名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

リー・トレビノの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リー・トレビノのプロフィール

リー・トレビノ。アメリカのプロゴルファー。テキサス州ダラス出身。5歳から綿農場で働きはじめる。数個のゴルフボールと古いゴルフクラブをおじから与えられゴルフを教えられる。キャディと靴磨きの仕事をしながらゴルフの練習をする。4年間の海兵隊での兵役を経たのち、テキサス州エル・パソのクラブ専属プロとなる。その後、全米オープンでの優勝や、賞金王獲得などを始め、数多くの素晴らしい成績を残した。

リー・トレビノの名言 一覧

ゴルフはフォームなんか問題じゃありません。何百回、何千回と打ちまくることです。


リー・トレビノの経歴・略歴

リー・トレビノ。アメリカのプロゴルファー。テキサス州ダラス出身。5歳から綿農場で働きはじめる。数個のゴルフボールと古いゴルフクラブをおじから与えられゴルフを教えられる。キャディと靴磨きの仕事をしながらゴルフの練習をする。4年間の海兵隊での兵役を経たのち、テキサス州エル・パソのクラブ専属プロとなる。その後、全米オープンでの優勝や、賞金王獲得などを始め、数多くの素晴らしい成績を残した。

他の記事も読んでみる

箱田忠昭

1日を効率的かつ濃密に過ごせる人は、プランをスケジュール化することができています。プランとスケジュールは違います。1日を内容の濃いものにできている人は、たとえば「英語力を高める」というプランを、「毎晩9時から10時半までは英語の勉強」といった具体的なスケジュールに落とし込んでいます。プランはできるだけスケジュール化しておくことが大切です。


後藤芳光

うちのチームの選手には時々、みんなぜひFA権を取って、取ったら値踏みをしろ、と言っています。FAは企業の株式公開のようなもので、自分の価値が第三者に評価される唯一のタイミングです。そういうステータスになる選手を、多く育てることが目標でもあります。活躍の場が仮にホークスでなかったとしても、ホークスがさらに認知されていく上では重要なステップだと思います。


金子靖代

知ったかぶりをせず、不得意な部分はできる人に任せればいい。


内田恒二

目的と判断基準は立場、立場で異なる。開発部門なら2割くらいの可能性でも決断しないと差別性は出せないし、川上の研究部門では1%でも可能性が見えれば挑戦すべきだろう。トップとなると専門部門の役員との意見調整もしなければならないが、最終的には不透明なリスクを自分の責任範囲でどこまで抱え込むかだ。


新居佳英

いずれ起業するつもりだったので、若い経営者の下で、若いうちから責任と裁量を持たせて仕事を任せてくれるところを選びました。
【覚え書き|大学卒業後、インテリジェンスに入社したことについて】


岩瀬大輔

当社では20から30代で、都心部に住み、比較的高学歴で高収入のお客様にフォーカスすると定めました。高齢者が増える一方で、若者世代はどんどん減っているため、ここに注力している企業は多くありません。実際、当社の生命保険契約者は20から30代の人が全体の8割を占めます。


哀川翔

仕事をやり遂げた先に、その結果として別の何かがある。そんな生き方が、俺には一番合っているよ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

職場や仕事の現場を歩きまわり、人とコミュニケーションをとる中で「ここは何かが欠けているかもしれない」といかに気づいていけるかどうか。そうしたあらゆる「隙間」を察知していく完成も、リーダーには不可欠だ。メンバーとなる人の「隙間」を他の人とのコラボレーションでうまく埋めていくのもリーダーの仕事だ。
(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


田中要次

あるとき、映画サークルで知り合った山川直人監督のミュージックビデオにたまたま出演することになりました。そこで、もう演技する楽しさに魅入られてしまって……。また撮影現場に戻りたい! もう一度出演の依頼が来たら、「いまの仕事を辞めて、東京へ出て行こう」と。でも、そんなうまい話はなくて、ただ悩んでばかりで、仕事も上の空です。いずれにしても、ある日、徹夜明けに地元に向かって車を運転していたら、事故を起こしちゃったんです。大事には至らなかったけど、ヘタしたら「俺はここで人生を棒に振っていたかもしれない」と。それで吹っ切れたんです。またこんな風に、もっと大きな失敗をするかもしれない。でもどうせ失敗するなら、自分で選んだ人生で失敗しようって。要するに、東京へ行って、失敗してやろう、みたいな(笑)。「これでダメなら、俺の人生はたいしたことないんだ」って、賭けですよ。


中村慎市郎

システム導入プロジェクトの進め方については、プロジェクトの開始時には、社長が決断を下し、積極的に関与していることを社員に印象付けることが必要不可欠です。ただし、実作業は信頼のおけるリーダーに任せた方がいいでしょう。実務を知っているので社員からの意見も汲み上げやすく、プロジェクトを進行するうえで、社内の一体感も生まれますから。


坂本光司

会社の将来は、中枢である若い方々が正しいモノサシを持って活動するかどうかにかかっている。


福嶋康博

多くの社長は日常の細々したことに口を出し過ぎています。長期的な視点を忘れてしまいますし、社員は自らで物事を考えなくなってしまいます。