ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインのプロフィール

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言 一覧

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


良心とは認識の生が保証する幸福のことだ。認識の生とは、世の中の苦しみにもかかわらず幸福であるような生のことだ。世の中の楽しみを断念しうる生のみが幸福なのだ。世の中の楽しみは、この生にとって、たかだか運命の恵みにすぎない。


哲学が考えるべきは哲学的命題の案出ではなく、命題の解明である。


語ることのできないことについては、黙っていなければならない。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの経歴・略歴

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

私は、何か分からないことがあると、スーパーの売り場に2時間ほど立ち続けることにしています。売り場に立ってずっと観察をしていると、分かってくることがあるからです。


小笹芳央

成熟社会に生まれ育った世代は、お金とポストだけが働くモチベーションではありません。自分と同じように、お金とポストで部下が動くと思い込むのは、新米マネジャーが陥りやすい落とし穴です。


ハワード・シュルツ

私の動機は、父の惨めな姿です。父は生涯を通じて30もの酷いブルーカラーの仕事につき、不安定な生活しか送れなかった。教育のない人間にはチャンスが与えられなかったのです。このことはスターバックスの文化や価値の形成に、直接つながっています。私が作りたかったのは、自分の父親が働くチャンスを生涯得られなかったような会社です。従業員が大切にされ、かつ尊敬され、出身地・肌の色・教育のレベルを問わない会社です。


本田謙

対象が移っても、テクノロジーで尖っていれば、企業のニーズを解決する手段がいろいろあるはず。


湯本貴和

ボノボは群れ同士や同じ群れの中で、オス同士が対立することはめったに見られません。チンパンジーはオスが威張っていて、全てのオスのランクは全てのメスより上。一方、ボノボの場合はメスの序列が高いこともあります。ボノボはメス同士の団結が強く、これらがチンパンジーに比べて融和的な性格をもたらしているのかもしれません。


千葉智之

今の自分より、地位も収入もステータスも上の人と背伸びをして付き合う。そうすることによって、周りの思考パターンが身につくようになり、成長につながる。自分が理想と思える人と交流するのがベスト。


辻秀一

外部の要因にとらわれないためのコツは、「緊張している」というような自分の心の状態に気づくこと。考えても仕方がないことだと分かれば、自分が今、すべきことに意識を集中するようになる。心の乱れも収まります。


小林りん

目の前に立ちはだかる困難や意見の相違は、そのときは悲観材料かもしれない。けれど、逆にいえば、それを取り除きさえすれば、もしかしたらこの人もサポーターになってくれるかもしれない、いつかは協力をしてくれるかもしれないという、楽観できる未来に結びつける方法でもあるわけですよね。どちらと考えるかは、自分の意志次第だと思うんです。


宇佐美進典

ベンチャーというのはロジックだけで押し進めていくのではなく、誰か1人の熱い夢や志や情熱があってはじめて「無理なんじゃないの?」というものが実現します。


澤田秀雄

他社を巻き込めば利益は山分けになるので、実入りは少なくなりますが、リスクやコストも少なくて済みます。


佐々木かをり

ダイバーシティ社会で大切なことは、自分の考えを伝えることができること、自分を役立てて周囲の人たちとプラスの成果を作ることができること。


田中里沙

ワークライフバランスはもちろん重要ですが、この仕事はオンとオフの切れ目があまりないですし、仕事と私生活を両方楽しめるようなマネジメントを模索したい。


大山健太郎

私が社長になった当時は下請けの仕事が多く、経営は安定しませんでした。下請けから脱却しなければ会社を存続できないと考え、世の中は今、何を求めているかを必死に考えました。ヒントは身の回りにありました。私にとって最大の学びの場は、家庭でした。結婚したばかりの妻が庭いじりが好きだったので、妻の不満や要望をヒントに植木鉢やプランターなど様々な園芸用品を考えてヒットさせました。子供たちが犬を飼いたいと言い出した際には、市販の犬小屋はどれもベニヤ板でできていることに気が付きましたそこでカラフルで水に強いプラスチック製の犬小屋を作ったところ、爆発的に売れました。


成毛眞

「仮説→検証」の一連のプロセスは、実際のビジネスでも大事なものです。たとえばマーケティングや宣伝において、できる人であれば、「このターゲットにこの値段なら売れるのではないか」といった仮説を立ててから、実行に移しているはずです。


トーマス・カーライル

健康な人は自分の健康には気付かない。病人だけが健康を知っている。


ページの先頭へ