンバーガーを、迅速なサービスを、もっと清潔な場所を提供し続けることができないのなら、明日破産して、別のビジネスを最初から立ち上げた方がましだ。


この国を素晴らしい国にしたのは、競争社会だ。競争相手が私のスタイルの真似をし、計画を盗むことは阻止できない。だが、彼らは私の脳内までは盗めない。だから彼らには1マイル半の距離を残しておいてやる。我々は自分の強さを鍛える。すなわちQSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)に力を入れるだけだ。


我々が「QSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)」という言葉を言うたびにレンガを積み上げていたとしたら、おそらく太平洋を横断する橋ができていただろう。


クオリティを保つため、すべての過程において作業は標準化されなくてはならず、クルー(スタッフ)は全員、同じ教育を受ける必要があった。


私は特定の店舗やフランチャイズオーナーのクオリティによって顧客を増やすのではなく、どの店に行っても同じサービスが受けられるというように、マクドナルドというシステム自体に対するリピーターをつくりたかった。


自己を未熟ととらえることができれば、いくつになってもみずみずしさを失わず、成長を続けていくことができる。このような姿勢で向かえる限り、人生に打ちのめされることはない。


私は未熟で、成長の途中にあり、空を飛行しているような気持ちで人生を歩んでいた。
【覚書き|50代でマクドナルドのビジネスを始めた当時を振り返っての発言】


私はビジネスに身体を酷使し、糖尿病と関節炎を患い、胆のうのすべてと、甲状腺の大半を失っていた。だが、生涯で最高のビジネスが私の行く先に待ち受けていると信じて疑わなかった。


信じるものがあるなら、徹底的に信じぬけ。そうすれば、失敗は不可能となる。何であろうと絶対に成功する!


私のようなタイプは、決して政治家にはなれない。政治家として生きていくためには、自分の信念さえも曲げなければならないことがある。それが私にはできなかった。


ライバルに真似されるよりも早く、次の商品を開発しなくてはならない。そのためには、すべてのスタッフの頭脳を活用する必要がある。それが役員の頭脳であろうと、現場でフライドポテトを揚げている調理人の頭脳であろうと関係ない。


私は、マクドナルドの店が全国津々浦々にチェーン展開されているのを心の中で見ていた。


何事も小さな仕事に分けてしまえば、特に難しくない。


世の中で金を使うのは庶民だ。庶民の生活を知ることが金儲けへの道だ。


いろんな人に会って、いろんな考え方を知ること、いろんな現象を分析する能力がなければ経営はできない。


自分の視線だけで世の中を眺めるのでなく、上の人の目線になって想像する場面もあれば、下の人の視線で考える場合もある。寛容性や他人への共感がないとビジネスの現場は回っていかない。


営業職で入った社員が、法務や経理にまわされることもあるが、会社が必要としているのは、問題を解決することであって、会社は「法律的にはうちに非があります。何もできません」と評論家的な意見を期待しているわけではない。


経営書を読む場合、漠然と活字を追うのではなく、読みながらこの会社を自分が経営するならどうするか、登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合せながらページをめくる。


社長の指示した通りに現場が実行するような会社は、間違いなくつぶれる。現場の人間が、「社長、それは違います」といえる会社でないと誤った方向に進んでしまう。ただし、現場の社員は社長が本質的に何を指示しているかを理解しておくこと。それを現場の判断で組み替えていく。


思考のスケールが小さいと、その人自身も小さいままで終わってしまう。


ビジネスは立ち止まったら終わる。一人ひとり、常に成長を心がける。


新店舗は、景気の悪いときこそ建てる。なぜ景気が上向きになるのを待たねばならない?そんなことをしたらいまよりずっと金が掛かる。土地を買うに値するならすぐに建物を建て、ライバルより先に店を開く。


ビジネスは一人では成功しない。


帽子をきちんとかぶらず、靴の手入れが行き届いていないのは、ずぼらな思考の表れである。


私の仕事は、顧客の売上げを伸ばすことで、顧客の利益を奪うことではない。


Be daring.(勇気を持って)Be first.(誰よりも先に)Be different.(人と違ったことをする)


私は一夜にして成功をおさめたと思われているが、その一夜というのは三十年だ。思えば長い長い夜だった。


未熟でいるうちは成功できる。成熟した途端、腐敗が始まる。


やり遂げろ!この世界で継続ほど価値のあるものはない。才能は違う。才能があっても失敗している人はたくさんいる。天才も違う。恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世界にいる。教育も違う。世界には教育を受けた落伍者があふれている。信念と継続だけが全能である。


レイ・クロックの経歴・略歴

レイ・クロック(レイモンド・アルバート・クロック)。米国の実業家。マクドナルドを世界的企業に育てた経営者。ジャズの演奏家、紙コップ・業務用ジューサーのセールスマンを経て50代で外食フランチャイズの道へと進む。マクドナルド兄弟からハンバーガーショップの権利を買い取り、フランチャイズ展開で世界的企業に育て上げた。

他の記事も読んでみる

高原豪久

私が改革の新たなシンボルに不可欠だと考えたのは、「たとえベタでも、誰にでもわかるエモーショナルなもの」という要件だった。戦略フレームなどコンサル用語を駆使した難解なものではなく、現場で仕事をする社員が素直に共感できるシンプルな仕掛けである。最初に着手したのは、新しい会社のシンボルマークをつくり、「アジアでナンバーワンの吸収体メーカーになる」という新たな経営ビジョンを掲げた。企業としてどうありたいかという夢や願望を含んだ、文字通り誰にでもわかるベタなビジョンである。


桜井博志

資金繰りもエクセルの表に落とし込めば、「このぐらいの売り上げが立てば、赤字は3年で解消される」と、目標を具体的に確認できる。将来の展望が拓け、希望が持てるようになるから、「もう一度、頑張ってみよう」という気になれました。


坂本光司

就職を控えた若い人々にも考えてほしい。両親が喜ぶから、大学の就職相談室が勧めるから、といって安易に大企業を選んでよいものでしょうか。大切なのは、会社の業績や利益率ではなく「自分がその会社で幸福になれるかどうか」です。これまで8000社の企業を見てきた私の結論として、社員を幸せにする企業は必ず業績がついてきますから、その判断基準に間違いはないはずです。


白戸太朗

最終目標は大きくてもいいですが、そこに至るまでのステップを切り分け、小さな目標をたくさん用意すべきです。一つずつクリアして、達成感を積み重ねながら前に進めばいい。


中山善郎

会社が大きくなるほど、誰かが手抜きをしても分からなくなる。しかし、手抜きはいずれ必ず悪影響が出る。【覚書き:上記発言はコスモ石油発足5年目に語った言葉。コスモ石油は大協石油と丸善石油の合併で誕生した】


村木厚子

仕事や育児で切羽詰まって、「もうダメだ!」とパニックになりかけたことが、それまでの人生で何度もありました。その問題を解決するために、何から手を着けていいか、分からない。そんな時、「今、何ができるのか」をリストアップしていくと、物事が整理されて、不思議と心が落ち着きます。


吉田晴乃

みんなが自分の時間を大切にして、楽しく幸せであってほしい。それが最高の生産性につながる。


後藤聡志(経営者)

今から20年後がどうなっているかを確実に予測することはできません。長期で計算すればするほど、収支予測が崩れるリスクは高まります。


三國連太郎

いい加減なくせに台本には文句をつける。監督とはけんかはする。クビになったり干されたことが何度もありました。そのとき、ありがたいことに手を差し伸べてくれる演出家がいたからこそ、60年近くもこの仕事を続けられてきたわけです。


滝澤光樹

当社はモノではなく、社員の集合体です。社員の成長こそが、企業の成長に直結します。


江上治

語学や資格を身につけたからといって、必ずしもそれで稼げるわけではありません。中国語を勉強しても、ビジネスやプライベートで使わない限り、語学学校や教材への不要な支払いだけがかさむという結果にもなりかねません。風潮に流されて流行の資格や学歴を欲しがるなど、目的のはっきりしない勉強は何の役にも立ちません。


経沢香保子

仕事は量を追うことで、物事の本質がつかめてくるし、仕事のスピードも上がっていく。それが仕事における進歩であり、成長のひとつでもあると思います。つまり、最初から効率的に自己投資できるわけではありません。


上野和典

ガムシャラに働く時期は絶対に必要。僕自身そうだった。でも5年も経ったら、意識的に時間をマネジメントしないとね。


吉江勝

思い込み次第なんですよ。「俺はトップ営業マンだ」と常に演じて仕事をすると、実際にうまくいった。「デキる」「売れる」と考えていると、自然に顔つきも言葉もそうなるんです。


冨山和彦

瞬間的な集中力は、ポストが上になればなるほど必要となります。経営者ともなれば、さまざまなテーマの案件に関して、次々と決断を迫られます。マネジャークラスでも必要になってきますから、若いうちから鍛えておくことをお勧めします。


ページの先頭へ