名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ルチアーノ・ベネトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルチアーノ・ベネトンのプロフィール

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

ルチアーノ・ベネトンの名言 一覧

100%満足することはありません。常に満点を追いかけてきたからこそ、いまのベネトンがあります。


自分たちがやるべきことをやってきた。それだけのことです。会社をつくった当初、家族を幸せにしたいと考えていました。会社の規模が大きくなり、対象が会社と従業員になりました。次がトレヴィーゾ、イタリア、そして世界と拡大していったのです。
【覚書き|トレヴィーゾ。北イタリア、ヴェネト州の都市。ルチアーノ氏の生まれ故郷。ベネトン本社がある】


会社は生まれたときから社会に対して責任がある。私はビジネスの中にいて、そこで得た利益を社会に返していきたい。


もちろん利益をまったく考えていないとは言いません。でも誰かがやるべきことを、他に誰もやる人間がいなかった。だからやることにした。というのが一番正しいですね。
【覚書き|ベネトンが多数の社会貢献活動を行っていることについての発言】


もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


ルチアーノ・ベネトンの経歴・略歴

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

他の記事も読んでみる

北端康良

「才能」=「感情」×「行動」×「能力」


堀之内九一郎

365日、真面目にやっていれば、アピールなんかしなくても絶対に認めてもらえる。


出雲充

会社が大変だった時期、ほとんどバングラデシュのことを思い出す余裕がなかったと言ってもいいと思います。とにかくお金がないという状況では、明日のお金のほうが先。ミドリムシでバングラデシュと地球の未来を救うといったことは、黒字になってから話すことだと思っていました。


サマセット・モーム

老齢を堪えがたくするものは、精神・肉体の働きが衰えていくことではない。思い出の重荷である。


旗持玲子

理念やビジョンを掲げている企業は多いですが、その理念やビジョンの実現のために若い社員に何ができるかを考えさせる努力をしている企業は多くありません。


大村浩次

不動産の売買と賃貸では客層が違うため、経営戦略もプロモーションも違ってきます。不動産売買は景気や金利の変化に応じて大きく変動しますが、賃貸はそんなにブレません。賃貸管理は日曜でも夜でも、日々、安定した収益が入ってきます。ですから今後も賃貸に特化していくつもりです。


國光宏尚(国光宏尚)

ゲームが当たるかどうかは、実際に出してみるまでわからない。


宮永俊一

公正で実直な企業活動を行う。いかなる形であれコンプライアンス優先が存続の基本要件で、その上に企業の発展がある。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分を抑制することから逃げている限り、本当の幸せを知ることはないでしょう。不運と弱さに身を沈め、精神的なコントロールのない無責任な状態で、低いレベルに留まり続けることになります。


木暮太一

いざという時に助けてもらうには、「交流会」で名刺を交換しても無意味。結局、自分の実力を上げて人の役に立つことが大切、ということになると思います。


浮川和宣

自分で創業したジャストシステムを離れ、新会社を立ち上げたのは、単純にやりたいことがたくさんあったからです。「引退してもおかしくない年齢」と言われましたが、意欲はまだまだ十分あります。ならば、ゼロから始めよう、と考えたのです。


竹内謙礼

書籍は、タイトルで売れ行きが大きく変わる。裏を返せば、タイトルが冴えないと、いくら中身がよくても、手にとってもらえないということ。企画書も同じで、タイトル次第で、じっくり読んでもらえるか、そうでないかが決まるのだ。