名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ルノワールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルノワールのプロフィール

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

ルノワールの名言 一覧

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ。


人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


ルノワールの経歴・略歴

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

アピールしたいことはあるけど、どうしても人前では緊張してしまう。喋りに自信がないという人もいると思います。たしかに、会議では声の大きいヤツが目立つ傾向、残っているから。そういう意味で、自分の自己アピール下手を自覚しているのなら、事前に仕込むという作戦をオススメしたい。アイデア、企画を1枚の紙にまとめて出席する全員の席に配っておく。あるいは、参加者全員にメールを送っておく。オレの周りにも喋りはイマイチだけど、文章能力のあるヤツがいる。彼らは、会議での喋りではなく、キャッチコピーと一枚絵で力を入れた企画書でアピールしているね。


高橋淳(経営者)

店がひとつのチームとして機能するように、毎月、店ごとにミッションを課しており、アルバイトもミーティングに参加させています。


木村惠司(木村恵司)

仕事の前途を切り開きたいときは、会社内外の先を行く人に情報の提供を求めることです。自分と同様のテーマについて先行している人、いわば先人です。まず社内で探し、さらに同業他社などで、情報を持っていて、自分よりもよく考え抜いているらしい人にあたります。こうして自分自身の才覚と足で稼いでこそ、情報は生きてきます。


本田宗一郎

僕に言わせれば、景気が悪くなったからと言って慌てるのは本来おかしいんだ。よく「治にいて乱を忘れず」というけれども、不況で騒ぐことより景気の良い時に何をやったかが問題だ。


上田準二

大事なことは戦略や戦術以上に戦闘力です。戦いの場でいかに素早く反応し、解決するかという瞬発力です。


木下ほうか

わずかでもいいので、仕事に自分なりの工夫を加える。すると、必ず誰かが見ているものです。その積み重ねが、いまにつながったのかなと感じています。


市村洋文

新聞は日経と読売と朝日、日経ヴェリタスをとっています。一つのニュースについて書き方が違うので、それを話すだけでも講演のツカミネタになるんです。たとえば「先日の事件、○○新聞では一面でも、○○新聞ではマッチ箱くらいの扱いでね」なんて話すと、みんな興味を持ってくれます。普段は一紙しかとっていない人も、休日はまとめて買って読んでみると発見が多いですよ。


小笹芳央

デスクを整理すと、頭の中身も整理されます。いままで仕事に追われ気味だったのが、整理することによって、ポジティブに追いかけられる状態に戻ります。毎週末でも月一回でも、ある一定のサイクルでやると、行動に移るためのいいきっかけになると思います。


藤田晋

社員がプライドを持てるかどうかについては、リーダーのマネジメント能力が問われます。リーダーは、「自分たちは何が強みで、どんな誇りを持って働くか」を、周囲にしっかり伝えなければいけないからです。例えば、「やれって言われたから、やっています」と言う部下がいる部署は、リーダーのマネジメント能力は低いと言わざるを得ないでしょう。


酒井将

弁護士ドットコムをつくった時から変わらないのが、リーガルサービスを身近なものにしたいという私の思いです。そして精一杯、一生懸命、クライアントのために働き、最高のサービスを提供する。ベリーベストという名前には、そうした思いが込められています。


土橋章宏

これからの時代、グローバル化が一段と進み、人生の選択肢も広がるでしょう。その時に備え、日本の因習にとらわれず、まずは自分を磨くことが大切。


一瀬邦夫

私は20年以上前から日記を毎日つけていますし、今晩のうちに明日の準備のために書いておく「凡事徹底(ぼんじてってい)」と題するノートも毎日つけていて、事業のアイデアもそこに事細かく記してあります。私は当社の事業アイデアの9割近くを発案していますが、ほとんどはその「凡事徹底ノート」から生まれたものです。