ルディー和子の名言

ルディー和子のプロフィール

ルディー和子、るでぃー・かずこ。マーケティング専門家。ウィトンアクトン社長、早稲田大学大学院客員教授。国際基督教大学卒業、上智大学国際部大学院経営経済修士課程修了後、米国の化粧品会社エスティ・ローダー社のマーケティングマネジャー、雑誌『TIME』を発行するタイム・インクのダイレクトマーケティング本部長など米国企業のマーケティング部門で働いたのち、コンサルタントとして独立。第一回ダイレクトマーケティング学会賞を受賞したマーケッター。日本ダイレクトマーケティング学会副会長。

ルディー和子の名言 一覧

安いワケをストーリーとして語られると、消費者はその商品の価値を実際以上に高く見る傾向があります。


マクドナルドのクォーターパウンダーは、最も経済危機が迫ったときの発売でした。ヒットしたのは、あの値段に消費者が価値を感じたからです。消費者が求める値頃感とは、単なる安売りとはまったく違います。経営者は弱気になってはダメです。


単純に値段を下げてしまうと、経営者の弱気が消費者に伝わるんです。そしてさらにもっとさげるだろうと消費者は考えます。安い値段をありがたがらなくなります。


売り手は、変わったのは自分たちじゃないのか、不況の影響を受けているのはこちら側じゃないかと問うた方がいいと思います。自分の心理はマーケティングに出てきます。消費者は飽きっぽいと売り手はよく言いますが、じつは売り手側が飽きていることが多いし、弱気になって、高いと売れないだろうと思い込んでいるケースはよくあります。問題は消費者側だけにあるのではありません。


類人猿の時代から、人間は自由を欲してはいますが、不安があるときは仲間と一緒にいたい。高度成長時代には、そんな仲間をつくらなくても家族単位で団結できましたが、いまは一人暮らしの人が多い。Twitterやソーシャルネットワークサービスで仲間をつくるのは、ネットを通して仲間をつくりやすくなったこともありますが、やはり不安の表れでしょう。


ネット通販の人気が高いのは、自宅でできる便利なショッピングだからです。自分が一番安心を感じられる家で買い物ができるからです。不安な社会が続くときに、馴染みのある定番商品が売れるのも安心感が得られるためです。これまで長く使ってきた商品であれば、損はしないだろうと考えます。不安材料が少ないのです。


不況であっても何か行動を起こせるのであれば、人間はそう不安を感じないものです。ただ、現在の日本は政治も年金も医療も不確実性が高くて先が見えません。予測ができないと行動が起こせない。だから不安を感じてしまうのです。


他人から褒められ、社会的に評価されると脳が快感を得ます。報酬系と呼ばれる脳の一部が活性化します。企業は、富裕層の報酬系が喜ぶような高額商品を企画し、いまあなたがお金を使わなかったら日本経済は困るんだということを上手に教えてあげなくてはいけません。それこそがマーケティングです。お金持ちならその商品を買って当然、買わないと恥ずかしい、その商品を買うことが社会への貢献につながるというメッセージを広報活動を通して広げていくべきです。


マーケッター自身がすでに仮説を持っている場合、それを社内で通すために説得力のある論拠が必要になります。そういうときにネットで簡単に調査し、結果を都合よく使うケースがままあります。人間はどうしても自分の仮説に沿ったデータに目が行くため、現実とのギャップが出て失敗するのです。


複数の商品サンプルについて検討する会議で、直感的にAがいいと思っても、なぜいいのか論理的に説明できない場合、説明しやすいBを推してしまうんです。会議では論理的でなければならないという建前があるからです。しかし、それではいつまでたっても消費者の立場にはなれません。


無意識に行動する消費者に対して、論理的な発想のマーケティングで攻めるのはとても困難なことです。


生物物理学者は、人間の脳はいろんな状況を生き抜くために融通性が高く、いつも揺らいでいると言います。意識的に建前を応えたり、嘘をつく人もいますが、本人も気づかない無意識のところで判断をしていることがほとんどなので厄介なのです。


日本の企業は、自社アピールも弱いですね。こういう低迷期こそ、経営者は自社の個性を明確にして、顧客の心理を変えるのは自分だという意気込みが必要。共感してもらうのではなく、共感させるのだという強い意志を持つことです。顧客と一緒に不景気な気分に陥ってしまっては、元も子もありません。


企業戦略が失敗する原因は、結局は感情の問題。社内のしがらみや他社へのライバル意識、自分に都合のよいデータ解釈、そういったことが合理的な判断を狂わせたのです。


ルディー和子の経歴・略歴

ルディー和子、るでぃー・かずこ。マーケティング専門家。ウィトンアクトン社長、早稲田大学大学院客員教授。国際基督教大学卒業、上智大学国際部大学院経営経済修士課程修了後、米国の化粧品会社エスティ・ローダー社のマーケティングマネジャー、雑誌『TIME』を発行するタイム・インクのダイレクトマーケティング本部長など米国企業のマーケティング部門で働いたのち、コンサルタントとして独立。第一回ダイレクトマーケティング学会賞を受賞したマーケッター。日本ダイレクトマーケティング学会副会長。

他の記事も読んでみる

尾山基

帝人の役員の方があいさつに来られたときに、50歳以下で次のリーダーをつくるといいと言ったんです。エリートスクールをつくれと。僕は日商岩井時代、26歳と28歳のときに語学研修性としてドイツに行った経験がありますので、その意味はよく分かります。そこでよしと思いまして、25~29歳、30~36歳、37~46歳の3つのグループをつくって、昨年は経営やファイナンス、英語の教育を受けさせました。これが当社のエリートスクールです。


慎泰俊

私が通っていた高校には、3年生になったら1、2年生からお金を巻き上げるという悪い伝統がありました。この習慣をどうしても変えたくて、3年生で生徒会長になったときに同級生たちと話し合いを続け、なくすことができました。講堂に同級生の男子生徒150人を集めて「もうやめようよ」と提案したのですが、最初は「ふざけんな」という反応でした。1、2年生の間はずっと我慢して、ようやくお金を取る側になったのだから、ある意味で当然の反応です。サッカーをやっていて体は強かったのでいじめられたりはしなかったですが、ずいぶん陰で笑われていたようです。途中から言い方を変えました。最初は「間違ったことはやめよう」だったのですが、それだと反発があってうまくいきませんでした。そこで半年後から「自分たちでいい学校をつくって、歴史を変えよう」と方針転換したところ、共感してくれる人が増えてきて、いろいろな悪い習慣がなくなりました。


佐々木常夫

初めての仕事は不慣れだから大変だし、面白くないように感じる。でも、これも続けるうちに面白くなるのです。


前川正

私どもは、シェアを増やそうということよりも、ユーザー様に、当社ならではの提案、貢献をしていこうということに努めています。シェアが増えるか増えないかは、その結果だと考えています。


野田一夫

企業経営で営利だけを追求する経営者は、程度の差こそあれ大衆社会である先進国では反社会的といったイメージを負わされることにより、自社を成長の軌道に乗せることが無理なのです。単に顧客である大衆から見放されるだけでなく、経営者自身が自社の社員からノーを突きつけられるケースは、成熟した民主国家ならどこでも起こりますから、企業の長期的繁栄など、到底できっこありません。


町田勝彦

シャープには創業者である早川徳次氏が提唱した「他社に真似される商品を作れ」という伝統と遺伝子が息づいている。駄目ならいっそのこと他社にないものをつくろうじゃないかという逆転の発想だ。


加藤照和

経理部門で9年間働いたあと、子会社の整理・清算を手がける新設部門へ移りました。当時の社内では誰も経験したことがない未知の業務で、非常に過酷な日々でしたが、よき出会いにも恵まれ、乗り越えることができました。この時の経験は、かけがえのない財産として今も私の支えになっています。


ガー・レイノルズ

日本のビジネスパーソンの多くは、プレゼンのときにオーディエンスに顔を向けることなく、うつむいてボソボソと資料に書かれた内容を説明します。こうしたプレゼンはいかにも自信がなさそうに見え、提案内容にも信頼を置けなくなります。


上岡敏之

音楽の解釈はいろいろあっていいんです。自分の感性で自由に感じればいい。その感性を磨くのは日々の生活です。そこに少しでもゆとりがあると、世界が広がっていく。だから皆さんにも、クラシック音楽のドアを少しだけ開けておいてほしいのです。


山本為三郎(経営者)

ビールは軍需品に近いもので、これを供給して軍に協力しているではないか。山本五十六元帥は横山中佐をビール会社へ送って「ビールは爆弾よりも必要だ。空中戦をやるときにはどうしてもビールがなければならない。というのは機上では炭酸ガスが不足するので、ビールと一緒に、中に含まれている多量の炭酸ガスを飲んで耐久時間を長くする」と言われたことがある。だから我々がビールをつくることもひとつの国策ではないか。
【覚書き|太平洋戦争中に軍からビール工場を接収し、その工場の機材で燃料をつくるという命令を受けたときに語った言葉。説得は失敗し工場と原料すべてを取り上げられてしまった】


スティーブン・コヴィー

主体性を持つということは率先力を発揮するだけでなく、人間として自分の人生に対する責任を取るということである。


安藤浩之

いくら正論を主張しても、それが結果につながらなければ、会社組織では英雄にはなれません。結果を出し続けるからこそ、かみつかれて不愉快な思いをした上司も、最終的に高く評価する。つまり、結果が重要なのであって、正論でかみつくことが評価されたわけではない。そこを勘違いしてはいけません。


高田明(ジャパネットたかた)

私は「人生の中でどのくらい感動を味わって一生を終えるか」ということを大事に思っています。


団野村

私たちは「胡散臭い」「嘘つき」と思われていて、マイナスからのスタート。だからこそ、嘘は許されません。


フレデリック・アミエル

革命とは何か。それは自分の旗に記したある主義の名のもとに、権力の把握に成功した暴徒のことである。


ページの先頭へ