名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ルイス・バークスデールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルイス・バークスデールのプロフィール

ルイス・バークスデール。アメリカ人教育者。「金沢工業高等専門学校」校長・教授。フロリダ州エッカード大学アジア研究専攻卒業、テキサス大学大学院博士課程修了。名古屋金城学院中学校高等学校英語教員、ハワイ大学英語科教員助手、金沢工業大学講師・助教授・教授・基礎語学教育研究所所長、金沢工業高等専門学校校長などを務めた。

ルイス・バークスデールの名言 一覧

科学というものは好奇心を持つ人が取り組む学問。人間が持っている好奇心を壊さない教育こそが大切。


日本語の「勉強」というと緊張を強いられるイメージがありますが、英語の「ラーニング」には「わからないものを自然に理解していく」というニュアンスがあります。これを大切にしたい。


学生たちが地域社会と交流できる仕組みをつくりたい。学生たちが地域社会に出て、そこで現実に何が起きているかを自分の目で確かめてほしい。


最近はグローバルイノベーションが進み、5年前の技術はもう通用しませんし、10年後に今ある職はないかもしれない。技術分野で活躍する人にとっては、イノベーションは毎日の問題、一生の問題になる。


求めているのは自分で疑問を抱き、自分で面白いものを見つけるタイプの学生。もしかしたら、教室で先生の話をあまり聞かないかもしれないし、ちょっと扱いが難しいかもしれない(笑)。でも、自分から動くタイプの、志のある学生に来てもらいたい。


全寮制の狙いはいくつかあります。まず24時間体制の教育を行いたい。教員・職員・学生の全員でひとつのコミュニティーをつくり、そこで一緒に学んでもらいたいのです。アメリカで主流になりつつあるSTEM(ステム)教育を導入し、数学・理科、初期レベルの工学の授業もすべて英語で行います。


グローバルイノベーションのリーダーになれるようなスキル、知識を養わなければいけない。最近読んだ人工知能(AI)に関する本の中にこんなことが書かれていました。「人間にしかできないのは、疑問を持つこと、質問をすること、いい課題を見つけること」だというのです。これこそが本物のイノベーターが持つべきスキルなのではないか。


ルイス・バークスデールの経歴・略歴

ルイス・バークスデール。アメリカ人教育者。「金沢工業高等専門学校」校長・教授。フロリダ州エッカード大学アジア研究専攻卒業、テキサス大学大学院博士課程修了。名古屋金城学院中学校高等学校英語教員、ハワイ大学英語科教員助手、金沢工業大学講師・助教授・教授・基礎語学教育研究所所長、金沢工業高等専門学校校長などを務めた。

他の記事も読んでみる

蔵田理

私は常々、仕事に欠かせないのは2つの「C」であると考えてきました。「コミュニケーション」と「コンファメーション」です。コミュニケーションの基本は挨拶です。コンファメーションには「確認」という意味がある以外に、コミュニケーション(挨拶)の対として、「返事」という意味があります。会話のキャッチボールこそが、仕事上の些細なミスを防止することにつながります。


守安功

シンプルに話すという意識は、グローバルな展開をするようになり、さらに強くなりました。外国人とのコミュニケーションでは、自分の考えを明確に伝えることが何よりも重要です。


三池崇史

役作りという言葉にこだわりすぎると、台本のセリフとか登場人物の背景に演技が閉じ込められていってしまう。そこから彼らを解放するというのも、監督の役割だと思います。


羽鳥兼市

私利私欲がいけないわけではないのですが、志ですから、第三者のためになる何かをアイデンティティとして求めていくことが前提になるでしょうね。


川田達男

自ら商品を企画、製造し、販売していかない限り企業としての成長はあり得ない。入社直後から事あるごとに会社上層部にこう訴えました。


山谷親平

お互い黙っていてはわからない。自分の話し方に磨きをかけるしかないだろう。


福原義春

たかが文字かもしれないが、正しく使うことが企業の品格を表す。


ジェームズ・ダイソン

最近では、英国の研究開発センターを約2億5000万ポンド(約425億円)かけて拡張することを発表しました。世界の家電市場を見渡すと、競争がさらに激しくなっているからです。研究開発費を2年で2倍に、4年後には現在の4倍にまで引き上げます。生産規模も同様に拡大し、競争力を高めていくつもりです。


水野学

僕の中で、アートディレクションは「広く見る」こと、デザインは「深く見る」ことという区別をしています。「広く見る」というのはものごとを俯瞰して道筋をつくることで、「深く見る」というのはあらゆる細部を検証して精度を高めていくことです。


細谷功

論理的思考力を鍛える方法はいろいろですが、簡単かつ効果的な方法があります。それは、「論理的でない人の話し方に注目する」こと。具体的には、「話に脈絡がない人」の話し方を観察するのです。論理的でない人は「自分では気づいていない」ことが多く、逆にそれは他者からはよく見えるからです。それを我が身に置き換えてみることです。たとえば、「今日は大雨だったので、昼ご飯はカレーだった」と言われたとします。こういう人の話は一見つながっていないようで、多くの場合、そこに「隠れた前提」があるもの。たとえば「大雨のせいで外食ができなかったから、ビル内で販売されているカレーを食べた」のではないか、などと推測してみるのです。そういう癖をつけておけば、論理的思考力を高めるトレーニングになるとともに、人に伝える際にもよりわかりやすい表現で伝えることができるはずです。


古川禎久

優秀な官僚を上手に使いこなし、何か問題がおこれば政治が責任をとる、というのが本当の政治主導。官僚を悪と決めつけてしまってはどうしようもない。


青木擴憲

必ずではないところが人生の難しいところ。でも、辛くても努力しなければいいことがあるはずもありません。大事なことは前向きに頑張ることです。