名言DB

9412 人 / 110637 名言

ルイス・ガースナーの名言

twitter Facebook はてブ

ルイス・ガースナーのプロフィール

ルイス・ガースナー。アメリカの経営者。IBM会長兼CEO。ハーバード大学卒業後、米国大手コンサルティング会社マッキンゼーに入社。その後、アメリカンエキスプレスの社長、世界最大の食品会社RJRナビスコの会長兼CEOを経てIBMに会長兼CEOで招聘される。就任当時IBMは、大きくて絶滅寸前ということでマンモスと揶揄されていた。ガースナーは顧客中心主義へと企業文化をシフトさせ2年で経営再建をなし遂げた

ルイス・ガースナーの名言 一覧

私自身には戦略などと言ったものはない。いまの我々の企業にとってはそんなものは重要ではない。


経営改革を後退させないようにするには、企業文化、社風を変えることだ。永遠に業務改善を続けさせることが大切だ。


従業員は昔に戻りたがる。それを防ぐのがリーダーの役割だ。


危機は良き友。時間はライバル。
【覚書き|経営改革を成功させる秘訣とは何かと問われての言葉】


IBMのお客様が、IBMを経営していると思ってほしい。


ルイス・ガースナーの経歴・略歴

ルイス・ガースナー。アメリカの経営者。IBM会長兼CEO。ハーバード大学卒業後、米国大手コンサルティング会社マッキンゼーに入社。その後、アメリカンエキスプレスの社長、世界最大の食品会社RJRナビスコの会長兼CEOを経てIBMに会長兼CEOで招聘される。就任当時IBMは、大きくて絶滅寸前ということでマンモスと揶揄されていた。ガースナーは顧客中心主義へと企業文化をシフトさせ2年で経営再建をなし遂げた

他の記事も読んでみる

肥後克広

一番印象に残っているのは、番組でジンベエザメに食われたことですかね。あれは命を賭けた戦いでした。本当に動物ものが一番怖いですよ。彼らはお約束をわかってくれないので。


金田一秀穂

僕はあえて言いたい。お金の使い方に、若いうちからこだわってほしいと。例えば、A5クラスの和牛を食べてみるとか、本場ウィーンでオペラを観ちゃう、とかね。こういう若い時の背伸びが、のちのち、いい話のネタとなって甦ってくるんじゃないだろうか。「大人になってからでもいいか」って? いやいや。感性の鈍る僕くらいの歳になるとオペラを観ても「こんなもんか」で終わっちゃう。サシのきれいな高級和牛だって、食べるたびに胃がもたれて全然おいしくない(笑)。お金は若いうちに使ってナンボですよ。


荻田伍

経営は「これで大丈夫だ」なんて思えるときは一瞬もない。


松井道夫

私は常々、日本をだめにしているのは「かね」人種、つまり発言の語尾に、「~かね」、「~ではないか」、「いかがなものか」といった曖昧な表現を付けたがる人たちだと主張しています。日本のリーダーには、「かね」人種が多すぎる。アメリカに追いつき追い越せという時代であれば、そうしたリーダーでもよかったのですが、目標を見失った今の日本において、いつでも逃げられるような物言いしかしないリーダーが組織の進むべき方向性を示せる筈がないのです。今、日本に必要なのは曖昧な表現をしない、「だ」人種なのだと思います。


安部修仁

作業をブレークダウン(細分化)して最小単位の作業項目に置きなおし、作業項目を少なくする作業にも取り組みました。こうして想定できるイメージの限界ギリギリのところに終着点があるのだと考えて、高い目標を掲げて改善運動を進めていったんです。


小笹芳央

「入りたい人より、採りたい人」という姿勢じゃないとチームの器を超える人は来ない。


浮世満理子

ToDoを消すときには、赤い花丸をつけて、「よし、きちんと終えられた。偉い!」と自分を褒めるようにしてください。線やチェックで消すと、「嫌いな作業を目の前からなくしたい」と考えるネガティブ発想が強まり、「仕事に追われる」感じが抜けなくなる人もいます。


佐伯泰英

だったら、それを利用して本当に月刊ペースで書いて、逆に『月刊佐伯』を広めてやろうと思った。

【覚え書き|執筆スピードが速いため『月刊佐伯』と呼ばれたことについて】


佐藤優

どうも一握りの幸運な成功者だとか、抜きんでた才覚の持ち主だとか、そんな人たちの話ばかりを聞きたがる人が多いようですが、僕から言わせれば方向が違うと。たとえば何かのサークルでもいいし、町内会や趣味のグループでもいい。マイペースで楽しく生きている人がいるはずです。そういう人たちのなかにこそ、幸せのヒントがあると思う。


小池龍之介(小池龍照)

概して現代人の消費は「ストレス解消のため」であることが多いように思われます。なかでも嗜好品の消費は、とくにストレス解消作用が大きいものです。たとえば、甘いものは精神をリラックスさせる働きがあり、お酒は神経を麻痺させます。なぜそうしたものが欲しくなるかというと、それだけ緊張している=ストレスがあるからです。


西村貴好

「褒めるは他人のためならず」とでも言いましょうか、褒めることによって一番恩恵を受けるのは自分だったりします。


鳥羽博道

若い世代の価値観を我々の世代が否定するようなことはすべきではないし、我々の価値観を若者に強要するようなこともすべきではない。同じ発想からは新しいものは何も生まれない。世の中がより発展していくためには新しい価値観が生まれてくる必要がある。だから、価値観の相違はむしろ歓迎するくらいの気持ちを持っていた方がいい。昔の価値観を押し通そうと意固地になるのはとても危険なことだ。


鈴木敏文

お客様の立場で観れば、需要は必ず伸びる。


外山滋比古

株式投資にギャンブル性があるのも事実。昔から「株はいけない」と言っている人はギャンブル性があることを理由にしている。ですが、ギャンブルは人間にとって極めて有用な精神的刺激なんです。年寄りが生き生きとするには、良いことばかりでは駄目。それではボケてしまう。証券会社など他人任せではなく、自分で銘柄を選んで売買する。それですごく儲かることもあれば、大きな損を被ることもある。そうして一喜一憂することが、人間が生き生きと生きていくためには必要なんです。損しても、それで生活ができなくなるほどでなければ、「治療費代わり」と思えばいい。多少損をしても、病院に通って薬代を払うよりはずっといい。


大嶋啓介

みんなが最初から明るいわけでも、夢や目標をしっかり意識できているわけでもないんです。でも、毎日「スピーチ訓練」や「ナンバー1宣言」で自分の考えをちゃんと言葉にして伝えるようにしていると、行動が変わり、少しずつ、なりたい自分に近づいていきます。そうすると自信が出てきて、自然と明るく元気になります。人を育てることの一番の基本は、やっぱり習慣づくりなんだなあと思っています。