名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ルパート・マードックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルパート・マードックのプロフィール

ルパート・マードック、米国・オーストラリア、世界的メディア王、メディア大手ニューズコーポレーションオーナー、オックスフォード大学卒、オーストラリアの新聞ザ・ニューズを皮切りにメディアの経営にいそしむ、のちに持ち株会社ニューズコーポレーションを作り世界的なメディアグループを作り上げる。日本でもソフトバンクの孫正義社長と共同出資しスカイTVジャパンを立ち上げる

ルパート・マードックの名言 一覧

私の成功や失敗に、最終的に責任を持つのは私だ。


自由への最初の道は生存能力だ。


日本でデジタル多チャンネルという、巨額の資金を投下するベンチャーを成功させるためには『信ずる』ことが必要だ。この国には信ずるに足るだけの 理由がある。第一に、日本の庶民の所得は世界でも高い水準にある。新しいサービスにこたえる能力がある。第二に、日本人はエレクトロニックへの強い関心が ある。われわれは、これまで世界のどこでもその国のソフトを生かすことで成功してきた。日本でも同じだと考えている。


時代遅れになるのは新聞自体ではなく、新聞にとって最も貴重な財産である読者とのつながりを忘れている編集者や取材記者、経営者だ。


ルパート・マードックの経歴・略歴

ルパート・マードック、米国・オーストラリア、世界的メディア王、メディア大手ニューズコーポレーションオーナー、オックスフォード大学卒、オーストラリアの新聞ザ・ニューズを皮切りにメディアの経営にいそしむ、のちに持ち株会社ニューズコーポレーションを作り世界的なメディアグループを作り上げる。日本でもソフトバンクの孫正義社長と共同出資しスカイTVジャパンを立ち上げる

他の記事も読んでみる

川淵三郎

最初は相当反発があるわけですよ。「外から来て何も知らないくせに好きなことをぬかしやがって」と。でも、話していることは理にかなっているな。この方向に進めばいいかもしれないという理解が広がれば、徐々に一緒にやっていこうと考えるようになる。敵が味方になるわけです。でも最初の課題設定がズレていればいつまでも反発が続くことになる。


渡辺捷昭

私は常々、愚直に地道に徹底的にがトヨタのテーマだと言っています。環境や安全に配慮した車作りに徹していけば、必ずお客様から受け入れられ、自ずと数字もついてくるはずです。順調に業績が伸びているからといって、浮かれている暇などありません。


杉江理

実は僕らがアメリカに本社をつくったのは、日本で資金調達できなかったから。最終手段としてアメリカに行ったところ、ある程度の額が調達できました。


高井昌史

書店で本を買う楽しさをお知らせする。お客様が本と出会う機会を提供し、ワクワクするような店づくりをしようということで、昨年、新宿本店を改装してイベントスペースを拡張した他、新宿南店には喫茶店を設置しました。「お店に行けば楽しい」と思っていただくために、出版社と協力した店作りも積極的に進めています。


柴田昌治(日本ガイシ)

ある事業から撤退するとか、何かをやめるとか、そういう結論を出すのもポジティブなんです。厳しいし、苦しいけれど、迷ったらやる。要は決断して行動することです。米国は企業の会計不信に揺れていますが、負の出来事への対応も素早いなと感心しています。


大山梅雄

「人間万事、塞翁が馬」ということわざは、「人間なんてなるようにしかならない。あくせくしたってはじまらない」というような意味に使われることがある。私はこれは間違いだと思う。私は「なるようにしかならない」人生ではなく「なるようになる」人生を作るために努力することの方が大事であろうと思う。


松尾均

工夫せざるを得ない縛りがあったことも良かったんでしょう。「はとバス」は、東京都の出資を約40%受けた半官半民の企業であり、東京観光を担うという使命がある、我々の軸足は常に東京にあります。そのため定期観光ツアーは基本的に「あくまで東京近郊」で完結させる必要があるのです。それは、ある種の縛りです。東京とはいえ、次々と観光スポットが生まれるわけではありません。すると企画で勝負するしかなくなるわけです。もう50年もたっている「東京タワー」、江戸時代からの観光地である「浅草」などをどうみせるのか、という厳しい戦い。だからこそ企画の人間だけじゃなく、力をあわせて魅力的なツアーを作り出す必要があるんです。


荒木水都弘

鮨にかぎらず、商売は人と人のつながりで成り立っています。人をたどればたどるほど仕事に広がりや深みが出て、そのつながりの中で自分が鍛えられ、磨かれていきます。


吉岡信一(経営者)

樋口廣太郎社長から、「アメリカで遊んで来い。成果はいらない」と、まだ経営が苦しいのに送り出されました。人材育成で受けた経験を、いまは当社に活かしたい。
【覚書き|アサヒビール時代を振り返っての発言】


本田健

お金というものは、「自分が世の中に提供した価値と世の中から受け取った価値の差額」。より多くのものを世の中に提供すれば、より大きなお金を手にできる。


松本晃(経営者)

「儲かる会社」をつくるために、皆が納得するまで、辛抱強く説明しました。皆が納得しない限り実行には移してもらえませんから。


小池龍之介(小池龍照)

人の心は、必ずどこかで帳尻を合わせようとします。心にウソをつけば、我慢した本音の感情の行き場がなくなり、心を病むかもしれない。別の場所でストレスを発散するため、他の誰かを匿名で傷つけたり、家族や部下など、周りの弱き者を攻撃し、吐き出している可能性も高い。そのほうがよほどリスキーです。自分にウソをついたときの「心のきしみ代」はかなり高いものです。無意味な同調からは足を洗ってもいいかもしれません。