名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ルディー和子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルディー和子のプロフィール

ルディー和子、るでぃー・かずこ。マーケティング専門家。ウィトンアクトン社長、早稲田大学大学院客員教授。国際基督教大学卒業、上智大学国際部大学院経営経済修士課程修了後、米国の化粧品会社エスティ・ローダー社のマーケティングマネジャー、雑誌『TIME』を発行するタイム・インクのダイレクトマーケティング本部長など米国企業のマーケティング部門で働いたのち、コンサルタントとして独立。第一回ダイレクトマーケティング学会賞を受賞したマーケッター。日本ダイレクトマーケティング学会副会長。

ルディー和子の名言 一覧

安いワケをストーリーとして語られると、消費者はその商品の価値を実際以上に高く見る傾向があります。


マクドナルドのクォーターパウンダーは、最も経済危機が迫ったときの発売でした。ヒットしたのは、あの値段に消費者が価値を感じたからです。消費者が求める値頃感とは、単なる安売りとはまったく違います。経営者は弱気になってはダメです。


単純に値段を下げてしまうと、経営者の弱気が消費者に伝わるんです。そしてさらにもっとさげるだろうと消費者は考えます。安い値段をありがたがらなくなります。


売り手は、変わったのは自分たちじゃないのか、不況の影響を受けているのはこちら側じゃないかと問うた方がいいと思います。自分の心理はマーケティングに出てきます。消費者は飽きっぽいと売り手はよく言いますが、じつは売り手側が飽きていることが多いし、弱気になって、高いと売れないだろうと思い込んでいるケースはよくあります。問題は消費者側だけにあるのではありません。


類人猿の時代から、人間は自由を欲してはいますが、不安があるときは仲間と一緒にいたい。高度成長時代には、そんな仲間をつくらなくても家族単位で団結できましたが、いまは一人暮らしの人が多い。Twitterやソーシャルネットワークサービスで仲間をつくるのは、ネットを通して仲間をつくりやすくなったこともありますが、やはり不安の表れでしょう。


ネット通販の人気が高いのは、自宅でできる便利なショッピングだからです。自分が一番安心を感じられる家で買い物ができるからです。不安な社会が続くときに、馴染みのある定番商品が売れるのも安心感が得られるためです。これまで長く使ってきた商品であれば、損はしないだろうと考えます。不安材料が少ないのです。


不況であっても何か行動を起こせるのであれば、人間はそう不安を感じないものです。ただ、現在の日本は政治も年金も医療も不確実性が高くて先が見えません。予測ができないと行動が起こせない。だから不安を感じてしまうのです。


他人から褒められ、社会的に評価されると脳が快感を得ます。報酬系と呼ばれる脳の一部が活性化します。企業は、富裕層の報酬系が喜ぶような高額商品を企画し、いまあなたがお金を使わなかったら日本経済は困るんだということを上手に教えてあげなくてはいけません。それこそがマーケティングです。お金持ちならその商品を買って当然、買わないと恥ずかしい、その商品を買うことが社会への貢献につながるというメッセージを広報活動を通して広げていくべきです。


マーケッター自身がすでに仮説を持っている場合、それを社内で通すために説得力のある論拠が必要になります。そういうときにネットで簡単に調査し、結果を都合よく使うケースがままあります。人間はどうしても自分の仮説に沿ったデータに目が行くため、現実とのギャップが出て失敗するのです。


複数の商品サンプルについて検討する会議で、直感的にAがいいと思っても、なぜいいのか論理的に説明できない場合、説明しやすいBを推してしまうんです。会議では論理的でなければならないという建前があるからです。しかし、それではいつまでたっても消費者の立場にはなれません。


無意識に行動する消費者に対して、論理的な発想のマーケティングで攻めるのはとても困難なことです。


生物物理学者は、人間の脳はいろんな状況を生き抜くために融通性が高く、いつも揺らいでいると言います。意識的に建前を応えたり、嘘をつく人もいますが、本人も気づかない無意識のところで判断をしていることがほとんどなので厄介なのです。


日本の企業は、自社アピールも弱いですね。こういう低迷期こそ、経営者は自社の個性を明確にして、顧客の心理を変えるのは自分だという意気込みが必要。共感してもらうのではなく、共感させるのだという強い意志を持つことです。顧客と一緒に不景気な気分に陥ってしまっては、元も子もありません。


企業戦略が失敗する原因は、結局は感情の問題。社内のしがらみや他社へのライバル意識、自分に都合のよいデータ解釈、そういったことが合理的な判断を狂わせたのです。


ルディー和子の経歴・略歴

ルディー和子、るでぃー・かずこ。マーケティング専門家。ウィトンアクトン社長、早稲田大学大学院客員教授。国際基督教大学卒業、上智大学国際部大学院経営経済修士課程修了後、米国の化粧品会社エスティ・ローダー社のマーケティングマネジャー、雑誌『TIME』を発行するタイム・インクのダイレクトマーケティング本部長など米国企業のマーケティング部門で働いたのち、コンサルタントとして独立。第一回ダイレクトマーケティング学会賞を受賞したマーケッター。日本ダイレクトマーケティング学会副会長。

他の記事も読んでみる

堀江徹

欧米企業は、企業理念とビジネスプランを受けて、その企業のグローバルリーダー像を明確にしている企業が多い。一方、日本の大手企業54社に対するグローバル化に関するアンケートの結果、グローバルリーダーの要件を確立していると答えた会社は11%となっている。


家本賢太郎

仕事と家庭の両立などというと、とくにベンチャー企業では、「理想的だけど現実的には難しくて無理」という会社が少なくないのですが、小回りの利くのがベンチャーの強みです。まずは目の前のできることから実践しています。


木川理二郎

中国人は食事を大切にします。一緒に食事をして個人的に親しい関係を築くことは、中国で仕事をするうえで本当に大事ですね。あの円卓というのは便利なもので、どこに座っても、みんなと目が合います。目が合ったら乾杯をしなくてはならないのですが、何度も乾杯した末に酔っ払った時など、不思議なことに片言の中国語でも意思疎通できましたね。一度、食事をして親しくなれば、それ以降は仕事もスムーズに進むようになります。


中野信子

まずは外面を変えてみるといい。内面は後から変わるんです。


大八木成男

30代半ばを過ぎて部下を持つようになると、どの企業でもさらに高いレベルの働き方を求められるようになります。それに応えるためには、自分で自分を高度化していかなければなりません。学び方もより拡張的になり、最後は発展的学びというところまで高める必要があります。ところが、基礎ができていないとそこには進めません。


宋文洲

残業しなくてもきちんと利益を出せることを証明したい。うちは午後5時半にオフィスの電機を半分消します。見ていってください。


大東隆行

いま、おかげさまで、お客さんがたくさん来てくれます。注文が立て込んで、忙しさに追い込まれることもたくさんあります。つい、不機嫌な顔をする店長や従業員が出てきます。それが一番いけません。そんなお店で料理を食べるお客さんの身になってください。不機嫌な従業員には声をかけにくいし、だいたい、料理がちっとも美味しく感じられません。だから僕は、「初心を忘れるな。お客さんが来てくれたことをありがたいと思って仕事をしろ」と言っています。


高橋和志(造船技師)

もう、船だけを造っているのではダメだとはわかっていた。異業種に参入し、自分たちの提供できる付加価値で勝負をしなければ。でも、あちこちに可能性を探ってみてもお金は出ていくばかりでね。高い授業料を払った。よその分野に授業料を払い続け、話を聞き、そのうち何となく自分たちの分野の強味が分かるようになっていったんです。建築の分野における造船技術の強味は、1から100まで、すべて自分たちで造れるところです。造船の世界では設計と施工が分かれてないからね。建築の世界では細かく分業化されてるでしょ。建築家が設計図を書く、ゼネコンが下請け業者に仕事を回す。すると、ただ「アルミを溶接する」なんてひとつの工程でさえ、専門家を呼ばなければ対応できないわけだ。造船の世界じゃ、そういうのは全部できないとオーダーメイドの船は造れない。どんな素材を切るのも、金属板の溶接も三次元加工も、お手のものなんだ。


常見陽平

夜型生活から朝型生活に転換するには、初めはやっぱり気合と根性で何とかするしかないんですね。まずは4日間だけなんとか気合と根性で続けてみてください。「三日坊主」とはよくいったもので、4日の壁を超えると身体も早起きに慣れてきて、それ以降は結構続くのです。それに、早起きがある程度続くと、今度はやめるのが怖くなって、やめられなくなりますよ。


リチャード・カールソン

人生は思い通りにいかないもの、他人はあなたの都合通りに動いてはくれないもの、これが真実だ。あなたに反論する人、あなたと違うやり方をする人、いくらやってもうまくいかないことは人生につきものだ。この基本線に刃向かおうとすると、人生の大半を戦ってすごすことになる。


吉越浩一郎

いわゆる「いい人」をやめるには、結果を出すこと。結果を出せば自信がつき、人目が気にならなくなる。すると新しい挑戦ができ、さらに結果が出る。それには、まずは自分ができることに集中し結果を1つ出す。それが大きな第一歩です。


ケリー・マクゴニガル

噂話がすべて、ネガティブなものとは限りません。他の人を褒めると、職場での自分の評価を高めることができるという研究もあります。組織的な調査によると、ポジティブな噂話をした相手(個人やグループ)にその言葉が直接届かなくても、それを聞いた人はあなたのことを、「職場を大切にし、職場に貢献する人」と見るようになることが分かっています。