レイモンド・ローウィの名言

レイモンド・ローウィのプロフィール

レイモンド・ローウィ。工業デザイナー、軍人。フランス・パリ出身。第一次世界大戦後、アメリカに渡りデザイナーに転身。機関車、飛行機、商品パッケージ、企業ロゴなど幅広い分野でデザインを行った。著書に『口紅から機関車まで』。

レイモンド・ローウィの名言 一覧

まあいいか、というところで諦めるな。


レイモンド・ローウィの経歴・略歴

レイモンド・ローウィ。工業デザイナー、軍人。フランス・パリ出身。第一次世界大戦後、アメリカに渡りデザイナーに転身。機関車、飛行機、商品パッケージ、企業ロゴなど幅広い分野でデザインを行った。著書に『口紅から機関車まで』。

他の記事も読んでみる

大野裕

簡単なことからで十分。小さくても結果を出していけば、自信がついてくる。


新将命

大切なのは「願望」を「目標」に置き換えることです。そして、目標を長期と短期の二本立てで設定すること。


宮坂学

1年ぐらい前までは「ヤフーのようなポータルはスマホ時代にも使われるのか」という点が論点だった。1年経ってわかったことは、いいサービスを提供すれば、ポータルだろうがポータルじゃなかろうが使われるということ。


中内功

秩序の破壊なくして前進はない。
【覚書き|古い流通の仕組みを抜本的に改革して急成長を遂げたダイエーの経営哲学について語った言葉】


渋沢健(渋澤健)

我々が企業を評価するうえで重視しているのが「進化」です。事業環境は常に変化していますが、我々はどのような環境下でも自らの変化で乗り越えていける強い企業に投資します。


肥後克広

最近は、後輩たちがうちらのことをバカにしてくれて、助かりますよね。イジられるポジションに置かれて、また違う面も出せて。自分から食らいついていけないタイプなんですよ。だから、後輩がいじってくれて助かります。


高橋がなり

いままで全部僕がごり押しでやってきたんですが、トップが何でもしてしまう組織は弱いんです。僕が死んだらすぐにつぶれてしまう会社と、死んだ後も成長していく会社。どっちがカッコいいかなと考えると、やっぱり僕が死んだあとも僕のスピリットがちゃんと残って影響し続けるような組織をつくった方が、カッコいいだろうなと。だからいま、徐々に部下に仕事上の権限を委譲して、失敗も含めていろいろ経験させているんです。


佐々木常夫

前向きにとらえるなら「これは自分が試されているんだ」とも思えます。愚痴を言わず、困難に立ち向かっていれば「あいつは大した奴だ」という評価にもつながり、復活することは十分可能です。


笹野和泉

ファッションビジネスの世界では、動きがないと見えることは、同じことばかりやっている印象を与え、やがて陳腐化したとみなされます。アルマーニブランドは、時代を超える美意識に貫かれつつ、同時に、マーケットにおいては生き生きとめざましい展開を見せることが必要です。


吉田直人(経営者)

(イオレ設立に投資してくれたのは)ゲームメーカー時代から、うまくいって駄目になる過程をずっと見ていてくれた方たちです。何もないところからのスタートでしたが、皆さんのそういう気持ちを粋に感じましたし、その気持ちが自信にもつながったので、こうして復活できた気がしています。


立川談四楼

落語家は自惚れが強いのと同時に、逞しさも兼ね備えています。そうでないと、この業界を生き抜くことができないのです。つまり我が身に起こった恥ずかしいことですらネタにするわけで、多分にマゾっ気があるのかもしれません。


伊達政宗

おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。【覚書き|伊達家家臣である鮎貝家の中に内通者がおり、敵の最上義光と組んで謀反を起こしたときの発言。正宗はすぐに反逆者を討とうとしたが、老臣たちが慎重な行動を求めた。正宗は上記の発言をした後、反逆者を即座に討ち取った】


大隈郁仁

30代は自分がやりたい場所に行かせてもらえなかった。サラリーマン人生の中には必ず転機がある。どんなことがあっても腐らず、新しい需要、つまりお客様をよく見ながら、アンテナを張っておくことが大切。


堀之内九一郎

始業が8時45分なら8時44分59秒までにタイムカードを打てばいいと思っている社員が少なからずいます。私にいわせれば、使いものにならない連中です。始業の瞬間を最高の状態で迎えられるように準備をするべきなのに、脳も体も準備不足のまま、とりあえず、タイムカードを押すなんて、不真面目すぎて話になりません。ウォーミングアップなしの「ヨーイ、ドン」で、いきなり走れるわけがないんですから。


小笹芳央

「おまえ、いつも怒ってるみたいだけど職場に不満でもあるのか」。若手時代、先輩からそう言われて驚いたことがあります。私自身は自分を、職場では常に快活な男だと思っていた。でも、よくよく聞いてみると黙っている時の私の顔は、不機嫌そうに見えるようなのです。自分では一生懸命、考え事をしているだけだったので、ショックでした。それに、そう見えるとしたら顔立ちのせいでもあるので、マイナスのイメージを持たれてしまうことへの、理不尽な思いもありました。他人の目に映った「不機嫌そうな小笹」も、その人にとっての事実なのですから。そこで私が思ったのは、「たかが顔のことで、近寄りがたいイメージを持たれるのは損だ」ということでした。普段からにこやかな顔でいよう。そう思い、実行に移したことで「不機嫌そうなやつ」というイメージは、徐々に薄れていきました。


ページの先頭へ