名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインのプロフィール

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言 一覧

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


良心とは認識の生が保証する幸福のことだ。認識の生とは、世の中の苦しみにもかかわらず幸福であるような生のことだ。世の中の楽しみを断念しうる生のみが幸福なのだ。世の中の楽しみは、この生にとって、たかだか運命の恵みにすぎない。


哲学が考えるべきは哲学的命題の案出ではなく、命題の解明である。


語ることのできないことについては、黙っていなければならない。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの経歴・略歴

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

同じ商品を売ってもダメ。大切なのは、商品の希少価値を提供すること。それは、アマゾンは絶対にまねできないからね。


矢部輝夫

従業員満足とは従業員を甘やかすことではありません。どんな職業でも、そこに自分の役割、存在意義を見つけて、生き生きと働いてもらうことです。


麻生けんたろう

感情に支配されそうになったら、頭の中でゆっくり、「1、2、3」と数えましょう。すると、感情に流されることなく、いったん心を落ち着けることができます。


林成之

一番避けなければならないのは、叱って部下のやる気を鼓舞しようとするやり方です。人には自己保存の本能があるため、自分にとって嫌なこと、不快なことは避けようとします。そのため、いくら上司が叱っても、部下は無意識のうちに耳をふさいでしまうようになります。


塚越寛

企業のイメージアップも非常に重要です。いくらすぐれた製品をつくっていても、イメージの悪い企業から買おうとは思わないでしょう。


森岡毅

ゴールから逆算して考えることが何よりも大切。


保坂隆(精神科医)

そろそろ定年が見えてくるような年齢になれば、嫌いな人とバッサリ関係を切ってもいいでしょう。しかし、40代まではまだネットワークづくりが大事な年代。特に起業や転職を考えているなら、社外の人脈づくりに励むべき。その一方でストレスをためないためにも、上司や同僚とは適切な距離をとることが必要になります。


船間隆行

経営者は人より先に時代を読むことが必要です。リーマンショックを例に挙げれば、その半年ほど前でしたが、土地の収益力など、私が妥当と思う水準をはるかに超える家賃設定がファンドでなされていることを見て、いずれは暴落すると考えて、社員には「しばらく事業をスローダウンする」と言いました。そしてリーマンショック後の12月、毎年恒例で開催している謝恩パーティーで、招待した金融機関や建設会社などの取引先に向けて、「来年、当社は一挙に事業拡大していきます」と発表したとき、大多数の取引先が、うなずいたのを覚えています。取引先とは3月から事前に事業を拡大することについて、打ち合わせをしていたからです。


笹宏行

カメラなどの映像事業はやめません。確かに机の上で(売上などの)数字を見ると、やめた方がいいという見方もできます。ただ、カメラで培ってきた技術やノウハウは他の事業にいろいろなかたちで貢献しているんです。


中村俊輔

僕は足が遅い。背が低い。でも、そこに気づくからこそ技術や創造性で自分の短所を消すことが出来る。


久代敏男

人事課長になって約10人の部下を持ったとき、私は毎日どんな言葉でもいいから一人一人と言葉を交わそうと決めました。朝なら「おはよう」、とくに用事がなくても「最近どう?」「元気か?」と声をかける。基本的なスタンスは、経営者になったいまでも同じです。社員と話すときは、社長室に呼び出すのではなく、できるだけこちらから出向いて、周囲にも積極的に声をかける。そうやって相手に関心があることを伝えていきます。


柳井正

他人に学ぶとは自分より上の人、自分よりすごい人を素直に尊敬すること。それには「いいものはいい、悪いものは悪い」という客観的な判断基準が自分の中になければいけない。僕らが成功した要因も、そこにあると思います。たとえばSPA(製造小売業)を学んで自分でもやってみようと思ったのは、「いいものはいい」と考えたからです。