名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインのプロフィール

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言 一覧

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


良心とは認識の生が保証する幸福のことだ。認識の生とは、世の中の苦しみにもかかわらず幸福であるような生のことだ。世の中の楽しみを断念しうる生のみが幸福なのだ。世の中の楽しみは、この生にとって、たかだか運命の恵みにすぎない。


哲学が考えるべきは哲学的命題の案出ではなく、命題の解明である。


語ることのできないことについては、黙っていなければならない。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの経歴・略歴

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

広野道子

昼間の会議はやりません。日中は実務をこなし、社外の人と会う貴重な時間です。私にとって人から得る情報がビジネスで最も大切なことのひとつですから。


中島義雄

振り返ると非常に波乱が多い人生だった。今後もどんなことが起きるかは分からない。確かなことは、様々な人との出会いが転機になっているということ。


佐藤大介(ホテル経営者)

私たちの場合、お客様の満足度を高めることが第一で、そのうえで収益を上げて働きやすい職場にすることが目標。


山岡荘八

家康は、自分の財産というものはない、そういう考え方をしていた。徹底した仏教信者でもあったので、一切の財産は預かりもの、必ず国民の生活にプラスになるように使わなければならない。そういうことから、この金はお前に渡すけれど、お前のものではないのだから、自分のために使ってはいけないということを、いつも3度繰り返すのが常であったということです。ですから貯蓄をすることは自分のためであると同時に、いつでも国の繁栄のため、家の繁栄のため、ということにつながっていたわけです。それがかなり徹底していたと思うんです。


樋口廣太郎

思いは口にすべき。言わなければ消えてしまうけれど、言えばそこから動き出す。


マリリン・ファーガソン

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。


角田太郎(経営者)

大学を出て就職したのがCDショップのWAVEです。音楽はずっと好きでした。その後、2004年頃からプライベートでカセットテープを集め始めたんですね。その過程で海外のコレクターともつながり、アマゾンを辞めようと思ったときにはコレクションが1万本を超えるくらいになりました。ある日、そのコレクションを眺めていて、カセットを使って何かビジネスをやったら、世の中にない面白いことができるんじゃないかと思ったんですよ。


吉井信隆

次世代に通じるビジネスモデルや商品、サービスを作り込み、イノベーションを起こしていかなければ、企業も中長期的には生きていけない。


土井英司

すでに終わってしまった手法でも、その考え方を拝借して自分の業界で応用できます。たとえば飲食業界で大ヒットした業態は、美容室や百貨店でも応用できるかもしれない。


永井孝尚

夜の疲れた頭で1時間、2時間使ってアウトプットしようとしても、ろくなものにはならない。夜の間は、頭の中を整理するだけに留めておく。そして翌朝に15分でアウトプットしたものが、夜間の低品質なアウトプットを凌駕するのです。一日働いて疲労した頭にさらにムチ打って働くのと、朝起きた真っさらな頭で仕事をするのと、どちらがよいか、ということです。


横山美弥子

「うまく言えないけど、おかしいと感じる」のは当たっている場合が多い。明らかにおかしいと感じるレベルになってからでは手遅れになってしまいます。


加藤俊徳

脳を鍛えたいと思ったら、まず自分の欲求のビジョンを明確に描くことから始まります。脳を最も進化させる原動力――それは「今より成長したい」「何かを成し遂げたい」という強い願望にほかならないからです。