ルクレティウスの名言

ルクレティウスのプロフィール

ルクレティウス(ティトゥス・ルクレティウス・カルス)。共和制ローマ期の詩人、哲学者。著書に『物の本質について』『万物の根源 世界の起源を求めて』ほか。

ルクレティウスの名言 一覧

雨だれが激しく石をうがつのは、激しく落ちるからではなく、何度も落ちるからだ。


ルクレティウスの経歴・略歴

ルクレティウス(ティトゥス・ルクレティウス・カルス)。共和制ローマ期の詩人、哲学者。著書に『物の本質について』『万物の根源 世界の起源を求めて』ほか。

他の記事も読んでみる

古森重隆

たとえ能力があったとしても、自分のことばかり考えている人間は大成しない。


尾山基

段階的に人事制度を変えました。現在では、大卒で入ったとして、最短4年でマネジャー、5年で部長になれる仕組みになっています。頑張ってA評価を重ねれば、どんどん上へ行く。そのAが正しいかどうかのチェック機能はもっと働かせないといけませんが。45歳を過ぎたらもう経営陣に入っている、というのが理想です。


出口治明

読書でとくにお勧めしたいのは、古典を読むことです。古典は長いあいだマーケットで評価されて残っている本です。長く評価され続けているのは、いいことが書いてあるから。僕はいつもいっていますが、いま売れているビジネス書を10冊読むなら、古典を1冊読むほうが役に立ちます。


岡藤正広

焦ったらあかん。短期の利益よりもまずは、ブランドづくりやで。


佐々木常夫

やってはいけないのは、成果に応じて極端に給与で差をつけることです。日本人は欧米人と違って、給与のために仕事を頑張るという人は多くありません。「仕事の成果は仕事で報いる」というのが私の考え方です。自己実現欲求が満たされるスケールの大きな仕事を与えられた方が、多くの報酬を得ることよりもはるかにやりがいがあると思うのです。


飯島彰己

三井物産の創業の理念は、常に時代と社会のニーズに応えていくことです。昨年の東日本大震災と原子力発電所の事故を受けて、日本のエネルギー安全保障は非常に重要なテーマになっています。このために努力していくことこそが、三井物産に対するいまの時代の要請です。事業ポートフォリオを多少職牲にしても、エネルギー安保に寄与すること。それが第一の使命だと考えています。


池谷裕二

受験生のころ、「必勝合格」と壁に貼って自分を励ましていた人はいないでしょうか。泥臭い印象があるのか、最近は以前ほど見かけなくなった気がします。しかし、精神論だといって馬鹿にしてはいけません。紙に書いて自分にハッパをかけるのは実は理にかなったやり方なのです。無意識に脳にメッセージが届き、やる気をかきたててくれるのです。


逢沢明

あなたはビジネスや投資の確率が7~8割、と言われたらどう思いますか? 「これは結構イケる」と安心する人が多いのではないでしょうか。しかし本当に成功する人たちはじつは確率7~8割ではまだ危ないと思っているんですね。プロ野球や歌手を目指す才能溢れた人でも、なれる確率が9割以上超えている人ほど、ますます努力を続けます。これは投資の世界も同様。だからこそ成功確率7割を9割以上に上げる方法が必要になります。


吉田松陰

いたずらに身を衛(まも)ることを知る者、いずくんぞよく国(やす)を安んぜんや。
【覚書き|保身に走る人がどうして国を守れるだろうか】


笹宏行

いかに仕組みを整えても、心が入っていないとダメです。どんなに完璧なガバナンス(企業統治)体制を構築しても、組織的に嘘をつけばそれが通ってしまうこともあります。だからこそ、経営の執行にあたる人間は潔癖すぎるくらいの倫理観を持たなくてはいけません。


坂根正弘

日本人は細かく仕事すればするほどいいと考える傾向があって、人事や経理のITシステムも自前でつくりこもうとします。一方、アメリカの会社は、人事や経理みたいにどこの会社にもある仕事については自前でつくらず、既製のシステムを使う。その差は社会全体で考えると人材の流動性が容易になったり非常に大きいものがあります。


谷厚志

何らかのトラブルで怒っている方は「自分がどんな嫌な目に遭って嫌な気持ちになったか」や「お前のミスによって私の立場がなくなった」ことをわかって欲しいと思っているので、まず何か起きたのかを理解する。そのうえでお詫びをするのです。「交換します」「代金はお返しします」と、早くその場を収めようとする人も多いのですが、かえって怒りに油を注ぎかねません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

収入を増やすのはなかなか難しいですが、支出は全て自分にかかっています。支出をコントロールする力は、年金生活に入ってから生活レベルを落とさなければならなくなった時にも威力を発揮しますしね。そういう基礎力が身に付いていれば「老後のために運用しなくては」という強迫観念に駆られる必要はないはずです。普通はね。


アマデウス・モーツァルト

誰のどんな褒め言葉も非難も気にすることはない。私はただ自分の感性に従うだけだ。


落合信彦

課長のままで終わるなら、10人程度を動かせればいい。しかし、もっと出世したいなら、一桁違う人数を統率しないといけない。とても自分一人の力では仕事をなしえない。部下を育てるのは自分のためでもある。


ページの先頭へ