名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ルカ・パチョーリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルカ・パチョーリのプロフィール

ルカ・パチョーリ、ルカ・パチオリ。イタリアの数学者、修道僧。中世イタリアで複式簿記を体系化した人物。世界初の印刷された複式簿記の本を執筆。近代会計学の父と呼ばれた。ピサ大学、ボローニャ大学、ペルージャ大学、ローマ大学などで教鞭をとった。

ルカ・パチョーリの名言 一覧

商売の成功に必要なものが3つある。

  1. 適切な額の現金
  2. 数字を正しく取り扱える人物
  3. 事業の財務状態が一目でわかる会計システム

ルカ・パチョーリの経歴・略歴

ルカ・パチョーリ、ルカ・パチオリ。イタリアの数学者、修道僧。中世イタリアで複式簿記を体系化した人物。世界初の印刷された複式簿記の本を執筆。近代会計学の父と呼ばれた。ピサ大学、ボローニャ大学、ペルージャ大学、ローマ大学などで教鞭をとった。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

基本的に、発見(わかる)から発表(伝える)までにはたいへんに時間がかかるものです。だいたい、どのような発見を発表するのだとしても、1年以上はかかるのではないでしょうか。以前に、世界でも有数の大発見をなさった日本人研究者に「発見から発表までの時間の長さ」について聞いたことがあります。すると、「自分の場合には5年から7年だな」と言われました。見えているのに説明できないことも、たくさんあるんですよね。


山口絵理子

やる気のある人ほど厳しい雰囲気の方がいいと思うようです。もっとチャレンジできる仕事がしたいという希望を本人がもっているなら、それをおさえる必要はありません。幸いなことに当社はベンチャー企業なので、挑戦をしたいという人に与える課題には事欠きません。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

デザインの仕事で大切にしていることは、長く残るものにするということですね。1980年代、バブル経済の時期に痛感したのは「デザインは生きものなので、見守って育ててやらなければ死んでしまう」ってこと。その頃には、短期集中で売りまくるという風潮が強かったですから。その流れで、本来だったら長く企業や商品の財産となっていったはずの伝統的なデザインがどんどん消されていってしまいました。1990年代にそれぞれの企業が伝統的なデザインの重要性に気づく頃には、もうたいていの企業におけるデザイン資産はポロポロになっていたんです。そういうことがあったからこそ、その後、企業はデザインを継続させるということの大切さを理解してくれるようになったので、必要なプロセスでもあったのかもしれませんけれども。


恵俊彰

36歳から『ミュージックフェアー』の司会はやっていたんですけど、40代になって、まさか情報番組のMCをやることになるとは……。それも昼の帯番組ですよ? そのころTBSでは、お昼の情報番組の時間帯は「魔の時間帯」と言われていて。それまで何人のMCがやってもうまくいかなかったんですよ。だから、まあ、僕なんかに声がかかったのかもしれませんけどね、駄目モトでと(笑)。


安川第五郎

会社浮沈の瀬戸際に来て、未練がましいことを言っていては何もできない。モーターの担当者を残した他は全部辞めてもらった。そのことが今日までの私の生涯中、一番苦難の絶頂であった。私は涙をのんで訳を話した。それを言い渡すときの苦しさはいま思い出してもぞっとする。しかし、みんな私の苦しさと私の考え方をよくくんでくれて、誰ひとり私を恨む者はなかった。その代わり私は辞めてもらった人たちをどこまでも世話をしてやった。
【覚書き|昭和5・6年の大不況で経営難に陥った当時を振り返っての発言】


鈴木敏文

変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。


柴田励司

リーダーはいわば飲み会の幹事役であり、メンバーに気持ちよく働いてもらうための場づくりに腐心すべきです。メンバーを権限で引っ張ろうとせず、いかに気持ちよく働いてもらえるかに気を配る。そうしていると、不思議なことに組織は自然に最適な方向へ動いていくものです。


川本隆一

40歳くらいのとき、仕事で壁にぶつかり、思うように周りから評価もされず、非常に迷っていた時期があります。かの孔子は「四十にして惑わず」と述べていますが、凡人にとっては、なかなかそうはいきません。逆境にあって、人生とは何か、生きるとは何かを真剣に考えさせられました。


糸井重里

生産者側の僕らの仕事は、「お客さんは何をうれしいと思うか」を一生懸命に考えて具現化すること。うれしいと思ってくださって多くの支持を得た商品ほどよく売れます。


南雲吉則

まずは食事を減らして気持ちを変える。そうしたら仕事の仕方が変わり、成果も変わる。


柳澤大輔

高校時代に自動車部に所属し、運転の正確さを競う「フィギュア」という競技を行っていました。それを通じて、まっすぐ走るためにはハンドルを固定するのではなく、小刻みに動かすほうがいいという知見を得ました。仕事にも通じるところがあります。面白いものを追求するには、貧乏ゆすりでも何でもいいので、動き続けたほうがいいのです。


西任暁子(西任白鵠)

自らに対して「こうあるべき」という理想像が明確な人が多いですね。しかし、それは逆に言うと高い理想を持っていて、「今の自分ではダメだ」と思っているということ。そんなとき、理想に反する行動を他者にとられると、見たくない自分を見せられた気がして、心の安全を脅かされます。この状態になると、人は反射的に感情的になるのです。