名言DB

9413 人 / 110706 名言

ルノワールの名言

twitter Facebook はてブ

ルノワールのプロフィール

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

ルノワールの名言 一覧

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ。


人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


ルノワールの経歴・略歴

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

他の記事も読んでみる

吉田松陰

宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。天命であるからには、それは全て天に任せ、人は一途に人として踏み行うべき道を守りさえすればいい。


星野佳路

再建先のスタッフが変わるきっかけのひとつはスタッフの誰かが「キレる」ことです。一緒に施設の再生に取り組んできた人が、あるとき会議の場で「この会社はひどいじゃないか!こんなやり方では絶対に駄目だと思う」と叫びだす。すると堰を切ったように他のスタッフも自分の意見を口にし始める。そして議論が進んでいくのだが、反対意見を言ったからといって咎められるわけではないことに気づく。むしろ言いたいことを言えば風通しがよくなり、自分たちの参加者意識が芽生えるということにメンバー全員が気付き始める。


岡村友哉

原動力はひとつです。やれる限りはフリーの立場で生きていきたいから。ここの仕事は業務委託なんで、1年で切られるかもしれない。取材でいろいろな証券会社の人達とも付き合いますけど、会社の看板もあり、正社員の安定した立場で仕事ができている彼らを論破できるだけの準備はしておきたい。テレビの仕事がなくなっても生きていけるだけの、何かを持っておかなければいけないから。


西澤敬二

私は物事をつらいとか、苦労といったふうにあまり考えないたちで、ヒトや物事に先入観を持たないし、好き嫌いもあまりない。


中内功

価格は消費者が決めるもの。メーカーが決めるものではない。


ピーター・ドラッカー

たいていの経営者は、その時間の大半を過ぎ去った「きのう」の諸問題に費やしている。


安渕聖司

健康には、やはり食事が大事だと考えています。それに加えて、生活リズムを崩さないこと。たとえば私は、世界中どこへ行っても朝6時前には起きます。6時に起きて、そこから1時間半くらいの間に野菜中心の朝食をしっかり摂ります。これが1日のベースになります。そして日曜日から木曜日までの間、夜12時を超えて起きていることはありません。会食があったとしても必ず夜10時半までには帰宅をし、入浴をして眠ります。最低6時間の睡眠を毎日しっかり取るのです。この生活リズムを、かなり規則正しく実行しています。


渡瀬謙

何を話したらいいかわからない、会話が途切れてしまう、全然話が弾まない、といった悩みを持つ人は多いはずです。ただ、実は雑談が苦手だと言う人に限って「準備」をしていないのです。一方、雑談が得意な人はアドリブでしゃべっているように見えて、実は意識的、あるいは無意識的に準備をしています。雑談が苦手なら、こうした準備を意識してすることが大事なのです。


スティーブ・ジョブズ

アップルは世界最大のスタートアップ(できたばかりの企業)だ。


羽入佐和子

よく「自分を探す」と言いますが、むしろ自分で「自分を創る」のではないでしょうか。


酒巻久

ビジネスの現場でも、読書でも、セミナーでも、かぎられた自分の守備範囲だけではなく、その外からのアイデアや情報も入れること。それは必ず糧となります。


土井香苗

相手のプライドに働きかけ、「あなたはこういうことができる」と訴えるのも、人を動かすうえで役立つ話し方です。


鈴木喬(経営者)

新人も含めて社員の行動を変えていけば、長期的には売上と利益に反映してくると思います。自分の部署だけ知っていればいいという「情報の滞り」がなくなれば、売上と利益が向上します。


稲垣精二

健診割(健康診断書を提出するだけで保険料を割引く制度)の対抗商品が出てこない大きな理由としては、新規参入の方々は日本における支払い統計がなく、裏付けるものがないということが挙げられると思います。今までは伝統に縛られ新しい市場の流れに対応できず、新規参入の会社にシェアを奪われるというようなレガシーの弱みばかりが目立ってきましたが、ビッグデータの時代になると、過去の支払い実績などを参照できる「持てる者の強み」が発揮できると考えています。


小宮山宏

これからの教育の目的は人間力と学力の向上だと思っています。人間力は、やはり少子化や都市化の影響でどんどん落ちてくる。これはもう避けようがない現実です。でも、インターネットが、人と人との脳みそが連結するツールとなってくれるのなら、それはひとつの救いですね。