名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リー・ジョンソン(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リー・ジョンソン(経営者)のプロフィール

リー・ジョンソン。アメリカの経営者。米アパレルメーカー「リミテッド社」社長。

リー・ジョンソン(経営者)の名言 一覧

立場が違えば考え方が違うのも当たり前。


リー・ジョンソン(経営者)の経歴・略歴

リー・ジョンソン。アメリカの経営者。米アパレルメーカー「リミテッド社」社長。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

私は、パナソニックが大きなポテンシャルを持っていると信じている。ポテンシャルを時代の要請にどうマッチングさせていくのか。どの分野で、どんな組織構成で、どう動けばよいのか。この答えを皆に示していくことが私の役割だ。


熊谷正寿

一番良いプロダクトを作ることに注力したことで、結果としてナンバーワンになった。売上げやシェアは後からついてくる。


宮内義彦

挑戦すべきですよ。リスクを取らない人生ほど面白くないものはない。


森川亮

フェイスブックのユーザー数を抜きたいなと思っています。ただ、闘うという意識はないです。闘うことが目的ではないですから。そこが目的になると、ユーザーの求めるものから離れちゃうじゃないですか。とにかくシンプルに、ユーザーが求めるものをつくり続けるだけです。


濱田秀彦

期末の自己申告時には自分のやったことをキッチリ主張しよう。どんな工夫をして、どういう成果を実現したのか具体的に書き記せば、上司に手柄を横取りされたとしても明らかになるはず。


川田修(ライフプランナー)

もし今、自分の状況がしんどくて燃えられないのなら、無理に「元気を出そう」と思う必要はありません。気分がふさぎきっているときに、週末に何かエネルギッシュなことをして燃える魂を取り戻すなんて難しいですよ。平日は忙しくしていても、休日だけでもゆったり休むこと。そして今の自分を認めてあげることです。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

後年、「私は丁稚奉公をした」と言うと、誰でも決まって「さぞつらかったでしょうね」と言う。ところが、本人である私はそれほどつらかったという記憶がない。もちろん半年、一年はホームシックで人知れず泣いたが、私は何か困難にぶつかると「なんとかしてこれを突破してやろう」という方に一生懸命になる。私はあまりものごとを苦にしない。


徳岡晃一郎

今日のビジネスでは、イノベーションが重要なテーマとなっています。イノベーションとは、世の中にないものを生み出し、社会に広く普及させることです。そのためには、消費者に欲しいと思わせるだけでは十分ではありません。その製品・サービスが市場に受け入れられるためのルールが必要です。イノベーティブなものほど、既存のルールによって、あるいはルールがないために、市場への参入を止められる可能性があります。イノベーションは、ルールの問題を顕在化させます。イノベーションを実現するには、ルールもセットで考える必要があるのです。


前田安正

わかりにくい文章の問題点として多いのが、「骨格がおかしい」ということです。文章は、「骨格」と「肉」で構成されます。
「今年の夏は、例年より平均気温が低く、寒かった」
この文なら、「今年の夏は~寒かった」が「骨格」で、他は理由や状況を説明する「肉」の部分です。この骨格さえしっかり組み立てられていれば、文章はわかりやすくなります。まずは短い文章で骨格を書き、そこから肉を付け足していくのが、わかりやすい文章を書く基本です。


小池百合子

残業ゼロのためには、本人だけでなく、上司の意識改革も必要。「上司が居残っているから、なかなか帰れない」という人がいるのではないでしょうか。都庁では「その上司が誰なのか、そっと私に教えてください」と伝えています。「目安箱」を通じて、私に直接連絡できる仕組みがあるからです。


南部靖之

私がパソナの前身である「テンポラリーセンター」を興したのは、父の一言からでした。当時は、大学を卒業したら就職するのが当たり前の時代。「学生ベンチャー」という言葉も発想もなく、私もご多分にもれず、就職活動をしていました。でも内定を決められる雲行きはよくありませんでした。ある日、父から「就職決まったか」と質問され、正直に「むずかしい」と答えました。すると父は「就職活動を通じて、何か気づいたことはないか」と尋ねるので、「ぼくよりも女子大生がたいへんだ」と答えたのです。当時、男子大学生のほとんどは就職するのに、女子大学生の就職率は低く、大学でせっかく勉強しても、企業は彼女らを採用したがりませんでした。さらに問題だと感じたのが、一度家庭に入った主婦たちです。子育てを終えたあと、職場復帰する人はほぼゼロパーセントでした。父は私の報告を聞くと「面白い」と膝を打ち、「この社会問題を解決しなさい」と私に言いました。つまり、女性の雇用拡大に寄与する事業をしろ、というのです。


河野章宏

うちはあんまり「売ろう」と思ってないんで(笑)。聴いてもらうことの方が優先だから。どうぞどうぞって。でも正直、うちはレンタルだけで食べていけるだけの金額が入ってきてるんですよ。「売る」ことに特化してたら手に入らないけど、「聴いてもらう」ことから得られる収益があるんですよね。