名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ルチアーノ・ベネトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルチアーノ・ベネトンのプロフィール

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

ルチアーノ・ベネトンの名言 一覧

100%満足することはありません。常に満点を追いかけてきたからこそ、いまのベネトンがあります。


自分たちがやるべきことをやってきた。それだけのことです。会社をつくった当初、家族を幸せにしたいと考えていました。会社の規模が大きくなり、対象が会社と従業員になりました。次がトレヴィーゾ、イタリア、そして世界と拡大していったのです。
【覚書き|トレヴィーゾ。北イタリア、ヴェネト州の都市。ルチアーノ氏の生まれ故郷。ベネトン本社がある】


会社は生まれたときから社会に対して責任がある。私はビジネスの中にいて、そこで得た利益を社会に返していきたい。


もちろん利益をまったく考えていないとは言いません。でも誰かがやるべきことを、他に誰もやる人間がいなかった。だからやることにした。というのが一番正しいですね。
【覚書き|ベネトンが多数の社会貢献活動を行っていることについての発言】


もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


ルチアーノ・ベネトンの経歴・略歴

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

他の記事も読んでみる

石坂泰三

私の財界に対する注文、それは第一に経済道義の高揚ということだ。いまの日本の財界に一番欠けているのはこれだと思う。


坂本龍馬

人間の一生で合点のいかないことが多いのは当然であり、運が悪ければ風呂から出ようとして転び、金玉を潰して死ぬという不運に見舞われる者もいる。そんな者に比べれば、私などは運が強く、どれだけ死にそうな場面に遭遇しても死ぬことはなく、たとえ自分から死のうと思っても生きなければならない状況になってしまう。


眞鍋政義

バレーボールには、ネットという障害物がある。そのため、もともと背が高くてパワーのある選手に有利な競技だ。しかし、日本選手には高さやパワーを望めない。勝つには発想の転換が必要である。そこで改めて思い至ったのは、バレーボールではボールが床に落ちなければ点数が入らないということだった。もともとレシーブでボールを拾いまくるのは日本女子バレーのお家芸ではあったがそれに磨きをかける必要があった。


澤田秀雄

ハウステンボスの再建時、私は現場をとにかく回りました。私にとってレジャー施設の経営は初めての仕事ですから、現場を回らないと何も分からない。だから店舗を回って、お客様の目線で、お客様だったらどう感じるかな、この置き方では見えないんじゃないかとか、ここはこうしたほうがお客様のためになるんじゃないかとか、気づいたことはどんどん言っていきました。そして改良させていきました。そうすると、だんだん反応が速くなってきたのは事実です。朝、指摘したら、午後には改善されているとか。あるいは翌日には改善されているとか。でも、私にしたら、まだ遅い。もっと速くできますね。


山崎和邦

この50年で市場平均が2倍以上になる大相場は6回。およそ8年に1回起きている。1990年から2003年の13年間はバブル崩壊後の異常時で、これを例外とすれば37年に6回。つまり6年に1回は大相場が訪れている。老後が20年なら3回は来る計算だ。


小杉友巳

会社には定年がありますが、人脈には定年はありません。定年後も現役でやりたいことをやる方法はないものかと考えたとき、私は人脈さえあればそれが可能だという考えに行き着きました。たとえば、何か事業を興そうとするときは、誰でも信頼できる仲間に手伝ってもらいたいと考えるものですよね。


伊藤淳史

目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。


宮田孝一

お客様のニーズに耳を傾けること、そしてときにはニーズを先取りした提案をお客様に積極的に行うことが求められています。


チャールズ・レッドドアー

積極的に打って出ないところに成功のあったためしはない。困難と危機にみずから勇気をもって対してこそ、本当に役立つ危機管理が出来る。


山下勝(経営学者)

望んでいない仕事をするときに必要なのが、状況に身を任せる。キャリア・ドリフト(漂流)の発想です。漂うようにキャリアを重ねているようでも、やりたいことが明確、つまり確固たるキャリア計画があれば、望む仕事に偶然出会ったとき、チャンスとしてそれを見逃さず取り組むことができます。


押切もえ

新しいことはたいがいお仕事がらみで機会をいただくんです。新しいことに挑戦できるのはとても楽しいし、可能性を広げるチャンスをいただいているということでもあるので、「自分にできるかな」という不安は常にあるのですが、悩む前に「やらせてください」と言ってしまうんです。


ジョン・カビラ

コミュニケーションでは、必ずしも饒舌である必要はありません。ただ、真摯で誠実でなければ、伝えたいことも伝わらない。それがゴールデン・ルール。