リー・アイアコッカの名言

リー・アイアコッカのプロフィール

リー・アイアコッカ、米国の経営者。フォード元社長、クライスラー社会長。米国で人気を博した2ドアスポーツカー・マスタングの開発責任者。公私混同ともとれる経営をしフォード社長をクビになったが、クライスラー社に移り同社を経営危機から救う。

リー・アイアコッカの名言 一覧

あらゆる商売は、人間、商品、利益の3つ。その中でも人間が最も大切。


商品が良ければ、優れたマーケッターである必要はない。


利益しか生まないビジネスは、むなしいビジネスである。


クライスラーよりも良いクルマがあると考えるなら、そちらをお買いください。


人を見抜くのがうまくても、ちょっと会っただけでは絶対に見抜けない資質がふたつある。ひとつはその人物が怠け者であるかどうか、ふたつ目は決断力があるかどうか。人間の腹の中に燃える炎と決断を迫られたときの機転とは、どんな心理テストによっても計算できない。


リー・アイアコッカの経歴・略歴

リー・アイアコッカ、米国の経営者。フォード元社長、クライスラー社会長。米国で人気を博した2ドアスポーツカー・マスタングの開発責任者。公私混同ともとれる経営をしフォード社長をクビになったが、クライスラー社に移り同社を経営危機から救う。

他の記事も読んでみる


浜矩子

大切なのは生活者としての肌感覚に照らし合わせながら、仕組みを理解すること。


おちまさと

高級な店に連れて行くことが必ずしもいい接待ではないのです。それより重要なのは、相手を接待するためにどれだけ考え抜いたかということです。相手のためにかけた時間や手間暇は、伝わらないようで実はよく伝わります。


ピーター・ドラッカー

本物の変化とは人が行うことであり、流行とは人が言うことである。


小泉文明

早稲田大学ではテニスサークルの代表を務めて250人以上を束ねていました。サークルですから参加は自由。でも運営する私はメンバーに参加して欲しいから、あの手この手で活動を呼びかけるわけです。「どうすれば組織の皆がハッピーになったり、モチベーションが上がったりするか」を肌で学びました。「相手にどんなメッセージを伝えて、モチベートするか」という引き出しは、ひょっとすると一般的な経営者より多く持っているかもしれません。こうしたマネジメント経験は、今に生きています。


高島徹治

資格の世界でよく言われるのは、「高得点で受かった人が成功するとは限らない」ということ。たとえば、税理士や弁護士などの職業も結局は客商売であり、ある程度以上の法律知識さえあれば、あとはいかに親身になって相談に乗ったり、アドバイスできるかで評価が決まってくるのです。勉強ができて、コミュニケーションが苦手という人ほど、とかく成果の出やすい資格試験の勉強にハマリがちです。ですが、試験で満点を目指すくらいなら、その労力を対人コミュニケーション力など、別の能力を鍛えるのに使ったほうがいいのではないでしょうか。


平澤興

明治時代の偉人は誰か、ただ一人を挙げよといわれたら、福澤諭吉を挙げる。福澤先生は必ず相手がちょうどこのくらいのところの人であれば、それよりちょっと高いことをおっしゃる、もっと高いところにおる人にはもうちょっと高いことをおっしゃる、一番高い人なら最高のことをおっしゃる。相手にわかりにくいような説明はなさらなかった。そこが本当の文化人であった。それが本当のやさしさだと思う。


高田明(ジャパネットたかた)

過去最高益を達成できたのは奇跡ではありません。必然です。それを成し遂げられた理由の一つは、現実を受け入れて、「やるぞ!」と決めたこと。


ページの先頭へ