名言DB

9412 人 / 110637 名言

リー・クアンユーの名言

twitter Facebook はてブ

リー・クアンユーのプロフィール

リー・クアンユー。シンガポールの政治家。初代首相。イギリス領時代のシンガポール出身。客家系華人の家庭に生まれる。ケンブリッジ大学を首席で卒業。帰国後、弁護士を経て政界に進出。シンガポール初代首相などを務め、シンガポール建国の父と呼ばれた。

リー・クアンユーの名言 一覧

何のビジネスをやったらいいかというよりは、本当の友達、老朋友(ラオポンユー)を、できれば2人作りなさい。
【覚え書き|「中国で事業を行いたいが、何をすればいいのか」と問われて】


リー・クアンユーの経歴・略歴

リー・クアンユー。シンガポールの政治家。初代首相。イギリス領時代のシンガポール出身。客家系華人の家庭に生まれる。ケンブリッジ大学を首席で卒業。帰国後、弁護士を経て政界に進出。シンガポール初代首相などを務め、シンガポール建国の父と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

桜井章一

若い人をはじめ、多くの人が「将来が見えない、見えない」って不安そうな顔をするけど、大半の人は現実を見ていないだけなんだって。いや、「見たくない」っていったほうがいいのかな。


藻谷浩介

地頭が良い人は、「そのセオリーが成り立つ前提は何か」ということまで理解していて、矛盾する現象が起きたときには、前提のどこが崩れたのかきちんと考えます。


寺門ジモン

ここは竜ちゃん中心で、ここはリーダーが前に、ここは僕で、ここでは他の演者さんと。僕たちは、1人が目立とうとか、そういうことは考えてこなかった。


スティーブ・ジョブズ

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】


大坪清

仕事は厳しく、人生は愉快に。


三枝匡

戦略なんて、しょせんは「仮説」ですから、そのまま上手くいくなんてあり得ない。では戦略が不要かと言えばそれは違います。自分で考え抜いたプランを現場で実践し、自分の組み立ての甘さを知り、再びプランを見直す。自分の頭で考えたプランで人と金を現実に動かし、成功の喜びと失敗の痛みから、すさまじい学びを得られるのです。


江越弘一

現場なくして当社は成り立ちません。「現場」の感覚を非常に大事にしています。


北島義俊

我々の事業を紙の印刷と狭く考えず、いろいろな分野へ関連させることが重要。そのため、事業の成長領域も「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」の4つに分けて設定しました。


ガー・レイノルズ

箇条書きだらけのスライドで行うプレゼンは、聞き手を退屈させる。自分が聴衆でいた時のことを思い出すと明白でしょう。


千眼美子(清水富美加)

私にとって大事なものも、誰かにとってはどうでもいいものかもしれないけれど、それはそれで全然いい。そこから「自分だったらどうだろう」ってちょっとでも想像してもらえたら嬉しい。


高島郁夫

僕はまず優れた生活者でありたいと思っているんです。寝る、食べるなどに関してもプロでいたい。生活全体をベースにして「プロの生活者」の目を磨いてこそ、革新的なブランドやビジネスの発想が降りてくると思うのです。


戸塚隆将

論理構成がしっかりしていれば、語彙力が少し足りなかったり、発音が多少不明瞭だったりしても相手に伝わりやすいし、相手のメッセージも理解しやすい。意思疎通がきちんと出来るようになるから、議論が成り立つ。


布袋寅泰

皆さんの記憶の中にあるBOØWYは武道館や東京ドームを満員にしている姿かもしれません。だけど、6年の活動の間、食えるようになったのはじつは後半の数年間。最初はライブのお客さんも数えられるくらい。レコードデビューはしたものの思ったように音も出せない、レコードは売れない、メディアも振り向いてくれない、という状態でしたね。最高の仲間が集まって、俺たちこんなにカッコいいのに、自分たちのことを信じているのに、何故人に伝わらないんだろう? 何故気づいてくれないんだろう? というもどかしさ。頭のどこかでは、すぐに武道館くらい行けるだろう、と思っていた自分もいた。しかし現実はそんなに甘くはなかった。その悔しさを音にぶつけて、もっとうまくなってやろう、もっといい曲を作ろう、と頑張った。悔しさが自分たちを高めてくれたんです。


森川亮

制度やルールはどちらかというとダメな人を救う仕組みです。優秀な人は堅苦しくなってしまう。僕たちはトップで走る人に合わせます。


坂口健太郎

いい人にも嫌な人にもなろうとしていないですね、たぶん。ただ普通にしているだけ。そもそも、人によとらえ方って違うから。すごくいい人の役がきたら、「坂口くんは優しそうだし爽やかだし、ぴったりだね」って言われますし、性格がきつくて冷たい人の役がきても「すごくよくわかる、ぴったりだ」って言われる。自分のことは自分が一番よくわかっているので、そういう反応を聞くと「へえ~そんなふうに感じるんだ」と思いますが、だからといって否定もしませんし。