名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ルノワールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルノワールのプロフィール

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

ルノワールの名言 一覧

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ。


人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


ルノワールの経歴・略歴

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

他の記事も読んでみる

菊原智明

結局、要求を丸呑みすると、客はどんどんモンスター化するもの。子供が泣き叫ぶ度にお菓子をあげていたら、どんどん増長してわがままになるのと同じです。かといって完全に突っぱねれば、お客を失ってしまいます。そこで有効なのが「交換条件」を出す方法です。たとえば「棚の取り付けサービスをするかわりに、モニターとしてウェブで紹介させてください」とか「10万円の値引きをするので、お客様の知り合いを2人紹介してください」など。ダダでは譲らないのです。こんなふうに交換条件を出すことで、お客とギブ&テイクな横並びの関係が築けるうえに、客からテイクしたもののおかげで自分の成績も上がる。まさにメリットだらけの根回し法なのです。


松本晃(経営者)

結局、高い目標を達成するためには、計画の作り方と、その計画を実行するための土壌や仕組みから変えていかなければならないのです。


八郷隆弘

就任当時から、私は「調整型」の社長だと言われてきました。そういう意味では、話ができる環境は出来上がりつつあります。やはり何事も1人ではできませんから、役員の一体感というのは大事ですね。社員全員と話すのは無理なので、私が役員や部長、室長と思いをどう一緒にできるかが重要だと思っています。


渡瀬謙

私もそうですが、あがり症の人はとかく、完璧主義のええかっこしいなのです。100点満点を目指そうとして、余計にあがってしまう。まず、自分で勝手に高く設定してしまったハードルを下げて、うまくやろうという気持ちは捨てましょう。そのうえで、自分の目的が何であるかをしっかり見定め、それを達成することだけを考えればいいのです。


鈴木敏文

伸びている企業は、みんなお客様の視点に立って、お客様が欲しいと思う商品を自分たちでつくっている。だから、その時代、その時代にマッチした商品を開発し続けることが大事。


本間正人

ほめ上手の秘訣は「細かい長所」を見つけてほめること。部下の小さな欠点をあげつらうと反発を招きますが、細部をほめると「自分のことを見守ってくれている」と信頼感が高まります。


谷藤吉郎

ネバダでの金の採掘を始めて、今年で8年になります。その間安定した成長を遂げることができたわけです。そこで、さらなる発展のために、収益構造と財務体質の抜本的な改革に着手します。これを第2の創業と呼んでいるのです。


井上直美(経営者)

社長就任時に考えたのは、とにかくきちんと業績を上げることでした。そうしなければ、全てのことができない。足元の業績を固めないと仕方がないと考えました。エグジット(出口戦略)をやろうにも収益から全てが始まります。将来の手を考えても、それも収益から始まるわけです。


河合雅司

勤労世代の減少に対して政策を打つこと。社会に必要な総仕事数を効率化すれば、労働力不足は起こりません。24時間働くのをやめる、他国に仕事をゆだねる、高齢者にも働いてもらう。今の規模に合わせて物事を考えるのではなく、サイズを縮めて考え、そこから生まれる余剰人員や資本を得意分野に向けるべきでしょう。それにより、小さくとも豊かな国、なくてはならない国になれるのです。


本田健

『60代にしておきたい17のこと』という本を書く際に、70~80代の方にインタビューをした。そのときに強く思ったことは「やって失敗した後悔」よりも「やらなかった後悔」のほうがずっと大きいということ。後悔のない人生をおくるためにも、今年は何か新しい行動を起こす年にしてほしい。


鈴木大拙

日本を世界のうちの1つのもの、としなければいかん。今、日本が、日本がと、やたらに言うようだが、日本というものは世界あっての日本で、日本は世界につつまれておるが、日本もまた世界をつつんでおるということ、これは、スペースや量の考えからは出てこない。そのように考えるためには1つの飛躍が必要とされる。その飛躍が大事なのだ。


織田裕二

年を取って、経験を積まないと表現できない世界。そこに対する憧れが強くて、早く40代になりたかった。ようやく40代を迎えて、いまは仕事の幅が若い頃より広がって演じやすくなりました。