名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ルパート・マードックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルパート・マードックのプロフィール

ルパート・マードック、米国・オーストラリア、世界的メディア王、メディア大手ニューズコーポレーションオーナー、オックスフォード大学卒、オーストラリアの新聞ザ・ニューズを皮切りにメディアの経営にいそしむ、のちに持ち株会社ニューズコーポレーションを作り世界的なメディアグループを作り上げる。日本でもソフトバンクの孫正義社長と共同出資しスカイTVジャパンを立ち上げる

ルパート・マードックの名言 一覧

私の成功や失敗に、最終的に責任を持つのは私だ。


自由への最初の道は生存能力だ。


日本でデジタル多チャンネルという、巨額の資金を投下するベンチャーを成功させるためには『信ずる』ことが必要だ。この国には信ずるに足るだけの 理由がある。第一に、日本の庶民の所得は世界でも高い水準にある。新しいサービスにこたえる能力がある。第二に、日本人はエレクトロニックへの強い関心が ある。われわれは、これまで世界のどこでもその国のソフトを生かすことで成功してきた。日本でも同じだと考えている。


時代遅れになるのは新聞自体ではなく、新聞にとって最も貴重な財産である読者とのつながりを忘れている編集者や取材記者、経営者だ。


ルパート・マードックの経歴・略歴

ルパート・マードック、米国・オーストラリア、世界的メディア王、メディア大手ニューズコーポレーションオーナー、オックスフォード大学卒、オーストラリアの新聞ザ・ニューズを皮切りにメディアの経営にいそしむ、のちに持ち株会社ニューズコーポレーションを作り世界的なメディアグループを作り上げる。日本でもソフトバンクの孫正義社長と共同出資しスカイTVジャパンを立ち上げる

他の記事も読んでみる

中鉢良治

社員同士にも同じように、コミュニケーションから生まれるリンクを大事にしてほしい。システムが解決してくれるものは効率性にすぎない。ビジネスの競争力となる独創性、創造性にはつながりません。でもそれは、手間暇かけないといけない対人的なものなのです。


生田正治

大学の4年間を通じて、新聞紙上で大きく報じられる「欧州同盟(英仏蘭などを中心とした船舶会社の国際カルテル)」という強大な組織に孤独で果敢な戦いを挑んでいた三井船舶の記事を痛快な気持ちで見守り続けていた。就職するならこの会社しかないと思った。


三浦しをん

今回、取材してみて、植物学は文系も理系も関係なくこの世界を考えるうえで大事な研究だなと思ったんです。実用的ではないと思われがちな研究は、その重要性が伝わらず、真っ先に研究費が削られてしまうんですよね。実は私たちの生活に密接しているしそもそも役に立つ研究をするためには基礎研究が必要不可欠なのに。


殿村美樹

伝統産業の仕事をするときは、歴史の長さが、新しいことを始める足かせとなっている場合があります。企画を成功させるためには、まずはその世界の重鎮やオピニオンリーダーと呼ばれる人たちを説得し、その人たちに一肌脱いでもらうのが有効です。


滝一夫

時にはトップが突破口を開く。今秋、アメリカで商品供給が始まりますが、これは私がトップセールスして決めたものです。こういう先例をつくると、続く者が出てくる。


千田琢哉

仕事がらたくさんのエグゼクティブに会いますが、共通しているのはどこか「ボケ」の要素があること。あえてスキを作る。相手に突っ込まれたり、安心感を与えることができる人が、いい仕事をしています。


岩田喜美枝

女性がもっと活躍した方が、企業が活性化することは間違いありません。例えば、見逃されていた女性消費者のニーズを汲み取ること。私はキリンホールディングスの社外監査役を務めていますが、同社のヒット商品であるノンアルコールビール「キリンフリー」は妊娠・授乳中の女性がアルコールを摂取できないという不満を感じ取った女性社員が企画、開発したものでした。


藤原秀次郎

余計なものは全部省けばいいんだ!
【覚え書き|コストダウンの秘訣を聞かれたときの返答】


川村隆

社長就任当時、テレビや半導体を完全には切り離していなかった。それら事業はある時期すごく儲けたが、捨てる時期を間違えたために生涯収支はみんな赤字。本当は、ある事業が一時期稼いだカネを次の投資に回して新事業を立ち上げ、稼げなくなった事業を捨ててきたのが日立の歴史だ。


辻慎吾

国家戦略特区というあの制度と発想は絶対大事なはず。いろいろな規制があって、それを撃ち破るにはある意味トップダウンでやっていくのは当たり前の話。


俣野成敏

会社にいると、上司との人間関係など気持ちがすり減る機会は少なくありません。前向きな気持ちを保つのは難しいことです。でも、会社はスキルは教えてくれますが、マインドは個々人任せ。心の持ちようは会社外で習うしかないわけです。


川淵三郎

古河電気工業サッカー部の監督時代、余計なプレッシャーなしに選手をリラックスさせ、伸び伸びとプレーをしてほしかったし、試合の中身にこだわろうという思いから、「負けてもいいから、いい試合をしてほしい」と言いました。ところが数か月後、ある選手に「あのとき、川淵さんに負けてもいいから、といわれてガックリきましたよ、あのミーティングまでは気合が入っていたんですが」と指摘されました。そうか、チームを統率する者が、どんな理由であっても「負けてもいいから」などと言ってはいけないんだと気づかされました。