ルイ・フェルラの名言

ルイ・フェルラのプロフィール

ルイ・フェルラ。スイスの高級時計メーカー「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO(最高経営責任者)。ベルギー出身。フランスのビジネススクール卒業後、大手小売、時計専門商社などを経てリシュモングループに入社。カルティエ現地法人CEOなどを経てヴァシュロン・コンスタンタンCEO。

ルイ・フェルラの名言 一覧

我々は目利き向けのブランドだ。エレガントであること、控えめであること、そしてディテールのバランスや仕上げの美しさが、彼らから高い支持を集めている理由だろう。


よく「言葉よりも体験のほうが記憶に残る」というが、時計師と顧客が良好な関係をつくり一緒に時計を制作すれば、完成した時計は顧客にとって思い入れの強い格別な一本になる。今後はそうしたエンゲージメントの構築に注力し、顧客とのつながりを強化したい。


時計そのものの価値はもちろんのこと、それ以外にも顧客と共有したいエッセンスが多くある。我々にどんな歴史があり、どんなノウハウを持っているかをもっと伝えていくことが必要だ。そのために(完全オーダー時計)レ・キャビノティエは重要な位置付けとなる。


ルイ・フェルラの経歴・略歴

ルイ・フェルラ。スイスの高級時計メーカー「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO(最高経営責任者)。ベルギー出身。フランスのビジネススクール卒業後、大手小売、時計専門商社などを経てリシュモングループに入社。カルティエ現地法人CEOなどを経てヴァシュロン・コンスタンタンCEO。

他の記事も読んでみる

萩本欽一

毎日世話してるうち、だんだん花の気持ちがわかってくるんです。菊なんか水が欲しいと葉をたらして「お水ちょうだい」って言ってくるし、「暑くてたまんないよ~」とか「暑くてもぜんぜん平気、お水もいらないもん」て言ってる花もあるし。去年いっぱい咲いたのに今年は咲かなくて、「なにがご不満なんですか?」って聞いても、ちっとも返事してくれない花もあるんだよね。かわいいですよ、花って。動物みたいに動かないけど、3日見ないと変化してたりする。昔は「盆栽が趣味です」なんていう人に会うと、どこが楽しいのかなあなんて思ってたけど、今はちょっとわかりますね。歳をとると、ゆったりと育っていくあの植物のペースが自分のリズムに合ってくるの。


西原理恵子

自分でお金を稼ぐっていうのは、ひとつひとつ自由を勝ち取ることなんですよ。だから娘にも言ってきたんです。社長さんのお嫁さんになるより、社長さんになりなさい。お寿司も指輪も、自分で買ったほうが楽しいよって。娘は、今、やりたいことが見つかって、必死でそれにしがみついてるところ。


高岡浩三

顧客の問題について考えるときは、まずはできるだけ大きく問題を捉えるとよい。一般的に、マーケティングにおいてはターゲティング(顧客層の絞り込み)が重要だと言われるが、最初から問題を絞り込む必要はない。少なくとも私は、ターゲティングから入ることはない。それよりも、今、世の中で起こっていることを俯瞰で捉え、大きな問題設定から入ることがほとんどだ。たとえば現代の日本なら、「高齢化社会の問題とは何か」を考えてみる。


小山龍介

学んだことをシェアすることで、「勉強している」「熱心だ」という印象を与える自己ブランディングの効果もあり、人や情報が集まるようになります。周りからの期待が高まることで、もっと学ぼうというモチベーションが上がることにもなります。


早川周作

成功した方に、その成功の理由をお聞きすると、皆さん「運」だとおっしゃいますが、誤解してはいけないと考えます。血のにじむような努力、辛い思いがあり、志を持って継続したからこそ「運」を掴めたのだと思うからです。


小坂敬

何事も覚悟を持って取り組むことが大事。自分が「これだ」と思って始めたことは、責任を持って最後までやり遂げ、結果を出す覚悟で臨むべきだ。


本多孝光

我が社のモットーは、「自分で考え、自分で作り、自分で売る」。技術と感性を融合したクリエイター型メーカーを目指している。


菊川剛

以前、飛行機で永守さん(永守重信、日本電産社長)とご一緒しました。永守さんは座席でずっと仕事していました。私がウトウトひと眠りして目を覚ますと、まだ仕事をやっているのです。


村田昭治

組織編成は企業の側の都合で決めてはいけない。顧客の側から価値創造であるような組織編成に変えるべきだ。


樋口卓治

僕はいつもネタ帳をふたつ持ち歩いています。ひとつはアイデアのヒントを書き留めるノート。もうひとつは、それを整理して形にするためのノートです。キャッチしたネタは、ノートにメモします。といっても、まだその時点では番組企画とはいえません。一冊目のノートに、企画の材料としてネタをストックし、二冊目のノートに、「なんでそれを面白いと思ったか?」を考えて、まとめます。すると、面白さが理論化され、徐々に番組の企画として成立してくるのです。


ウォーレン・バフェット

投資による十分な利回りを得るためには投資のエキスパートである必要はない。エキスパートでない場合は、自分の限界を認識して、道理にかなった収益を確実に拳げられるコースを選ばなければならない。


浜口友一

企業にとって、システムトラブルはいつ起こってもおかしくないわけです。この現実を経営者は知り、腹を括ってシステムの仕事にいまよりも強い関心を持ってほしいのです。社内でシステム障害を想定した対策訓練を実施するとしたら、CIO(最高情報責任者)やシステム部長に任せず、社長自ら参加すべきです。


鈴木喬(経営者)

強いブレーキがあってこそ、安全にアクセルを踏み込めるのだと思います。独裁者であると同時に、謙虚にアドバイスに耳を傾ける「もう一人の自分」がいれば、経営のリスクは減るでしょう。


遠藤功

日本でリーダーシップ教育を重視してこなかったのは事実でしょう。日本は、意図的にリーダーを育ててこなかったし、重視してきませんでした。きちんとした実務家を育てることはしてきましたが、実務家は必ずしもリーダーではありません。だから、実務家としては何とかなりますが、先天的にリーダーシップの才能を持っている人以外は、リーダーのポジションになるとダメになってしまう。つまり突出した人間を作ることを嫌がってきたのです。


鷲田小彌太

一人になりたいと思うのは悪いことじゃない。一人になれなかったら、自立もできませんよ。


ページの先頭へ