名言DB

9413 人 / 110706 名言

ルー大柴の名言

twitter Facebook はてブ

ルー大柴のプロフィール

ルー大柴、るー・おおしば。日本の俳優、コメディアン。東京都出身。立教高等学校(のちの立教新座高等学校)卒業後、家を飛び出し、欧州各国を回りながら自作アクセサリーを露店販売し数年間放浪する。帰国後、親戚が経営する印刷会社、三橋達也の付き人などを経て俳優としてデビュー。勝新太郎主催の『勝アカデミー』第一期生として参加。鳴かず飛ばずの状況が続いたが30代中盤でブレイクし、ゴールデン・アロー賞芸能新人賞受賞を受賞。ルー語と呼ばれる英語まじりの独特な話し方で人気者になった。山野美容芸術短期大学客員教授、遠州流茶道準師範。

ルー大柴の名言 一覧

物おじせずイエス・ノーをはっきり言う。すると相手の見る目が変わる。言葉が下手でも、意思を示せる人間は尊重されることを知りました。


人間はいくつになってもハート・トゥ・ハートを忘れちゃいけない。大人になってもイノセントな気持ちってベリー・ベリー・インポータントだよ。気持ちさえ持っていれば、必ず道は開けるんじゃないかな。


芸能界という浮き沈みの激しい世界で生きてきて、山あり谷ありの仕事人生だったけど、逆境のときに、自分には無理だ、これで終わりだと諦めてしまうと、そこで本当に終わってしまうと思う。それでその人が満足するなら、俺は何も言わない。でも、夢を諦めたくないなら、バイ・マイセルフで自分で自分にムチを打って壁を破るしかないよ。


サーティー・イヤーズ・オールドは、一番つらかった時期だね。人生のどん底といってもいい。同級生は学校を出て就職して安定した生活を送っているのに、俺は売れない役者。芸能界どころか、当時はバイトで食いつなぎながら、アングラ演劇をやっていた。十代のころには海のように広がっていた夢も、いつしかしぼんじゃって。31歳のとき、長男が生まれ、お袋に「諦めろ」って言われたこともあって、ついに夢破れた、と腹をくくった。すると、不思議なもので諦めた途端、運が巡ってきてブレイクした。


服のセンスを身につけたり、肉体を鍛えたりして、外見的な要素で若く見せることも大いに結構ですし、否定する気は毛頭ありません。でも、それはあくまで若く「見える」ということです。しかし、気持ちを若く持っていれば、若く見えるのではなく、若く「なれる」と思うんです。


ありがたいことに人間は、年齢には関係なく、どんな時でもマイドリームに向かって進むことができます。夢を追いかけるということは、ライフをギブアップしないことです。だから夢を持って生きれば、常に若いということにつながります。マイドリームをギブアップしなければフォーエバーヤング。


ものごとはポジティブに考えないといけません。ドントウォーリー、くよくよしないことです。人はみな、多かれ少なかれ悩みを抱えています。それを背負い込んでグダグダ煮詰まっていくよりは、気持ちを上手くチェンジする術を学ぶべきです。


楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。本番前には「何かきっかけがあったら、突っ込んで来いよ。俺は全然大丈夫だからな」と言ってあげます。すると彼らは本気で突っ込んできます。僕も負けずに返していくと、自然に若い力が蘇ってきて心がときめいてくるんです。若い人たちとの積極的なコミュニケーションをぜひお勧めしたい。


しわや白髪が増えても、それは若者にはできないオシャレだと逆手にとって、上手く自分をアピールしていけば楽しいじゃないですか。その結果、「あの人素敵」「カッコいい」と言われるのはうれしいし、それがセックスアピールにつながったら、さらにグッドですよ。いくつになっても異性を意識し、意識されることは、人生の最大級の喜びです。それは、若さを保つ何よりの良薬です。


外国の人は年をとっても、結構派手な洋服を上手く着こなして、それが実にカッコいいじゃないですか。あの心意気ですよ。「これはインポッシブル」とか「トゥーマッチじゃないか」とか、臆病にならずに、まずはトライすることです。それを続けていけば、いずれは慣れて着こなしていけるようになるんです。


他人の目が気になると、まず簡単には気が抜けなくなって、恥ずかしい行動や、みっともない格好はできなくなります。その緊張感が若返りにつながると思うんです。アットホームではステテコ姿でダラダラとくつろいでいても、ゴーイングアウトするときは、みなさんきちんとして出かけます。でも、そのとき、もうひと押しして洋服のセンスに気を配り、ワンポイントでもいいからブライトなカラーを取り入れるとかして、若さを主張する工夫をなさると、よろしいのではないでしょうか。


僕は、若い人たちとトゥギャザーしていこうと、常に心がけているんです。そうはいっても僕ももう53歳。いまのお笑い芸人の人たちは、若い方が多いので、僕に対して構えてしまうことが多々あるんです。ですから、楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。


僕もそうですが、ある年齢に達すれば、誰でもルックスヤング、つまり若く見られたいという願望を持ちます。若く見られたいというのは、自分の視線ではなく、他者から見た目線です。ならば、他人に自分がどんな目で見られているのかを、意識することが大切だと思うのです。


問題は上手下手ではなく、心の壁です。引っ込み思案は捨ててほしい。下手でも堂々と話すこと、物おじせずオープンになること。それが言葉の技術よりもずっと大事な、インターナショナルなマインド。


普段話している言葉をピンポイントで英語に変えていくのは楽しいですね。塵も積もればマウンテンで、オールウェイズ使えばいざというときにパッと出てくる。机にかじりついて単語を覚えるのが辛い、という方にはとてもお勧めです。


ルー大柴の経歴・略歴

ルー大柴、るー・おおしば。日本の俳優、コメディアン。東京都出身。立教高等学校(のちの立教新座高等学校)卒業後、家を飛び出し、欧州各国を回りながら自作アクセサリーを露店販売し数年間放浪する。帰国後、親戚が経営する印刷会社、三橋達也の付き人などを経て俳優としてデビュー。勝新太郎主催の『勝アカデミー』第一期生として参加。鳴かず飛ばずの状況が続いたが30代中盤でブレイクし、ゴールデン・アロー賞芸能新人賞受賞を受賞。ルー語と呼ばれる英語まじりの独特な話し方で人気者になった。山野美容芸術短期大学客員教授、遠州流茶道準師範。

他の記事も読んでみる

フィリップ・コトラー

マーケティングのプロたちの目には、金融危機で大騒ぎになっているいまの世の中がどのように映っているでしょうか。少し前なら考えられなかったビッグチャンスがあちこちにゴロゴロと転がっている。そんな情景が見えていれば、マーケティングの達人と言っていいでしょう。


吉川廣和

私も若い頃は、お酒を飲みながら居酒屋談義というのか、いろいろな人と議論を激しくぶつけ合った。しかし、いかに無駄だったかということが分かった。翌朝、何を議論したか忘れている。結局相手を説得できないし、実践に活きるわけでもなかったからだ。とくに権力の前には全く力がないことを思い知った。改革という行動に移させるためには、裏づけるデータがないと話にならない。データに基づく議論は、データで答えるしかない。データを出し合うことで本当の議論ができるし、不当な権力にも対抗できる。


酒巻久

会議、商談、視察などの社外交渉では、「相手の出方をうかがおう」という姿勢では、勝ちは取れません。探り合いや情報共有、社に持ち帰るといったプロセスは一切ムダ。勝負は、事前に相手の情報を調べ、複数の交渉手段を考えておく準備力で決まります。


久恒啓一

私の経験上、何か成果を出すには、少なくとも10年は勉強し続けることが必要です。しかし、好きでなければ10年もの間貴重な早朝や休日の時間を費やすのは困難でしょう。「こういうテーマが流行っているから」「経歴に箔がつきそうだから」といった損得で勉強する内容を決める人は多いようですが、本当に興味がないものはやめた方がいいと思います。


草刈正雄

30代、40代で自己実現をできていないサラリーマンはたくさんいると想います。でも、皆さんにはやるべき仕事がある。仕事がなくて、屈折しているだけなら破滅的な人生になってしまうかもしれませんが、仕事があるなら大丈夫。その仕事にしがみついていれば、どうにかなる。しがみついていれば、転機はきっと訪れます。


吉田穂波

私も独身時代にはいくらでも時間があり、カンファレンスや勉強会にもどんどん参加できたはずなのに、積極的には参加しませんでした。それが、子供ができて夕方や週末の会議や勉強会に参加できなくなった途端、急に出たくてたまらなくなりました。子供を持って改めて、どんなに仕事が好きか、どんなに仕事がしたいか、わかったのです。人はできないからこそ、「何かをやりたい」という気持ちが生まれてくるのではないでしょうか。「時間がない」というのは、やる気を高めるチャンスでもあるのです。


若宮正子

歳を取ると頭や身体の働きが鈍くなるため、できないことや諦めることが増え、世界が狭くなってくるものです。しかし、何歳からでも新しい何かを得ようとする姿勢を忘れなければ、新しい世界を切り開くことができます。そうすれば、残りの人生を豊かにできるのではないでしょうか。


新川義弘

お客様がしてほしいと思っていることを事前に察知し、お客様が口にする前にそれをして差し上げること。それがサービスの基本であり、サービスのすべてだと私は考えています。お客様がにぎやかに盛り上げてほしいと考えているなら、そのお手伝いをする。真剣な話をしたいから静かにしてくれと思っているなら、邪魔にならないよう気を配る。水をもっと飲みたそうな表情をしていたら、言われなくても水を継ぎ足す。言われたことを単にやる「給仕」ではなく、お客様に愛される「サービス」を目指すなら、この事前予知力が不可欠です。


笹沼泰助

メガネスーパーの経営再建でより重要だったのは戦略の転換です。格安メガネ店を中心に新規参入が続く「レッドオーシャン(競争の激しい既存市場)」ではなく、競争が少なく独自性が生かせる「ブルーオーシャン」を探さなくてはなりません。そこで狙いを定めたのが中高年です。視力矯正に加えて老眼、眼精疲労などの問題も改善し、クオリティー・オブ・ライフを改善することに力を注いだのです。検査方法を変え、「これ以上にはできない」ぐらい精密に情報を取得し、レンズを作るようにしました。時間も手間もかかりますから、格安メガネ店に比べると値段は圧倒的に高くなります。それでもお客様からは非常に高い評価を頂いています。既存店の月別売上高の前年度比の伸びを見ると、メガネスーパーはこの2年ほど他のチェーンをほぼ上回っています。


清水勝彦

よく、失敗すると「任せた専門家が悪い」「コンサルタントのせいだ」などと言う経営者がいますが、その専門家やコンサルタントを選んだのも、任せたのも、すべては経営者の責任。


戸塚隆将

メールの返信など本来は早さが求められるものでも、ものによってはあえて寝かせることも大切です。たとえば相手に建設的なコメントをしなければいけない場合、まずは受け取ったという返事をしたうえで、じっくり考えて返事をすべきです。また、感情的になってしまうようなメールも時間を置くべき。返事を途中まで書いて、翌日まで寝かせて改めて見てみると、冷静になることができ誤った対応が避けられます。


ジェームズ・マックナーニー

イノベーションはすべての基盤ですが、リスクが付き物です。当社はボーイング787で納期が遅れ、一部の顧客から信頼を失い、信頼を回復するのに努力しました。


冨山和彦

やる気の源は「人のために役立っている実感」です。金銭的なリターンだけでは頑張れる自信がありません。


吉田松陰

志を立てたならば、まずひとつのことから、思いついたその日から始めるべきである。


鷲北修一郎

研修受講者からよく「売るためのテクニック」について聞かれます。しかし、表面的な技術論は重要ではありません。大切なのは「なぜ売れないのか」、その根本的な原因を自分の頭で考えること。