名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ルチアーノ・ベネトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルチアーノ・ベネトンのプロフィール

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

ルチアーノ・ベネトンの名言 一覧

100%満足することはありません。常に満点を追いかけてきたからこそ、いまのベネトンがあります。


自分たちがやるべきことをやってきた。それだけのことです。会社をつくった当初、家族を幸せにしたいと考えていました。会社の規模が大きくなり、対象が会社と従業員になりました。次がトレヴィーゾ、イタリア、そして世界と拡大していったのです。
【覚書き|トレヴィーゾ。北イタリア、ヴェネト州の都市。ルチアーノ氏の生まれ故郷。ベネトン本社がある】


会社は生まれたときから社会に対して責任がある。私はビジネスの中にいて、そこで得た利益を社会に返していきたい。


もちろん利益をまったく考えていないとは言いません。でも誰かがやるべきことを、他に誰もやる人間がいなかった。だからやることにした。というのが一番正しいですね。
【覚書き|ベネトンが多数の社会貢献活動を行っていることについての発言】


もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


ルチアーノ・ベネトンの経歴・略歴

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

他の記事も読んでみる

松本秀幸

高校時代に「7つの習慣」のカセットテープを聴いていました。いまだにそのテープで聴いた表現が口に出るほど、体にしみこんでいます。


加藤照和

経理部門で9年間働いたあと、子会社の整理・清算を手がける新設部門へ移りました。当時の社内では誰も経験したことがない未知の業務で、非常に過酷な日々でしたが、よき出会いにも恵まれ、乗り越えることができました。この時の経験は、かけがえのない財産として今も私の支えになっています。


赤羽雄二

仮説思考とは一度立てた仮説にこだわって独断的に仕事を進めることでは決してありません。その都度、速やかに修正を行うので、ビジネス分野でもまずは思い切って仮説を立てればよいのです。


海野つなみ

価値観は人それぞれだと思いますので、登場人物にも多様な立場の人を入れています。社会には自分とは違う様々な価値観がある。そこを描ければと思います。


松井道夫

おじいちゃん、おばあちゃんの頭になれよ。(覚書き|新聞広告で証券の専門用語をたくさん盛り込もうとした社員へのひと言。業界をまったく知らないおじいちゃんおばあちゃんにでもわかる平易な言葉で書けという戒め)


渡部昇一

江戸時代、武士の教育の第一は胆力を鍛えることにあったと思います。ガッツがあったからこそ、明治維新は成し遂げられた。私はそう考えてもいいと思います。


清水亮

プログラマーが得意なのは「最速化」ではありません。「最適化」です。「最適」は、1つの対象にフォーカスして、ベストな状態にフィットさせること。最適化はすべての仕事で求められる能力。


中田浩二(サッカー選手)

最後は自分で決めました。やっぱり夢を夢で終わらせたくなかったし、このチャンスを一度断ったら次がいつくるかわからない。このまま日本で終わっていいのか? という思いもあって、挑戦したい気持ちを大切にして行くことにしました。
【覚え書き|仏オリンピック・マルセイユへの移籍について】


柴山政行

優秀な人材は、よりやりがいのある職場=刺激のある職場へと移っていく。退屈させない職場とは、私はその人の能力より少しレベルが上の仕事を与え続け、ひとつひとつ成し遂げることで達成感を絶えず感じていける職場のことだと考えています。


重光武雄(辛格浩)

社会勉強が必要だったんです。外で苦労をさせなくちゃ。
【覚書き|長男次男を大学卒業後すぐに自分の会社に入れなかった理由について語った言葉。】 5


中谷彰宏

褒めるというのは、表現の問題ではありません。仕事の結果としてはまだ出ていないけれど、「こいつはこういうところで頑張っている」という点を見抜けるかどうか、つまり観察力があるかどうかの問題なのです。


山口拓朗

会話では「沈黙」を怖がらないことが肝心です。つまらなそうに見えて実は楽しんでいる、というケースは多いもの。相手はもともと寡黙なタイプで、沈黙を心地よく思っているかもしれません。