ルチアーノ・ベネトンの名言

ルチアーノ・ベネトンのプロフィール

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

ルチアーノ・ベネトンの名言 一覧

100%満足することはありません。常に満点を追いかけてきたからこそ、いまのベネトンがあります。


自分たちがやるべきことをやってきた。それだけのことです。会社をつくった当初、家族を幸せにしたいと考えていました。会社の規模が大きくなり、対象が会社と従業員になりました。次がトレヴィーゾ、イタリア、そして世界と拡大していったのです。
【覚書き|トレヴィーゾ。北イタリア、ヴェネト州の都市。ルチアーノ氏の生まれ故郷。ベネトン本社がある】


会社は生まれたときから社会に対して責任がある。私はビジネスの中にいて、そこで得た利益を社会に返していきたい。


もちろん利益をまったく考えていないとは言いません。でも誰かがやるべきことを、他に誰もやる人間がいなかった。だからやることにした。というのが一番正しいですね。
【覚書き|ベネトンが多数の社会貢献活動を行っていることについての発言】


もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


ルチアーノ・ベネトンの経歴・略歴

ルチアーノ・ベネトン。イタリアの経営者、政治家。世界的服飾ブランドを擁する企業グループであるベネトンの創業者の一人。イタリア生まれ。兄弟妹とともにベネトンを創業。世界120ヵ国に展開する大企業へと育て上げた経営者。その他、イタリア共和国上院議員を務めた。

他の記事も読んでみる

松井忠三

販売部長と商品部長を入れ替えることさえあります。違う立場で観ると全体像が見えてくる。


ハロルド・ジェニーン

経営者は経営しなくてはならない!経営者は経営しなくてはならない!経営者は経営しなくてはならない!何度言ったら、ほんとうにわかってもらえるのだろう?
経営者とは企業なり何なりを運営するマネジャーのチームを言う。経営するとは何かをなし遂げること。しなくてはならないとは、それをやり遂げなくてはならないということだ。


安藤徳隆

単なる面白いCMで終わらない「売れる仕組み」を作るところまで、考えています。


藤原弘治

お客様にとっても同じことだという観点で物事を捉えることが大事。お客様も不安定、不確実な環境の中に置かれているということをしっかり見据えることが大事。


松本幸夫

趣味というものは自然にできるものではなく、意識して始めなければできないものです。


根岸秋男

商品開発のイメージはいっぱいあります。企業秘密なので申し上げられませんが(笑)。5年先、10年先を見て、研究開発をしています。企画部にイノベーション推進室を作っているし、いろいろな所でそれぞれ研究開発、商品開発をする役割を認めています。


池田潤一郎

競争条件が厳しくなるということは、他社と違いを出せる強みを持つ企業が生き残るということ。


永野重雄

松永(安左エ門)さんは、絶えず新しいことに取り組んでいました。私は、「おじいちゃん」と遠慮なく言っていましたが、松永さんは自分の頭を鍛錬するために、常に自分自身に問題を持ちかけるんです。この気力には感心しました。


北川正恭

精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


須田将啓

長い目で見れば、失うものなど何もありません。失ったかどうかを決めるのは自分自身です。不運に巻き込まれてその時は嫌な思いをしたとしても、捉えようによって、それはチャンスに変わります。私は、基本的には得るものしかないと考えています。だから、とにかく挑戦してみてほしい。


谷脇宗

肉も普通に焼いて提供するのと、塊の状態で提供するのとではやはり印象が違います。鉄板で出して、ジュージューと焼ける音が聞こえるようにするなど、臨場感や楽しさも大事にしています。


武藤潤(経営者)

課長や部長だった時代を振り返ると、部下に言われて一番嫌だったのが「言われたことは何でもします」という発言でした。じゃあ会社が何も言わなかったら、何もしないのかと。聞こえはいいけれど、裏を返せば何も考えていないということですよね。


亀井勝一郎

読書とは一種の邂逅(かいこう)だ。読書の目的は、要するに自分の原点を発見するということに尽きる。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


井原裕(精神科医)

中には、「自分は7時間も寝ていないが元気だ」という人もいるでしょう。しかし、短時間睡眠にもかかわらず眠気を感じないのは、疲労を感じるセンサーが働かなくなっているからなのかもしれません。放置しておくとうつ状態を招く危険性があります。


ページの先頭へ