ルネ・サンドの名言

ルネ・サンドのプロフィール

ルネ・サンド。ベルギーの医学者。国際社会福祉協議会設立者。

ルネ・サンドの名言 一覧

国民の参与なくして国民の健康は作られない。


ルネ・サンドの経歴・略歴

ルネ・サンド。ベルギーの医学者。国際社会福祉協議会設立者。

他の記事も読んでみる

倉本圭造

正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう。正論に対して、本能的に何か違う、自分には合わないと感じていて、その生身の感情こそが正しいかもしれないのに、それをなくしてしまう。すると、すべてのビジネスが画一的で似たようなものになってしまう。


村上龍

「気が合い、飲み込みも早く、教えていて楽しい」という部下のほうが特殊なのではないでしょうか。たいていの場合、「覚えが悪く、学ぼうという意欲もない」人を相手にするほうが「普通」なのだと思います。


葛西紀明

長野五輪以降、スキー板やジャンプスーツの規定など、日本人に不利だと言われた大幅なルール改正がありました。でもそれを批判しても何も変わらない。どう対応すればベストか考える「探究心」が大事です。私はこれが得意で、いつも楽しみながら考えています。


安田佳生

先に高い給料を払えば社員のモチベーションが上がり、仕事も頑張ってくれると思ったのですが、理由もなく高すぎる給料を最初に払うと、人間ってダメになるんだと実感しました。すぐに高給に慣れて当たり前になってしまう。


西加奈子

『孫係』という物語は、ベッキーさんが不倫をしたとき、「ほら、やっぱり本当はいい子じゃなかった」という叩かれ方をされたことへの怒りが源になっています。いい人であろうとしている人に対して裏があるはずだという見方がすごく嫌。もしそれが努力の結果であっても努力していることは素晴らしいですよね。それ、100%で受け止めよう、認めようよ、「ほんとは嫌な人」っていうの、もうやめようよって。


眞保智絵(鳥海智絵)

最初はここまで注目されると思っていなかったので、戸惑いました。社長就任後の半年間はまさに怒涛のように過ぎていった感があります。最初の3か月は、社内外のビジネス全般に目を向け、現時点でのビジネスの状況を「見る」「聞く」「知る」ことに徹しました。「これから何をすべきか」を明確にするため、物事を整理して考えるよう努めました。その後の3か月、夏を過ぎたあたりからは役員によるミーティングを重ね、今後の方向性を再確認してきました。


渡部肇史

石炭火力の技術では、我々はトップレベルにあると自負しています。そこで蓄積してきた石炭火力の技術やノウハウを活用し、効率の高い最新技術を各国に導入していく意義はある。民間企業としてできることは限られているかもしれません。ただ石炭を手掛けてきた人間が、その手を止めてしまったら、技術が途絶えてしまう。


イーロン・マスク

根気強さは本当に大切だ。諦めざるを得ない状況になるまで、自分から身を引いちゃ駄目だ。


大泉洋

じつは僕、いままでオーディションを受けたことがないんです。自分から、今度はこんな役をやりたいという欲があまりないんでしょうね。その分、僕みたいな役者でも求めてもらえるのだったら、全力でやらせていただきます。頼まれたら断れないって気持ちは人一倍強いですね。この役は大泉さんに、と言われれば「そんなに見込んでもらえるなら」とムリしてでも引き受けたくなります。


柳井正

いま若い人の中で「頑張らない生き方」が流行っているとも聞きます。しかし、本当ですか?頑張らないで、いったいどうするんですか?私は、生きることはすなわち頑張ることだと思うし、仕事とはつらいことだと信じている。確かに、仕事はつらくて苦しい。しかし、それでこそ正しいのです。楽しく仕事をしたいと言っている人は現実を見つめていない。いい仕事をしようと思ったら、精一杯頑張らないといけない。


井上和幸(ヘッドハンター)

京セラ創業者の稲盛和夫さんにしても、独立して間もなく、部下たちの反発を受けて、従業員のことを第一に考える経営に舵を切ったのだといわれています。


高原豪久

究極は現地の人たちによって事業が行われるのが理想。中国の市場では中国の人たちが商品やマーケティング、物づくりを考えて実行する体制をつくる。


高田明(ジャパネットたかた)

もう変化対応では追いつかない。変化を先取りして創っていかないと間に合わない。


原晋

陸上競技で一番大切なのが規則正しい生活ですが、監督命令だと思ったら絶対に腹落ちしません。うちのチームは朝5時に起きて、夜は10時門限の10時15分消灯なのですが、やらされ感があるとぎりぎりになったり、門限を破ったりしてしまう。自分目身が「箱根で勝つ」という目標を持ち、そのために必要なんだと思っていたらそんな行動はしません。結果が出はじめるとより自己管理しようという意識になりいつも以上に早く帰って体を休めようという思考になるのです。


高城幸司

頼りになる上司は「スタッフを増やしてくれ」という要望に対し、「社員は増やせないが、外部委託なら手配できそうだ」といった解決策を用意できる。一方で、「とにかくやれ」という上司は自分の都合を押し付けているだけで、出世の見込みも薄い。付き合い方を考え直したほうがいいだろう。


ページの先頭へ