名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ルー大柴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルー大柴のプロフィール

ルー大柴、るー・おおしば。日本の俳優、コメディアン。東京都出身。立教高等学校(のちの立教新座高等学校)卒業後、家を飛び出し、欧州各国を回りながら自作アクセサリーを露店販売し数年間放浪する。帰国後、親戚が経営する印刷会社、三橋達也の付き人などを経て俳優としてデビュー。勝新太郎主催の『勝アカデミー』第一期生として参加。鳴かず飛ばずの状況が続いたが30代中盤でブレイクし、ゴールデン・アロー賞芸能新人賞受賞を受賞。ルー語と呼ばれる英語まじりの独特な話し方で人気者になった。山野美容芸術短期大学客員教授、遠州流茶道準師範。

ルー大柴の名言 一覧

物おじせずイエス・ノーをはっきり言う。すると相手の見る目が変わる。言葉が下手でも、意思を示せる人間は尊重されることを知りました。


人間はいくつになってもハート・トゥ・ハートを忘れちゃいけない。大人になってもイノセントな気持ちってベリー・ベリー・インポータントだよ。気持ちさえ持っていれば、必ず道は開けるんじゃないかな。


芸能界という浮き沈みの激しい世界で生きてきて、山あり谷ありの仕事人生だったけど、逆境のときに、自分には無理だ、これで終わりだと諦めてしまうと、そこで本当に終わってしまうと思う。それでその人が満足するなら、俺は何も言わない。でも、夢を諦めたくないなら、バイ・マイセルフで自分で自分にムチを打って壁を破るしかないよ。


サーティー・イヤーズ・オールドは、一番つらかった時期だね。人生のどん底といってもいい。同級生は学校を出て就職して安定した生活を送っているのに、俺は売れない役者。芸能界どころか、当時はバイトで食いつなぎながら、アングラ演劇をやっていた。十代のころには海のように広がっていた夢も、いつしかしぼんじゃって。31歳のとき、長男が生まれ、お袋に「諦めろ」って言われたこともあって、ついに夢破れた、と腹をくくった。すると、不思議なもので諦めた途端、運が巡ってきてブレイクした。


服のセンスを身につけたり、肉体を鍛えたりして、外見的な要素で若く見せることも大いに結構ですし、否定する気は毛頭ありません。でも、それはあくまで若く「見える」ということです。しかし、気持ちを若く持っていれば、若く見えるのではなく、若く「なれる」と思うんです。


ありがたいことに人間は、年齢には関係なく、どんな時でもマイドリームに向かって進むことができます。夢を追いかけるということは、ライフをギブアップしないことです。だから夢を持って生きれば、常に若いということにつながります。マイドリームをギブアップしなければフォーエバーヤング。


ものごとはポジティブに考えないといけません。ドントウォーリー、くよくよしないことです。人はみな、多かれ少なかれ悩みを抱えています。それを背負い込んでグダグダ煮詰まっていくよりは、気持ちを上手くチェンジする術を学ぶべきです。


楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。本番前には「何かきっかけがあったら、突っ込んで来いよ。俺は全然大丈夫だからな」と言ってあげます。すると彼らは本気で突っ込んできます。僕も負けずに返していくと、自然に若い力が蘇ってきて心がときめいてくるんです。若い人たちとの積極的なコミュニケーションをぜひお勧めしたい。


しわや白髪が増えても、それは若者にはできないオシャレだと逆手にとって、上手く自分をアピールしていけば楽しいじゃないですか。その結果、「あの人素敵」「カッコいい」と言われるのはうれしいし、それがセックスアピールにつながったら、さらにグッドですよ。いくつになっても異性を意識し、意識されることは、人生の最大級の喜びです。それは、若さを保つ何よりの良薬です。


外国の人は年をとっても、結構派手な洋服を上手く着こなして、それが実にカッコいいじゃないですか。あの心意気ですよ。「これはインポッシブル」とか「トゥーマッチじゃないか」とか、臆病にならずに、まずはトライすることです。それを続けていけば、いずれは慣れて着こなしていけるようになるんです。


他人の目が気になると、まず簡単には気が抜けなくなって、恥ずかしい行動や、みっともない格好はできなくなります。その緊張感が若返りにつながると思うんです。アットホームではステテコ姿でダラダラとくつろいでいても、ゴーイングアウトするときは、みなさんきちんとして出かけます。でも、そのとき、もうひと押しして洋服のセンスに気を配り、ワンポイントでもいいからブライトなカラーを取り入れるとかして、若さを主張する工夫をなさると、よろしいのではないでしょうか。


僕は、若い人たちとトゥギャザーしていこうと、常に心がけているんです。そうはいっても僕ももう53歳。いまのお笑い芸人の人たちは、若い方が多いので、僕に対して構えてしまうことが多々あるんです。ですから、楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。


僕もそうですが、ある年齢に達すれば、誰でもルックスヤング、つまり若く見られたいという願望を持ちます。若く見られたいというのは、自分の視線ではなく、他者から見た目線です。ならば、他人に自分がどんな目で見られているのかを、意識することが大切だと思うのです。


問題は上手下手ではなく、心の壁です。引っ込み思案は捨ててほしい。下手でも堂々と話すこと、物おじせずオープンになること。それが言葉の技術よりもずっと大事な、インターナショナルなマインド。


普段話している言葉をピンポイントで英語に変えていくのは楽しいですね。塵も積もればマウンテンで、オールウェイズ使えばいざというときにパッと出てくる。机にかじりついて単語を覚えるのが辛い、という方にはとてもお勧めです。


ルー大柴の経歴・略歴

ルー大柴、るー・おおしば。日本の俳優、コメディアン。東京都出身。立教高等学校(のちの立教新座高等学校)卒業後、家を飛び出し、欧州各国を回りながら自作アクセサリーを露店販売し数年間放浪する。帰国後、親戚が経営する印刷会社、三橋達也の付き人などを経て俳優としてデビュー。勝新太郎主催の『勝アカデミー』第一期生として参加。鳴かず飛ばずの状況が続いたが30代中盤でブレイクし、ゴールデン・アロー賞芸能新人賞受賞を受賞。ルー語と呼ばれる英語まじりの独特な話し方で人気者になった。山野美容芸術短期大学客員教授、遠州流茶道準師範。

他の記事も読んでみる

石原良純

どんなに準備しても、楽な仕事はないですよ。成功か失敗かはギリギリまで競い合う気がします。どれだけ石橋を叩いても、結果は紙一重で決まりますね。


福嶋康博

私は多くの事業の始まりから終わりまでを見てきましたが、事業の継続的な成長に必要なのは、事業の核となるニーズの大きさと伸び、そしてそのニーズに基づく事業企画なのです。


土方武

優秀な人間は若い頃から目につくもので、そのためについついその人物を登用したがるが、経営者として気をつけなければならないのはそれによって大器晩成型の人間をスポイル(駄目に)してしまうことだ。


赤羽雄二

私が期待通りの書類や資料を作ってもらうために、マッキンゼー時代に編み出したのが、「アウトプットイメージ作成アプローチ」です。これは上司が書類などの完成時の最終的なイメージを、口頭で伝えるのではなく、紙に書いて示すというものです。部下はそれに沿って作業を進めるので完成度が高まり、作業スピードも速くなります。書類の最終的なイメージとは、分かりやすく言えば書類を作るための「設計図」のようなものです。自動車でもスマートフォンでも、最初に全体構造を決めてから、エンジンやCPU(中央演算処理装置)はどんな能力を持った部品を組み合わせるかといった仕様や配置を設計図に落とし込みます。書類作りでも実は同じことが必要です。各ページに書く文章はメモ書き程度で構いません。全体像を最初に見せれば、部下は上司が何を求めているかつかむことができます。上司の狙いを「忖度」するムダな時間が不要になって、書類を作成するうえで本当に必要な作業に集中できます。その結果、驚くほど作業速度が上がるというわけです。


田中裕輔

若い世代には、景気があまりよくない時期に、安定性を重視して会社を選んだ人が多くいます。しかし、いまでは大企業だから安定しているとは決して言えなくなっています。本来、こういう時代には若い人も攻めに出ないといけないのに、逆に守りに入ってしまっているように思います。


佐伯弘文

部下が無駄と思われるような資料をわざわざ作ったら、時間の無駄だと叱り飛ばすぐらいでないと徹底しません。


黒川博昭

人間というのはアナログな存在で、デジタルなどではないという点です。たとえば、携帯電話自体はデジタル技術で動きますが、指で操作し、目や耳で確認するなど、やっていることは全部アナログです。だからこそ、ものづくりではアナログの世界をきちんと理解していないといけません。


小笹芳央

ロジカルシンキングや英会話力など社内だけではなく社外でも活かせる技術を磨けば、自分の商品力を高めることにつながります。そうした持ち運び可能なスキルがあると、組織に頼らず個人として活躍でき、組織外でも高い評価を得られるようになる。


藤井美保代

上手な休憩の秘訣は、「脱マンネリ」。席を立って洗面所に行くなら、ときには別のフロアに行ってみる。ランチに行くなら毎日同じ人とではなく、別の部署の誰かを誘ってみる。このように場所や人を変えると、脳が触発されます。


ヒラリー・クリントン

ウェルズリーの大学生としてすぐに調子は出なかった。クラスに登録してみたら、背伸びしなければついていけないことがわかった。一カ月後、家にコレクトコールで電話をかけ、「ここでやってけるほど頭がよくないみたい」と訴えた。父は帰って来いといってくれたが、母は落ちこぼれになってほしくないと言った。こんな危なっかしいスタートだったが、もう家には帰れないのだと迷いが吹っ切れると、何とかうまくやってみようと思った。


柳井正

自分はまだまだだと、未熟だと思っていないと長期的に成長しません。


高木三四郎

マッスル坂井は、演劇だったりお笑いのライブだったり、いろんな要素をプロレスに取り込んでいた。戦い以外のものをリングに持ち込んで形にしたという意味では、マッスル坂井は初めての人間だと思います。