名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ルイ・フェルラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルイ・フェルラのプロフィール

ルイ・フェルラ。スイスの高級時計メーカー「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO(最高経営責任者)。ベルギー出身。フランスのビジネススクール卒業後、大手小売、時計専門商社などを経てリシュモングループに入社。カルティエ現地法人CEOなどを経てヴァシュロン・コンスタンタンCEO。

ルイ・フェルラの名言 一覧

我々は目利き向けのブランドだ。エレガントであること、控えめであること、そしてディテールのバランスや仕上げの美しさが、彼らから高い支持を集めている理由だろう。


よく「言葉よりも体験のほうが記憶に残る」というが、時計師と顧客が良好な関係をつくり一緒に時計を制作すれば、完成した時計は顧客にとって思い入れの強い格別な一本になる。今後はそうしたエンゲージメントの構築に注力し、顧客とのつながりを強化したい。


時計そのものの価値はもちろんのこと、それ以外にも顧客と共有したいエッセンスが多くある。我々にどんな歴史があり、どんなノウハウを持っているかをもっと伝えていくことが必要だ。そのために(完全オーダー時計)レ・キャビノティエは重要な位置付けとなる。


ルイ・フェルラの経歴・略歴

ルイ・フェルラ。スイスの高級時計メーカー「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO(最高経営責任者)。ベルギー出身。フランスのビジネススクール卒業後、大手小売、時計専門商社などを経てリシュモングループに入社。カルティエ現地法人CEOなどを経てヴァシュロン・コンスタンタンCEO。

他の記事も読んでみる

田村潤

「会議を見れば、会社がわかる」。キリンビールを辞め、多くの経営相談を受ける立場になった私が今、確信していることです。たとえば、上の人間が指示を出すだけで議論など皆無、部下はそれを聞くだけの会議をする会社。間違いなくワンマン企業です。あるいは議論がダラダラと続くだけで、結論に至らない会議ばかりの会社は実務能力が低い。必ず業績が下がるといった具合です。そして、会議を見れば会社がわかるように、「会議が変われば、会社も変わる」んです。


古森重隆

経営者のところには、完全な情報は上がってこない。とっさに得られた限られた情報を基に、全体を読んで最適な手を打たないといけない。とにかくスピードが大事。


溝口勇児

私自身、知識や知恵が足りないことは自覚していたので、何でも吸収してやろうという思いも強かった。手前味噌ですが、おかげで成長は速かったと思います。


野村忠宏

五輪の舞台では全国民が見守る中で戦うわけですから、想像以上の恐怖心とプレッシャーを抱えます。四六時中、競技のことしか考えないようでは、押し潰されてしまう。集中する時は集中し、遊ぶ時は思いっきり遊ぶといった「切り替え力」は重要です。


前澤友作

「仕事、楽しんでますか?」と言われると、ドキッとしませんか?僕自身、いつも楽しめているかというと、そんなことはありません。仕事が楽しくない。そのことに気づくと、自発的に何かを考えようとします。スキーで初心者コースばかり滑っていると楽しくなくなるので、上級者コースに行くようなものです。新しい計画を提案しようとするかもしれないし、仕事が早く終わるように工夫するかもしれない。会社を辞めるという選択になるかもしれませんが、多くの場合は、会社にいい影響をもたらすと思います。


スティーブ・ジョブズ

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?


川田篤(経営者)

業務管理システムの分野では競争相手は多いですが、日本の産業界を長く支えてきた製造業や建設業、小売業ではなく、当社は広告業界やサービス産業など、割と近年、力をつけてきたようなお客様をターゲットにしていまして、ここを中心にやっている会社はまだ少ないです。


下地寛也

答えまで、最短・最速でたどり着く決まりさえ覚えてしまえば簡単。「WHY思考で考える」「図で考える」「アイデアや解決策を出せるだけ出す」。この3つの思考を身につけましょう。


野澤隆

部下を叱るときは「○か×で答えを求めず、意見として答えられる質問を投げる」のも重要。たとえば部下がある店舗の責任者で、売り上げが落ちている場合、その事実を叱る前に、「売り上げをどう思う?」と感想をたずねる形で聞く。相手は○×ではなく、自分の意思を自分の言葉で伝えられるので圧迫感が軽減するはずだ。そして結果的に「売り上げの減少を防ぐには仕入れ価格を下げる」など、部下自ら結論にたどり着くことができれば、叱られた印象は残りにくい。


ダニエル・ピンク

なりたい自分にすぐになれるわけではないので、地道な努力を続けながら少しずつ近づけばいいのです。現状に不満がある人は、その状態から脱するために、今日できることを書き出してみる。些細なことでも長期的にその方向を目指して進むことが大切なのです。


サティア・ナデラ(サトヤ・ナデラ)

事業を見直すことは困難を伴うが、成長するためには避けられない。


福地茂雄

アサヒビール社長時代、コンビニエンスストアの社長と話をしていて、「一番の売れ筋商品は何ですか?」と聞くと、「おにぎりです」という答えでした。同じ日に外食チェーンの社長に会ったので同じ質問をすると、「おにぎりです」と同じ答えが返ってきました。まったく異なる業界で同じものが売れている。面白い現象だと思いました。ひとつの業界だけを追っていては見えないことがあります。売れ筋がおにぎりというのも、情報を共有して初めてわかることです。そうすると、「食べる場所が異なっても選ばれるのはおにぎり。では、どのようなおにぎりを開発すればいいのか」という視点から商品開発ができます。ここにビジネスチャンスがあります。縄張り意識が強くては発見できない事象が増えているのです。