名言DB

9429 人 / 110879 名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言

twitter Facebook はてブ

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインのプロフィール

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言 一覧

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


良心とは認識の生が保証する幸福のことだ。認識の生とは、世の中の苦しみにもかかわらず幸福であるような生のことだ。世の中の楽しみを断念しうる生のみが幸福なのだ。世の中の楽しみは、この生にとって、たかだか運命の恵みにすぎない。


哲学が考えるべきは哲学的命題の案出ではなく、命題の解明である。


語ることのできないことについては、黙っていなければならない。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの経歴・略歴

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

「スバリスト」という呼び名があるぐらい、コアなファンの方がおられます。こうしたお客様は、クルマをたんなる移動手段として考えているのではなく、走りの愉しみを重視していらっしゃいます。つまり、スバルがこれまでお客様に提供し続けてきた価値は、「安心と愉しさ」のふたつに集約できる。そこに経営資源を集中して、その価値を高めていくことをここ数年間、ずっとやり続けてきたわけです。


伊藤正裕(起業家)

プレゼンでは特別なことはしていないと思います。私がプレゼンテーションで意識しているのは、「目的」と「前提」です。プレゼンテーションというのは、何かの「目的」を達成するために行うのですから、まずはそれを明確にしておかなければなりません。また、どのように目的を達成するかは、「前提」次第で変わってきます。


豊田章男(モリゾウ)

経営者というのは、決断して責任を取ればいい。


関戸正実

何かうまくいっていることがあっても、同じ形でやっていたら、なかなかその状態は続かないものです。


アイン・ランド

富は人間の考える能力の産物である。


福田健(話し方)

失敗の原因をきちんと説明することは重要だが、それが弁解になると逆効果。教育委員会の記者会見なら、子どもや親に損害を与えた原因を説明すべきで、自分たちに落ち度がないと必死に弁解するなどもってのほかだ。


田坂広志

現代の予測不可能な市場においては、考え抜いて立案した戦略でさえ、「的外れ」になることが多い。では、その戦略は「的外れ」になった瞬間に、失敗か。そうではない。その瞬間からが、本当の勝負。


堀田庄三

人間は、見えないものだ。人を評価するとき、自分の目で見きわめるのはもちろんだが、その上司、同僚や同期、さらに部下の意見さえも聞いて判断しなさい。人の能力や個性はそれくらい見えないものだ。


吉山勇樹

どんな会社でも、現場と上層部の意見は衝突するものです。むしろ、互いの意見をぶつけ合い、混沌とした状態を積極的につくり出すべきだと私は考えています。外資系企業では、社内で意図的に衝突を起こし、そこから生まれる化学反応によって会社の競争力を高める「コンフリクト(葛藤・紛争)・マネジメント」という手法があるほどです。


坂下英樹

組織を変化させなければ生き残れない。