名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ルイス・ガースナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ルイス・ガースナーのプロフィール

ルイス・ガースナー。アメリカの経営者。IBM会長兼CEO。ハーバード大学卒業後、米国大手コンサルティング会社マッキンゼーに入社。その後、アメリカンエキスプレスの社長、世界最大の食品会社RJRナビスコの会長兼CEOを経てIBMに会長兼CEOで招聘される。就任当時IBMは、大きくて絶滅寸前ということでマンモスと揶揄されていた。ガースナーは顧客中心主義へと企業文化をシフトさせ2年で経営再建をなし遂げた

ルイス・ガースナーの名言 一覧

私自身には戦略などと言ったものはない。いまの我々の企業にとってはそんなものは重要ではない。


経営改革を後退させないようにするには、企業文化、社風を変えることだ。永遠に業務改善を続けさせることが大切だ。


従業員は昔に戻りたがる。それを防ぐのがリーダーの役割だ。


危機は良き友。時間はライバル。
【覚書き|経営改革を成功させる秘訣とは何かと問われての言葉】


IBMのお客様が、IBMを経営していると思ってほしい。


ルイス・ガースナーの経歴・略歴

ルイス・ガースナー。アメリカの経営者。IBM会長兼CEO。ハーバード大学卒業後、米国大手コンサルティング会社マッキンゼーに入社。その後、アメリカンエキスプレスの社長、世界最大の食品会社RJRナビスコの会長兼CEOを経てIBMに会長兼CEOで招聘される。就任当時IBMは、大きくて絶滅寸前ということでマンモスと揶揄されていた。ガースナーは顧客中心主義へと企業文化をシフトさせ2年で経営再建をなし遂げた

他の記事も読んでみる

土屋礼央

僕の場合、とりあえず先輩の誘いに乗っかってみるという事を最近はしている気がします。だいぶ先輩となると「自分の考えこそ全てだ!」的どこぞの会長風な人もいらっしゃり、一緒にいる時間全てが苦痛な場合もあります。でもその時間は自分にとっては苦痛な時間かも知れませんが、この時間を後世に伝えるための取材と思えた途端、自分が先輩の立場になった時の反面教師、参考資料として絶大な効果が期待されます。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

子供が小さいうちは高校、大学のための資金、子供が就職したら自身の老後資金など、貯め時は次の使い時に備える準備期間です。そのことを認識していれば、支出が少ない時期に気を抜いて浪費することなく、貯めることができます。


ファビオ・カペッロ

モダンフットボールにファンタジスタ(スーパースター級の選手)の居場所はない。


藤田美智雄

我々は「健康管理のインフラ企業として社会に貢献する」を社是としています。ビジネスの仕組みそのものが社会の課題を解決することにつながっていると自負しています。


小松易

リアルなものを減らすことが先決だ。顔も思い出せないような人の名刺をデジタル管理したところで、不要な情報が増えてしまうだけだ。名刺も一ヶ月ほど漬けたうえで、必要なものとそうでないものとを分けていけば、3割ほど捨てることができるだろう。


佐藤綾子(心理学者)

リーダーが周りの人々あるいは自分の部下たちに話をする時、最終目的に「社会とどうつながるか。社会にどう貢献するか」という高い目的意識を示すと、下の者は胸を張ってついて行きやすくなる。


永守重信

科学的な分析や手法はもちろん大事です。でも、世界はもっと先を行っています。科学だけではまだ足りないのです。企業経営も全く同じです。「世界で勝つ」というスピリッツをもう一度見直していいはずです。心の力と科学の力の両方を持ってこそ強くなれる。


古賀稔彦

できるだけ選手の話を聞きました。稽古以外の時間も、とにかく会話をする。すると、不満をぶつけてきます。「先生はこれをやれと言いますが、私はこうだから、こうしたい」とかね。でも、僕は怒りません。ひたすら話を聞く。そうすれば、腹の中にある思いを吐き出した選手も、こちらの話に耳を貸してくれます。信頼関係ができてくるんですね。


午堂登紀雄

多くのサラリーマンに欠けているのが、「いかに収入を増やすか」という視点です。


越智仁

グループ内で持っている事業については、組み合わせてより強くしていきます。例えば、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)。炭素繊維は旧三菱レイヨン、固めるエポキシ樹脂は旧三菱化学、加工技術や販売チャネルは旧三菱樹脂が持っていました。それまでばらばらにやっていた事業を整理し、技術とノウハウを持ち寄ることで、トヨタ自動車さんの新型車で採用されるようになりました。


新藤晴一

バンドに限らず、実力と人気は別次元のものですけれど、やっぱりスキルが高いということは一番正しいことだと思うんです。


柴田励司

伸びる時期がいつ来るかは、誰にもわかりません。だから努力の結果を短期的に見てしまうと、継続による成果を得ることができなくなってしまいます。