名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ルノワールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルノワールのプロフィール

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

ルノワールの名言 一覧

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ。


人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


ルノワールの経歴・略歴

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

他の記事も読んでみる

大倉忠司

均一価格の利点のひとつは、圧倒的に「明朗会計」になることです。品数さえ把握していれば、お客様は「今日はこれくらいいきそうだ」と分かる。個人店が多かったこともありますが、創業当時は、不明朗な会計の焼鳥屋が少なくなかった。時価とか、お客様を見て値段を変えるとかいう話をよく聞きました。ですので、均一価格は好評でした。その証拠に、ある店舗の近くの英会話教室の外国人講師の方が常連になってくれました。彼らは基本的に割り勘なんですが、「おたくの料金は分かりやすい」と。みんな、自分の串を注文するたびに、マッチ棒を1本自分の前に置くんです。「俺は、5本だからなんぼ」という具合にね。うちはお通しも出さないから、それがそのまま支払額になります。均一価格にしたことで、お客様とのこうした信頼関係も築けた。ホールのスタッフも、メニューごとに値段を覚える必要がないので、教育も楽でしたね。値段一つとっても、これだけ奥が深いんです。


細川馨

初めに「やらされ感」を覚えてしまうと持続しません。当社のクラウドサービスには、一人一人がモチベーションを持続するために楽しさを感じさせる要素を組み込んでいます。次の最新版は、バンダイナムコさんと提携した「たまごっち版」をローンチします。自分の成長とともに、システムの中のアバターも成長する仕掛けです。


御手洗冨士夫

有為転変の時代にあって、経済、技術、政治とありとあらゆるものが変化する。その変化に的確に早く対応することが一番大事。


樋口裕一

過去を検証すると、未来につながることは多くある。思考する訓練にもなる。


国部毅(國部毅)

連携問海外店向けのポスターには「Beyond our boundaries.」と書きました。「boundaries」に込めた意味は、国や業務、部など、一切の境を越えてサービスを提供していこうということです。企業はクロスボーダーで活動しており、内外の貸し出しの合算や連携の考え方を推進します。


大串亜由美

初対面の場合、過去の話を延々とするのはご法度です。この人は前向きに生きている人間なんだと思わせなくては、なかなか実際のビジネスにはつながらないと思います。


出口治明

日本の正社員は年間約2000時間働いていますが、約1500時間しか働いていないユーロ圏よりも成長率が低い。長時間労働が価値を生む時代ではないからです。短い時間で成果を出し、浮いた時間で人生を楽しむ英国人を見て、その思いを強くしました。


森川亮

初めから「失敗してもいいや」と思っていると絶対に成功しないので、そうした考え方はやめた方がいい。成功するまで続けて、それでも失敗したら、次の挑戦のテストになるような「いい失敗」をすること。そして結果は早く出す。「1勝9敗」では会社が傾くので、「1勝3敗」くらいで収めたいですね。


丁宗鐵

理想をいうなら、40代になったら夕食は軽くして、朝、お腹がすいて目覚めるのがベスト。


アレックス・ラミレス

日本の選手を見ていて残念に思うのは、メンタルの準備を十分に行っていない選手が多いことです。私自身に関していえば、もし持ち時間が100としたら、70はメンタルの準備に使っています。


伊藤洋志

ひとつひとつの収入は多くないですが、まとめると十分生計を立てられます。複数やるとリスクヘッジにもなりますしね。内容はどれもかなりニッチ。でも自分発信だからこそ競争にさらされず、個人でも稼ぎやすいんです。


岡本太郎

僕はかつて、出る釘になれと発言したことがある。誰でもが、あえて出る釘になる決意をしなければ、時代は開かれない。僕自身はそれを貫いて生きてきた。確かにつらい。が、その痛みこそが生きがいなのだ。この現代社会、システムに押さえ込まれてしまった状況の中で、生きる人間の誇りを取り戻すには、打ち砕かれることを恐れず、ひたすら自分を純粋に突きだすほかはないのである。