リー・トレビノの名言

リー・トレビノのプロフィール

リー・トレビノ。アメリカのプロゴルファー。テキサス州ダラス出身。5歳から綿農場で働きはじめる。数個のゴルフボールと古いゴルフクラブをおじから与えられゴルフを教えられる。キャディと靴磨きの仕事をしながらゴルフの練習をする。4年間の海兵隊での兵役を経たのち、テキサス州エル・パソのクラブ専属プロとなる。その後、全米オープンでの優勝や、賞金王獲得などを始め、数多くの素晴らしい成績を残した。

リー・トレビノの名言 一覧

ゴルフはフォームなんか問題じゃありません。何百回、何千回と打ちまくることです。


リー・トレビノの経歴・略歴

リー・トレビノ。アメリカのプロゴルファー。テキサス州ダラス出身。5歳から綿農場で働きはじめる。数個のゴルフボールと古いゴルフクラブをおじから与えられゴルフを教えられる。キャディと靴磨きの仕事をしながらゴルフの練習をする。4年間の海兵隊での兵役を経たのち、テキサス州エル・パソのクラブ専属プロとなる。その後、全米オープンでの優勝や、賞金王獲得などを始め、数多くの素晴らしい成績を残した。

他の記事も読んでみる

キケロ

血気さかんなる官能と放縦は、疲れ果てたる肉体を老齢に追いやる。


松岡修造

自分へのご褒美は、家で思いっきり猫と遊ぼうとか、好きな漫画を一晩中読もうとか、人から見たら「大したことないな」と思うようなことでもいいのです。大切なのは、目標をひとつ達成した自分を、一番楽しい状態に持っていってあげることです。


庄野直之

価値を数値として、しっかり示していくことが大切。


山田隆持

組織のトータルパワーを高めるには、立場は違ってもひとつの目標に向かって力を合わせていくことが必要なのです。結束すると、そこから知恵と力が湧いてきます。


今瀬ヤスオ

ひとつの事柄について悩み過ぎると、煮詰まってしまい、事態はかえって悪い方向に。その時は、趣味で気分転換を。意外と解決のヒントがひらめくことがある。


矢崎精二

現場の人が生き生きと活性化しない限り、業績は回復しません、飲食業は、人(スタッフ)が人(お客様)に対して影響力を持つ仕事だからです。ストレスばかりでは、スタッフの笑顔は出ませんよね。それではお客様も喜びません。


清野智

安全を追求することは鉄道会社として当然の責務ですが、それに加え、鉄道が走る街に住む人々に安全を提供していきたいと考えています。駅で助けが必要な方には社員がすぐに手を差し伸べる。そんなことも含め、ひとつひとつの街、ひいては国の安全と安心に少しでも貢献していければと思っています。


東国原英夫(そのまんま東)

もし自分が弱いと考えるなら、一度失敗して学ぶのもひとつの道です。失敗のたびに悪い方向に行ってはいけません。ピンチは最大のチャンスです。これをプラスに生かさない手はありません。失敗したときに自分がどう動くのかに、その人の能力や人間性が表れます。


寺田和正

私は、無理だと言われると逆にチャンスだと捉えます。無理を無理とせず、チャレンジを重ねていきたい。


ジャック・マー(馬雲)

中国語で「ブランド」のことを「品牌」と書きます。私の考えでは、真の意味でのブランドとは「品牌」を構成している2つの漢字「品」と「牌」の両方を兼ね備えているものでなければならないと思います。「品」は品質、あるいは品格。「牌」は看板、要するに知名度です。


御手洗冨士夫

私は社外取締役を認めないわけではない。今みたいに時代がどんどん変化している中においては、外からの考え方や意見を取り入れるということは必要。大いに必要です。だけど、何もそれは、アドバイザリーであればいいので、あえて取締役でなくてもいいのではないか。その存在はあってもいいし、その分においては否定しません。ただし、世の中でよく監視、監視って言うじゃないですか、あれは認めません。監視なんかできるわけないです。


岡野雅行(岡野工業)

勝負は普段から人付き合いにどれくらいお金を使っているかだ。情報が欲しい時だけ「こんちは」と来るやつに、重要情報をくれる人間がいるか?その時とくに仕事がなくても、話をしに行ったり、一杯奢ったりする。情報網はそうやって作るしかないんだよ。


大久保薫(経営者)

地域の特徴や癖などもしっかりと把握した上でしっかりとお勧めします。もちろん法律など、仕事に必要な知識などを得ることも重要ですが、それを踏まえた上で、「大宮は昔からこういう街だよ」というように言えるようにならないといけない。ある意味で不動産の営業職は技術職だと思うんですよ。


池内ひろ美

女性の中には命令しかできない人もいますが、これでは物事はうまくいきません。でも覚悟があれば、頭を下げてお願いすることもできます。そんな女性が増えてくれば、日本の社会はもっと素晴らしくなると思います。


枡野俊明

「あの技術は彼にしかわからない」「彼女の司会はいつ見てもいいね」と、何かひとつ得意技があれば、その人は「職場になくてはならない存在」になります。仕事で何も見つからなければ、接待の宴会芸でもかまいません。大切なのは得意分野を見つけて伸ばすこと。自分だけでなく、同僚の得意技も見つけて褒めてあげれば、あなたの株はさらに上がるはずです。


ページの先頭へ