ルノワールの名言

ルノワールのプロフィール

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

ルノワールの名言 一覧

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ。


人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】


ルノワールの経歴・略歴

ピエール=オーギュスト・ルノワール。フランスの画家。フランス中南部リモージュ出身。幼い頃から画才を発揮。13歳で磁器工場の絵付け職人見習いになる。産業革命による機械化で職を失い、絵付け職人から画家に転身することを決意。官立美術学校エコール・デ・ボザールで絵を学ぶ。その後数々の名作を残しフランス印象派の代表的な画家になった。

他の記事も読んでみる

稲垣公夫

パワーポイントで数十ページにわたる資料を作ったら、どこが重要な情報なのか伝わりません。ところがトヨタ式なら、A3用紙1枚なのですべての情報が一目で確認できます。だから、社内で根回しを行うときにも便利。スムーズに情報共有が図れます。


堀場雅夫

ダメと言われた地方でも新たな視点で見れば潜在能力は十分にある。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

私が行政書士を開業したときは、支部長と呼ばれる人に会いまくり、営業の仕方や仕事の取り方を教えてもらいました。研修などで会った際に「今度開業したのでご挨拶にうかがってもよろしいでしょうか?」と聞けば、だいたい会ってくれます。また、東京なら競合しない大阪など、他の地域の先輩に聞くのも手です。


天野浩

私も修士課程の頃、教科書に載っていない実験結果ばかり出てくるので、あえて他の情報は遮断することにした時期がありました。誰にとってもそういった自分で考える期間が必要。


池田憲人

これまで外部出身の社長が何代も続いてきました。生え抜きの社員にとっては自分たちからトップを出せないことに不満や不安もあるでしょう。今後まとめる長期経営ビジョンは、生え抜きの活躍を前提としています。その中から将来の社長候補を育てることが、私の最大の仕事。


笠原健治

当社においては、「真剣に遊ぶ」ことが、大切なプロセスだと思っています。新しいサービスを立ち上げる人間にとって何より重要なのは、自分たちがつくったサービスを、自分たち自身がユーザーとしてどれだけしっかりと使い込んでいるか。どれだけ愛情をもって楽しみ続けているか。そして、人々が何に驚き、喜び、感動するかを細部にわたるまで、どれだけ徹底して検証しているかに尽きるのではないでしょうか。そうして得たみずからの体感知こそが、新しい価値やユーザー体験を生み出す発想の源泉であり、ユーザー・サプライズ・ファーストの軸になるものだと、我々は確信しています。


井上康生

監督として、選手自身が自ら学び、考えるきっかけをできるだけ作るようにしました。人は自発的に学ばなければ真の成長を得ることはできません。


藤原洋

国家や企業経営者は未来への投資を怠らない方がいい。時代に合わせて事業転換ができる企業は、未来への投資を怠らない経営者がいる。企業は未来を創るためにあるのだという経営哲学が大切。


板尾創路

周りの人の反応は大事。音楽にしろ、本にしろ、映画にしろ、僕ひとりでできるわけではないですし。


ハロルド・ジョージ・メイ

トップとしての私の役割は、中長期の視点に立った成長の指針を社員に示すこと。特に力を入れているのが外部との連携です。


宮竹貴久

死んだふりをする。つまり動かないという行為は時に生き延びるのに最善の方法となります。ほ乳類から昆虫まで多くの生き物が天敵の前ではこれを実践し、効果をあげています。人間社会でも功を奏します。


伊藤正裕(起業家)

人間は疑問点にぶつかると、すぐ人に聞いたり調べようとしますが、あれはよくありません。調べる前に、まず自分の頭で考えることが大事ではないでしょうか。


岩切章太郎

もし私が「頼まれて引き受けた」のだと考えていると、必ず不平不満が起きるだろう。不平不満が起こったら仕事も上手くいかないし私自身も不愉快だ。そこで、頼まれているのではない、自分から進んで、自分から求めて入ったのだと考えることにした。そしてそのことをしっかり自分自身に言い聞かせた。
【覚書き|破たん寸前の日向中央銀行立て直しを引き受けたときを振り返っての発言。同行はすぐ破たんしてしまい、岩切氏が苦しい長い破たん処理をする羽目になった】


澤田秀雄

どんなに正しいことを言っても、定着しないと意味がない。毎日たばこを吸っていた人に、「明日からは一切やめろ」と命令しても、陰で吸うでしょう。これと同じで、悪弊を急にやめさせようとすると、禁断症状が表れます。つまり、社員のモチベーションが低下するなど、混乱が起こります。それを避けるため、時間をかけて文化を変えていきます。


石井和徳

ヒロセ電機の経営理念は「英知をつなげる小さな会社」です。「英知」とは社内、社外の知恵や教えです。「つなぐ」には社外から学び、社内の知と結びつけることや、自分たちのパワーにつなげるという意味があります。そして、「小さな会社」には、外部の方々から素直かつ謙虚に教えを請い、明日の飛躍を期す企業でありたいという思いが込められています。当社の実質的な創業者である酒井秀樹は、「我以外皆師」という言葉を座右の銘にしていました。


ページの先頭へ