名言DB

9412 人 / 110637 名言

ルドルフ・シュタイナーの名言

twitter Facebook はてブ

ルドルフ・シュタイナーのプロフィール

ルドルフ・シュタイナー。オーストリアの教師、神秘主義者、舞踏家、建築家、農学者、医者、哲学者、数学者、ゲーテ研究家。ウィーン工科大学卒

ルドルフ・シュタイナーの名言 一覧

いかなる理念も理想たりえぬ限りは魂の力を殺す。しかし、いかなる理念も理想たりうる限りは、すべてあなたの中に生命力を生み出す。


偏見にとらわれずに観察しますと、地上に生まれてきた子供の霊的魂、あるいは魂的霊は、身体とまだよく結びついていないことに気づきます。教育の課題は霊的な観点から見ますと、この霊魂と身体との調和した結びつきの実現を意味するのです。


ルドルフ・シュタイナーの経歴・略歴

ルドルフ・シュタイナー。オーストリアの教師、神秘主義者、舞踏家、建築家、農学者、医者、哲学者、数学者、ゲーテ研究家。ウィーン工科大学卒

他の記事も読んでみる

久野康成

競合を即答できる経営者はかなり優秀です。「すべてが競合」とか「特殊な製品なので競合はいない」などと回答する経営者は、顧客の立場から自社を考えることができていないので、自社の競合を正確に定義することができないのです。


細谷英二

りそなは社外取締役のメンバーが取締役会の過半数を占めています。もともとは公的資金投入を引き金とする措置でしたが、いまは大企業病の予防策に社外取締役の存在が欠かせないと身にしみています。


黒田武志

リーダーは客観的に物事を見つめることが重要。


程近智

「いずれは社長に、と考えていたんですか」と聞かれることもありますが、特に目標に据えていたわけではありません。だいたい、能力がないのに社長になったら、会社はすぐにダメになるでしょう。その前に着実にいろんなステップを、上のレベルを踏まないといけない。


石川康晴

創業5年目でガクンと急降下。業績は赤字転落。そこでSPA(製造小売業)に取り組み始めて、2年後の2001年には売り上げ21億円、営業利益率27%の数字を叩き出したんです。「自分は天才じゃないだろうか」と勘違いしましたね。完全な勘違い。翌年には一気に倒産危機というところまで落ち込んだんです。創業5年目の失敗の原因と同じで、僕はすぐ天狗になってしまう。失敗というお灸を据えられても、その効果がずっとは続かないようです。


川本佐奈恵

完璧を目指さないで、6~7割できたら先に進むのが、英語の勉強を長続きさせる秘訣です。


川上哲治

企業に勤めると、冷や飯を食わされるときもある。そのときに愚痴をこぼしたり、腐ったりして、仕事をろくにしない人が多い。成功する人とは、この冷や飯を上手に食べた人であるといってよい。


楠めぐみ

最初は前職を辞めた時期に、「ちょっとやってみた」という感じでした。知人の家庭にホストになってもらい、一方でご縁のあった旅行社にゲストを紹介してもらって、試験的に4組のホームビジットをセットしたんです。ゲスト側は大喜びでしたが、気がかりだったのはホスト側の反応。実施後にヒアリングしたところ、意外にも「視野が広がった」とか「外国に対する見方が変わった」など、人間的な成長につながったとの声をいただけたんです。実は私が「ホームビジット」に込めた期待もそこにあったので、これを自分の事業にしたいと思うようになりました。


オマル・エル=アッカド

ジャーナリズムは今起きている出来事、目に見えている事実を書くもの。フィクションというのは出来事の背景にある「なぜ」を書くもの。


阿南惟幾

戦争は味方が苦しい時は敵も苦しい。もはや退却という時に、突然敵が撤退するのは、戦場では珍しくない事例である。なによりも、戦意を失わぬことが肝要である。


沼澤拓也

私は、独立してからの仕事のほとんどをハガキで培った人間関係でつないできました。でも、そういった人間関係は、本当は誰にでもあるものなのです。誰かに紹介してもらった人が、仕事をもってきてくれた、という経験のある人は多いでしょう。ただ、ほとんどの人はそういう人間関係について記録を残しておきませんから、次第にそれがみえなくなってしまうんですね。しかし、出したハガキの履歴を残しておけば、誰とどういう形で人間関係をつないできたかがみえるようになるのです。私は、これまでに送ったハガキは、どんな絵柄のものを使い、どんな文面で、どういう切手を貼っていつどこで出したか、ということまでデータベースに残しています。初めての方は、まずは書いたハガキのコピーを残しておくことから始めるといいでしょう。それを見直すことで、次のハガキを書くタイミングや、書くべき内容もわかるようになります。そうやって、人間関係を育てていく、という意識をもつことが大切だと思いますね。


原口博光(経営者)

個室にこもって計画をつくる。官僚であればそれで仕事が終わってしまうこともありますが、当社ではその先にある実行フェーズを軌道に乗せることが死活問題です。現場で汗を流し、社員たちと信頼関係を築かないことには、情報も上がってきません。計画を立てることさえできないのです。


堀正岳

「情報収集のテーマを絞り込むと、重要な情報を逃してしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。この感情の裏には、「世の中の話題に遅れたくない」という不安があります。しかし、広く浅くいろいろなことを知っていることは、いまの時代にはほとんど価値がありません。先ほどの不安を解消するために情報メタボになるよりも、「自分がこれと決めた分野で知っていなければいけないことには、必ず通じている」という状態を目指すことをお勧めします。


石川康晴

当社は店員も含めて、全社員が正社員です。創業時に同業の先輩経営者たちから、「アパレルは浮き沈みが激しい業界。会社の収益が悪化した時に備えて、店員はアルバイトとして雇っていつでも切れるようにしておくべきだよ。人は調整弁だからね」と聞いていた。だけど、僕はそうしなかった。そんな考え方では、いい人材が集まらないと思ったからです。


大野直竹

企業は止まることができない。進化し続けられるかどうか、前進し続けられるかどうかが企業の存在価値としてのあるべき姿。