名言DB

9412 人 / 110637 名言

ルチアーノ・ベネトンの名言

twitter Facebook はてブ

ルチアーノ・ベネトンのプロフィール

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

ルチアーノ・ベネトンの名言 一覧

100%満足することはありません。常に満点を追いかけてきたからこそ、いまのベネトンがあります。


自分たちがやるべきことをやってきた。それだけのことです。会社をつくった当初、家族を幸せにしたいと考えていました。会社の規模が大きくなり、対象が会社と従業員になりました。次がトレヴィーゾ、イタリア、そして世界と拡大していったのです。
【覚書き|トレヴィーゾ。北イタリア、ヴェネト州の都市。ルチアーノ氏の生まれ故郷。ベネトン本社がある】


会社は生まれたときから社会に対して責任がある。私はビジネスの中にいて、そこで得た利益を社会に返していきたい。


もちろん利益をまったく考えていないとは言いません。でも誰かがやるべきことを、他に誰もやる人間がいなかった。だからやることにした。というのが一番正しいですね。
【覚書き|ベネトンが多数の社会貢献活動を行っていることについての発言】


もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


ルチアーノ・ベネトンの経歴・略歴

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

他の記事も読んでみる

竹田和平

どこかの会社に花の種の芽生えを見つけたら、花が咲くまでに5年は待っても構わないと思って臨めば、思いがけない銘柄を見つけられるものです。


今野由梨

傘寿(80歳)を迎えましたが、まだまだ社長を続けますよ。少なくとも100歳までは何としても現役でいたい。


こざき亜衣

真剣にやるってことの大切さは部活でも仕事でもなんでも同じ。結局は自分と向き合うことに繋がる。


ダニエル・ピンク

本来なら、上司にフィードバックをもらいたいところですが、それが無理ならば、自分で自分を評価する機会をつくればいいのです。月初にゴール(目標)を決めて、月末に進捗に対する評価を下す。どんな点で目標を下回ったか、もっと進歩するためにはどんなことが必要か等々。それを振り返ることで、自分の進歩を確かめるのです。少しでも前に進んでいることがわかれば、それが明日のモチベーションにつながるはずです。


辻庸介

起業で一番しんどいのは、仕事が進んだ感じがしないことです。ひたすら暗闇を必死に走り続けているのに、ひょっとしたら出口は反対方向かもしれない恐怖感と常に隣り合わせでした。


平野信行

これから金融ビジネスの環境は大きく変わるでしょう。むしろ私たちが変えていくくらいの気持ちでいます。


テリー伊藤

人生は白分だけが主人公じゃない。駅伝のひとりのランナーに過ぎない。自分のゴールで次の人にタスキを渡すんだってことを考えていれば、仕事の仕方も変わる。


高田明(ジャパネットたかた)

ヨボヨボになる前に社員にいろいろなことを伝えていきたい。一番大事なのは、この会社が100年続くようにすることです。女房とよく話をするんですが、「我々の時代は今よりもよかった」と言うのではなく、30年後が一番よくなるようにしたい。


和田裕美

営業マンはアフターフォローをしてこそ、人間関係が構築できる。こまめなサポートができる人だけが、お客様をファンにできるのだと思います。


南壮一郎

スポーツでも仕事でも同じですが、99%の苦しいことがあるからこそ、1%の楽しみがあるのです。


似鳥昭雄

普通の人は難易度の高い順に5つ並んでいると、5番、4番、3番と簡単な方から手をつけます。でも、大事なのは1番、2番。


笹氣健治

仕事を「見える化」することが、やる気を上げるカギ。面倒くさがりタイプは仕事を細分化すると実行しやすくなり、重い腰が上がる。燃え尽き症候群タイプは、些細な仕事でも実施したら書き出す。達成感が得られ、やる気が補充されます。


前澤友作

ブランドの方々は、「自分たちはカッコいいものをつくっているのだから、できるだけカッコいい売り場で売りたい」という思いがあるようです。


クリスティン・エドマン

小売業はスピードが命です。商品の売れ行きがよくなかったら、今日中に何らかの手を打つ。そんな感覚で動いていますから、資料づくりでモタモタしているなんて、もってのほかです。といいつつ、私も以前は小売りではなくメーカーにいたので、入社当初の店舗研修ではそのスピード感に驚きました。


小杉俊哉

上司から与えられた課題だとしても、自分の課題としてそのことに取り組み、結果にも責任を負う。そういう言動ができる人が、上司のみならず同僚からも評価を受け、信頼されるものなのです。