名言DB

9413 人 / 110706 名言

ルイス・ガースナーの名言

twitter Facebook はてブ

ルイス・ガースナーのプロフィール

ルイス・ガースナー。アメリカの経営者。IBM会長兼CEO。ハーバード大学卒業後、米国大手コンサルティング会社マッキンゼーに入社。その後、アメリカンエキスプレスの社長、世界最大の食品会社RJRナビスコの会長兼CEOを経てIBMに会長兼CEOで招聘される。就任当時IBMは、大きくて絶滅寸前ということでマンモスと揶揄されていた。ガースナーは顧客中心主義へと企業文化をシフトさせ2年で経営再建をなし遂げた

ルイス・ガースナーの名言 一覧

私自身には戦略などと言ったものはない。いまの我々の企業にとってはそんなものは重要ではない。


経営改革を後退させないようにするには、企業文化、社風を変えることだ。永遠に業務改善を続けさせることが大切だ。


従業員は昔に戻りたがる。それを防ぐのがリーダーの役割だ。


危機は良き友。時間はライバル。
【覚書き|経営改革を成功させる秘訣とは何かと問われての言葉】


IBMのお客様が、IBMを経営していると思ってほしい。


ルイス・ガースナーの経歴・略歴

ルイス・ガースナー。アメリカの経営者。IBM会長兼CEO。ハーバード大学卒業後、米国大手コンサルティング会社マッキンゼーに入社。その後、アメリカンエキスプレスの社長、世界最大の食品会社RJRナビスコの会長兼CEOを経てIBMに会長兼CEOで招聘される。就任当時IBMは、大きくて絶滅寸前ということでマンモスと揶揄されていた。ガースナーは顧客中心主義へと企業文化をシフトさせ2年で経営再建をなし遂げた

他の記事も読んでみる

勝田忠緒

先代(父)が亡くなったことで最終的に社長業を継ぎました。私が35歳の時です。社長就任当時、こんな若造に社長が務まるかという雰囲気がありました。私自身、一人で先走ったような結論は出さず、先輩や友人の意見を広く聞きました。でも、最後は自分で決断しないといけませんから、100%正解かどうかはわからなくても周囲ができる限り納得できる最大公約数を考えて判断しました。


村上憲郎

結果だけを見て自分を責め、「自分がダメだから出世できないんだ」「自分に能力がないから数字を上げられないんだ」と考えないこと。そういう考え方はもう払拭したほうがいい。これまで生き延びて来られた自分のスタイルに誇りを持って、誠実に仕事をすればいいのです。


伊藤一郎(経営者)

社内でのリスク管理運営も、特に新しい事業なんかをつくり出そうとするときに大事なことは想像力だと思います。事業開発で創り出すほうの創造力、つまりクリエイトの創造力と、もう一つイメージするほうの想像力の二つ共に経営にとって大事ですが、リスク管理ではこの想像力が重要。


太田彩子

「間に合っています」と言われたら、まずは「そのとおりですね」と受け止めます。これを三回ぐらい繰り返すうちにひとつ、質問をして、お客様が、ポロッと答えてくれたことの中にニーズにつながるヒントが隠れていたりするんです。


稲盛和夫

会社には、たくさんのビジネスの渦がある。その回りを漫然と漂っているだけであれば、それにのみこまれてしまう。仕事の本当の喜びと醍醐味を味わうためには、渦の中心になって、周囲の人たちを巻き込むくらい、自発的に、積極的に仕事に取り組まなくてはならない。


伊吹晶夫

お客様がお困りになったとき、お声をかけていただけるよう、普段から密な関係を築いていくことで、お客様から信頼され、新規のお客様の紹介に繋がった。


西成活裕

一生をかけるに値するものに出会う秘訣は、まったくの精神論ですが、「死ぬ気で考える」しかないと思います。


ジョセフ・ウィルソン

どんな会社のどんな製品であっても、永遠に成功し続けることはない。


森本智子

インタビューでは必ず押さえなければならない質問もあります。けれども、基本的には、自分の中で考えを固めずに、柔軟な状態で話を聞くようにしています。


槍田松瑩

あらゆる機会をとらえて私が社内に訴えかけているのは「よい仕事をしよう」ということです。三井物産は世界に154か所の拠点を構え、様々な仕事を担っているので、極端にいえば現場ごとに異なったモノサシが存在します。「よい仕事をしよう」という言葉の裏には、現在手掛けているそれぞれの仕事の性格をベースとして、個人個人がよく考え、「よい仕事」のやり方を見つけて欲しいという思いがあります。


安達洋

外資系企業に勤めたとき、ある日本人上司はカタカナ英語丸だしでした。そのぶん、彼の英語は主語と述語が明確で、「結論→理由」という論理構造もクリアでした。カタカナ英語で、いつもスムーズに交渉を進めていたのを覚えています。英語はパソコンと同様、仕事を進めるための道具にすぎません。大事なのはどれだけ流暢に話すかではなく、それを使ってどんな成果を出すかです。


池谷裕二

眠る前に次の日の仕事をリストアップしておくことで、寝ている間に情報が整理、固定されると考えていいでしょう。浅い眠りのときに、脳が無意識のうちに情報として保存するのだと思います。


倍賞千恵子

自分自身を歌で表現することと、観客が喜ぶ姿を見ること、どちらも楽しく、大事にしたいことですね。お客様から嬉しい反応があると、私自身も嬉しくなって、相乗効果のようによりよいステージになることもあります。そういう時は、お客様との一体感があって、本当に楽しい。


伊藤明(伊東屋)

私はノートをよく取るほうで、社内の会議でも発言者の話を聞きながらずっと何かメモしています。書き方には私なりの流儀があります。ノートを見開きにして、右ページはほかの人が話した内容の要点を記録し、左ページには話を聞きながら自分が気になることや思いついたことを書きつけていくのです。ただし、一度書いたノートを後で見返すことはまずありません。書く目的が、話を頭に叩き込むことにあるからです。実際、書けばその内容を記憶してしまうので、メモをもう一度見る必要はないのです。


松田譲

社外からの指摘に耳を傾ける姿勢の重要性は、現場組織でも同じです。閉塞感にさいなまれ、ややもすれば企業組織は内に閉じこもりがちです。耳の痛い意見はできるだけ排除しようとするし、文字通り聞く耳を持たない社員が増えてしまう。けれども、それでは組織は成長しないし、活力も生まれません。