名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

リン・トゥイストの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リン・トゥイストのプロフィール

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

リン・トゥイストの名言 一覧

もっともっとお金が欲しい。稼いでも稼いでも欲しいものに追いつかない。それが「欠乏」の神話です。


結局、豊かさの実感とは、積み上がったお金で得られるものではなく、お金を寛大に使うことによってもたらされるものなのです。


理想の生活を送るために、物質的にも精神的にも豊かになるために、もっともっと多くのお金が必要である。多くの人はこの「神話」にとらわれて、お金とあなた自身の正しい関係にたどりつくことができません。人の欲には際限がないからです。貯めれば貯めるほど不安になるもの。それがお金なのです。


私は「ハンガー・プロジェクト」のファンドレイザー(資金調達担当者)として2億ドル以上の資金を集めるかたわら、世界中を飛び回り飢餓と戦ってきました。世界中で数えきれないほどの人々と出会い、それらの人々がお金とどのような関係を築いているかを目の当たりにしてきました。目の見えない小さな赤ん坊を抱えて物乞いをする母親、アメリカ大手食品メーカーのCEO、グアテマラのシャーマン、日本のサラリーマンたち、そしてマザー・テレサやダライ・ラマ法王といつた世界的な精神的指導者まで。そしてお金に支配されるのではなく、お金を正しく使うことが本当の豊かさを教えてくれることを知ったのです。


リン・トゥイストの経歴・略歴

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

他の記事も読んでみる

青木宣親

アドバイスはすべて聞いて、まずやってみる。その上で、自分には合わない、今はまだタイミングではないと思ったら、パッと手放す。その人にはぴったりの打ち方や考え方でも、自分には当てはまらないことはありますから。


似鳥昭雄

まず商品が一番。お客様が買うか買わないかを決めるのは商品次第。いろいろな要素がありますが、まずはいい商品でなければならない。


岡本行夫

有史以来、何千年もかかって最初に10億人に達したのが1800年。20億人になったのが130年後の1930年。30億人になったのが60年。40億人になったのが75年。さらに50億人になったのが87年。これに伴い、市場も幾何級数的に変わってきました。そうなると、一番大事なのはスピードです。シリコンバレーでは1日2日で返事が来ることが、日本では早くて1、2か月かかる。


アルバート・アインシュタイン

私は人間関係の変わりやすさを知りました。そして、冷たさや熱さから身を遠ざけることを学びました。そうすれば、温度のバランスがかなりよくとれるので。


仙頭宣幸

僕はこれからもずっとひとりでやっていきたい。組織が嫌だったのが会社を辞めた原因ですからね。


フランシス・ベーコン

生みだされ受けいれられてきた哲学はどれも、舞台の上で演じられるお話のようなものだ。それらが説いているのは芝居小屋向けの架空の世界にすぎない。


松井忠三

職人芸では経営が上手くいきません。職人は1つの事をやらせると素晴らしい能力を発揮しますが、どんどん広げて組織としてやっていく能力が低い。


茂木健一郎

人間は自分の脳内にどのような情報が詰まっているか、意外と把握していないものです。それが、人に話している過程で浮上してくることもあれば、逆に相手から質問されることで新しい発想に誘導されることもあります。


野田稔

わざわざアピールなどしなくても、お互いにわかってもらえるほど能力の高いメンバーが集まった組織ならプレゼン術なんて不要です。ギスギスした組織の場合、プレゼン術を磨く前に、本来は人と人の関係から直して、組織を変えることが先決なのです。


佐藤裕久

飲食業は人が必要な仕事であり、人を使う仕事ってよく言われますが、そうじゃなくて、こんな人がいるからこんな店をつくろうかという話になるべきなんですよ。


山本由樹

『STORY』の編集に携わる以前は16年間、週刊誌でニュース記事を作っていました。異動してショックだったのは、その経験が役に立たなかったこと。そこでロケ場所探しから撮影の助手まで、新入社員がするようなことから再出発しました。新しい分野に挑戦する時は、謙虚にならないといけない。それがファッション誌編集者としての最初の反省でした。


野田一夫

はっきりとモノを言い、こうだと思ったことはとことん実践する。現在85歳の私は、常に自分流を貫いてきました。気がついたら、自分なりの大学改革と、多摩大学や県立宮城大学など3つの新しい大学創設に携わりました。