ルドルフ・ディーゼルの名言

ルドルフ・ディーゼルのプロフィール

ルドルフ・ディーゼル。パリ出身のドイツの発明家。ディーゼルエンジンの発明者。ミュンヘン工科大学卒業後、ドイツ企業リンデの冷凍機製造会社を経て、ドイツの自動車・機械メーカーのマン社に入社。ディーゼルエンジンを完成させた。ドーバー海峡で船上から失踪。自殺や独諜報機関の暗殺などの諸説がある

ルドルフ・ディーゼルの名言 一覧

偉人は自分一人のためではなく、多くの人々のために、この世に生を受けたのである。


ルドルフ・ディーゼルの経歴・略歴

ルドルフ・ディーゼル。パリ出身のドイツの発明家。ディーゼルエンジンの発明者。ミュンヘン工科大学卒業後、ドイツ企業リンデの冷凍機製造会社を経て、ドイツの自動車・機械メーカーのマン社に入社。ディーゼルエンジンを完成させた。ドーバー海峡で船上から失踪。自殺や独諜報機関の暗殺などの諸説がある

他の記事も読んでみる

田川博己

仕事を部下に任せる勇気があれば、時間はいくらでも生まれます。それが私の実践する時間管理術の基本です。専務時代、営業企画本部長を務めたときもそうでした。もう一人の担当役員だった副本部長の取締役に相当部分を任せました。私があまり働くと、副本部長の仕事が浮いてしまうのです。「副」の役割が形式化している組織はたいてい上が働きすぎているはずです。


土屋義彦

私は伊豆の下田で育ったんですが、たまたま私の通っていた旧制中学の近くに、吉田松陰が潜んでいたんです。それで吉田松陰に影響を受けたんです。彼の偉いところは他人を恨むのではなく、自らの学問が足りなかったために、幕府を説得できなかった、と自らを反省して死んでいくんです。


西山敷

私は、社員に直接教育するつもりはありません。人材は毎日自分が店舗に顔を出し、親父のように背中を見せることで育っていくと思っているからです。


丸山健夫

「ワンアクション・スリーゴール」という考え方を身につければ、お金もツキも3倍になる。ひと言で言えば「ひとつの行動を起こすときに、成果を最大化できるよう、3つ以上の目的を設定する」ということ。


藤野英人

本の投資効果を高める方法のひとつは、人から借りるという方法。自分の好みで選ぶだけでは出合えなかったであろうニッチな専門書からマンガまで広いジャンルの本に触れることができ、視野が広がる。そして、何より相手と仲良くなれる。


高岡浩三

お客さんが気付いていない問題を発見するには、「新しい現実」というのを見にいかなきゃいけない。新しい現実が、新しい問題を連れてくる。


田村耕太郎

先日、ハーバード大学の医学部の教授と話をしたのですが、こう言われました。「脳を鍛えるには、結局、体を鍛えるしかない」。血流をよくし、シナプスをつなげることが重要だというのです。米国では、ジムで情報端末を見ながら走ったり運動する人が大勢いますが、体を動かしながらだとよく記憶できる。飛行機で海外に到着し、時差ぼけを解消しようと朝5時にジムへ行くと、もう満員です。


弘兼憲史

大きな失敗を犯さず、誰もが次のステップに向けての通過点として安心して過ごせるようになっている。それが前例踏襲主義だ。このシステムの最大の欠陥は失敗に関する責任の所在があいまいになるという点だ。前任者も前前任者もその前も、同じことをしている。自分の順番でたまたまうまくいかなくても責任をとる必要はない。これではどこが間違っているのか原因の究明もできない。


新井将能

元々、事業の草創期というのは、まずは地域の人々の暮らしが豊かになるように、また何らかの形で地域のお役に立つように、という思いがあってスタートしているはずです。新庄(あらしょう)の起こりである雑貨の販売やガソリンスタンド、運送業などは典型的な地域密着事業です。ところが、企業の規模が次第に大きくなったり、あるいはトヨタの冠のもとで事業を行なうことが主軸になってきたりすると、どうやって売上を拡大するのかといった目先の経営指標に目的が変質し、元々あった起業家精神や創業の志を見失いがちになります。ですから、我々が事業を通して本来何をするべきなのかを常に示すために、「NEZAS(ネザス、根ざす)」を社名にしたのです。


ムーギー・キム(金武貴)

本当の一流は「遅刻しない」「締め切りを守る」「正しい言葉遣いを心がける」など、基本中の基本に緩みがない。


戴正呉

世界ではますます、スピードが勝負の分かれ目になっている。IoTの時代では、スピードをとにかく上げていかないと会社は生き残れない。シャープだけではなくて、他社もみんな意識は変わっています。その意味でも、シャープは創業当時のようなスピード感を取り戻す必要があります。


ビル・ゲイツ

マイクロソフトでは起業家的な発想が今後もずっと大事にされるだろう。なぜなら、我々の大きな目標は「生まれ変わること」だからだ。我々の製品に取って代わる製品を生み出すのは、他社ではなく我々自身でなければならない。


青木仁志

社員の成長にとって最も大切なのはほかでもない、経営者自身、上司自身のまっとうな物の見方・考え方。


水川あさみ

相手を見る自分の目線を少し切り替えるだけで、気づけることがたくさんある。


小宮一慶

ウォーレン・バフェットやさわかみ投信のような長期投資を前提としている投資家は、短期投資家の動きに一喜一憂しません。むしろ短期投資家が買いすぎるときには買わず、売りすぎるときは好機ととらえて投資し、長期保有します。バフェットは短期投資をしてくれる「プロ」のファンドマネジャーがいるおかげで自分たちは儲かるとハッキリ言い切っています。


ページの先頭へ