名言DB

9429 人 / 110879 名言

ルドルフ・ディーゼルの名言

twitter Facebook はてブ

ルドルフ・ディーゼルのプロフィール

ルドルフ・ディーゼル。パリ出身のドイツの発明家。ディーゼルエンジンの発明者。ミュンヘン工科大学卒業後、ドイツ企業リンデの冷凍機製造会社を経て、ドイツの自動車・機械メーカーのマン社に入社。ディーゼルエンジンを完成させた。ドーバー海峡で船上から失踪。自殺や独諜報機関の暗殺などの諸説がある

ルドルフ・ディーゼルの名言 一覧

偉人は自分一人のためではなく、多くの人々のために、この世に生を受けたのである。


ルドルフ・ディーゼルの経歴・略歴

ルドルフ・ディーゼル。パリ出身のドイツの発明家。ディーゼルエンジンの発明者。ミュンヘン工科大学卒業後、ドイツ企業リンデの冷凍機製造会社を経て、ドイツの自動車・機械メーカーのマン社に入社。ディーゼルエンジンを完成させた。ドーバー海峡で船上から失踪。自殺や独諜報機関の暗殺などの諸説がある

他の記事も読んでみる

大坪文雄

いくつもの問題を乗り越えていくたびに実感したのが、どんなに大きな問題でも、各分野の専門家が集まって一晩徹夜で検討したら、ほぼ100%の確率で解決策が出るということ。


南部靖之

パソナグループが掲げる企業理念は「社会の問題点を解決する」というもので、これは創業以来一貫しています。社会には様々な問題があります。私はそれをよく見て、多くの人から悩みを聞いて、ヒントを教えてもらうことで、解決のお手伝いをしてきただけだと思っています。


鳥井信吾

やり方次第で無限の可能性があるのが楽しい。
【覚え書き|マスターブレンダーの仕事についてのコメント】


川越達也

料理人になろうと決めた高校生の頃から、「これからは料理だけをやっていてうまくいく時代ではない」と思っていたので、修業して調理の腕を磨くだけでなく、接客やサービスなどそのほかの部分にも力をいれなければいけないと考えました。そこで、調理の技術にプラスアルファで自分の強みになることを考えてみました。自分のオプションを検討していくと、料理だけでなく、おもてなしやサービスのことも含めて努力していけば、料理の世界で自分のポジションが確立できるのではないか。そう考えたのです。


徳岡邦夫

僕が第一次産業の改善や地域ブランドの活性化について意見を述べたり、それをメディアで発表したりするのは危機感があるからです。たとえば、美味しい料理にはいい食材が欠かせませんが、多くの農家や漁師の方々が収入の不安定さや後継者不足などの問題に悩まされています。それをこのまま放置しておけば、この国の第一次産業は取り返しのつかない状態になって、料理人がいくら腕を振おうにも満足のいくものはできなくなってしまうでしょう。


大浦溥

私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


中村礼子

ドーンと背中を叩かれた感じ。それが今期の成績の原動力になっています。
【覚え書き|全日本選手権で伊藤華英選手に負けたことを振り返って】


嶋津良智

相手を動かしたいのであれば、相手が動きやすい環境を作ってあげることが大切です。そのために自分は何ができるかを考えるとよいでしょう。


奥村有敬

私は日本企業に必要なものは「マーケット・フォーカス」だと思います。市場変動をとらえる経営姿勢というだけでなく、市場からの監視に謙虚に耳を傾ける経営という意味も込めています。


澤田貴司

一緒に仕事をすると、その人がどんな人かわかると思います。本当に仕事をしていて、自分で結果を出していて、しかも経営そのをやりたい人間は、迫力があります。単にキャリアアップを狙っていたり、不満があってくるのとは違う感じを受けます。