名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ルドルフ・ディーゼルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルドルフ・ディーゼルのプロフィール

ルドルフ・ディーゼル。パリ出身のドイツの発明家。ディーゼルエンジンの発明者。ミュンヘン工科大学卒業後、ドイツ企業リンデの冷凍機製造会社を経て、ドイツの自動車・機械メーカーのマン社に入社。ディーゼルエンジンを完成させた。ドーバー海峡で船上から失踪。自殺や独諜報機関の暗殺などの諸説がある

ルドルフ・ディーゼルの名言 一覧

偉人は自分一人のためではなく、多くの人々のために、この世に生を受けたのである。


ルドルフ・ディーゼルの経歴・略歴

ルドルフ・ディーゼル。パリ出身のドイツの発明家。ディーゼルエンジンの発明者。ミュンヘン工科大学卒業後、ドイツ企業リンデの冷凍機製造会社を経て、ドイツの自動車・機械メーカーのマン社に入社。ディーゼルエンジンを完成させた。ドーバー海峡で船上から失踪。自殺や独諜報機関の暗殺などの諸説がある

他の記事も読んでみる

織田信長

生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。


井上貞治郎

私は過去の追憶にばかりふけっているのではない。会社の部屋に日本地図を広げて、タコの足のように八方へ伸びていく聯合紙器(レンゴー)の未来図を描くのに忙しいのだ。私の後進たちが、存分に活躍できる舞台を用意するのがこれからの仕事でもあろう。かつて若い栄吉を駆り立てた並はずれて大きい野心の炎は、いまでも79歳の老人の心に燃え続けている。
【覚書き|栄吉とは井上氏のもう一つの名前。10代末から20代前半まで大阪で石炭商をしていたときの呼び名】


蟹瀬誠一

普段から、自分にとって一番に優先すべきものは何か、二番目は何かといったプライオリティ(優先順位)をつけていないと、突発的なトラブルが起きたとき、迅速な行動がとれなくなってしまいます。


永田豊志

大企業ほど構成要素が多く、ビジネスモデルが複雑に見えます。まずは要素を分解し、グループ化していきましょう。大事なポイントは似た要素を集めて、枠でくくること。たとえば複数の「仕入先」「販売先の国」など、ラベル名をつけて、まとめていく。これにより、「大きな流れを大局的に見る」ことが可能になります。


水田信二

個人的には「屁理屈漫才」と言われるのは、喜び100%ではありませんでした。この呼び名、ちょっと引っかかるじゃないですか(笑)。僕は正論のつもりで言ってるのに。ただ、ホンマの正論やったら笑いは生まれないので、飲み込んで納得しましたけど。


ジョン・A・ソルハイム

クラブメーカーとして、PINGのゴルフクラブを使用しているゴルファーの方々に最高の結果をもたらすことが、その使命だと思っていますし、そのためにも、開発の拠点である本国の米国の開発陣は、常にアンテナを張り巡らせ、新しいことへの挑戦を続けている。


長内厚

終身雇用が定着している日本企業では、経営者は社内からの昇進組が多く、過去の事業における実績の「ご褒美」として登用されるケースが一般的です。しかし、事業部門の技術トップがそのまま社長になって技術開発にだけ目を向けていては今日の競争には生き残れません。事業レベルの戦略と全社レベルの戦略では求められる能力が異なります。日本の家電メーカーの現場は依然として強く、技術やノウハウは蓄積されています。現状は、その現場力が、うまく収益化できていないだけなのです。日本の技術力に優れた経営力が加わることで、日本の家電産業は復活できるはずです。


伊藤真(弁護士)

問題とは、あるべき姿と現状とのズレのことです。このズレを埋め、現状をあるべき姿に一致させることが問題解決。


泉谷直木

30代から40代は、自分の強みを確立する時期。余人を持って代え難い何かを持つことが、仕事を面白くしてくれる。


石井淳蔵

コカコーラもネスレも、ソニーもアップルも、P&Gも花王もロレアルも、フォルクスワーゲンもホンダも、世界に名だたる消費財メーカーは、マーケティング努力の大半を顧客との交流の場(ブランド)をつくることに注力してきた。


地井武男

最初はチンピラAの役でも、なんでもやりましたよ。同期の連中がいい役をやり出したころだけに、屈辱的なこともあったけど、どんな役でもやるって覚悟したのがよかったのか、28歳のときに映画『沖縄』の主演に抜擢されましてね。


岩澤俊典

多くの日本企業はいま、「研修・教育の強化」や「人材の見える化」などを通じて、海外進出を任せることができる人材の発掘を進めています。しかし、それだけでは難しいのではないかと感じています。つまり、グローバルに働きたい、活躍したいというモチベーションの問題なのではないでしょうか。