名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リン・トゥイストの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リン・トゥイストのプロフィール

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

リン・トゥイストの名言 一覧

もっともっとお金が欲しい。稼いでも稼いでも欲しいものに追いつかない。それが「欠乏」の神話です。


結局、豊かさの実感とは、積み上がったお金で得られるものではなく、お金を寛大に使うことによってもたらされるものなのです。


理想の生活を送るために、物質的にも精神的にも豊かになるために、もっともっと多くのお金が必要である。多くの人はこの「神話」にとらわれて、お金とあなた自身の正しい関係にたどりつくことができません。人の欲には際限がないからです。貯めれば貯めるほど不安になるもの。それがお金なのです。


私は「ハンガー・プロジェクト」のファンドレイザー(資金調達担当者)として2億ドル以上の資金を集めるかたわら、世界中を飛び回り飢餓と戦ってきました。世界中で数えきれないほどの人々と出会い、それらの人々がお金とどのような関係を築いているかを目の当たりにしてきました。目の見えない小さな赤ん坊を抱えて物乞いをする母親、アメリカ大手食品メーカーのCEO、グアテマラのシャーマン、日本のサラリーマンたち、そしてマザー・テレサやダライ・ラマ法王といつた世界的な精神的指導者まで。そしてお金に支配されるのではなく、お金を正しく使うことが本当の豊かさを教えてくれることを知ったのです。


リン・トゥイストの経歴・略歴

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

他の記事も読んでみる

安達一彦

小さくても成長する可能性があるなら、そのマーケットで一番を目指すことが大事。大企業よりも先に一番になれば結局は勝ちなんです。


豊田昌洋

M&Aは小さいところから大きく育てる。キラリと光るものがあればいい。M&Aは足し算ではなくて、一緒になることで企業価値を高めていく。だから、飛躍ができる掛け算であるべき。


ひろゆき(西村博之)

最終的に2ちゃんねるは聞いたこともない国の、誰ともわからない人が運営しているという未来があるかもしれません。2ちゃんねるが消滅したとしても、なにか似たようなサービスが必ず出てくるのです。そして、そのウェブサイトにユーザーが集まるという状況になるのではないでしょうか。2ちゃんねる的なサービスは、名前や形を変えつつも残り続ける。


森雅弘

シリコンバレーのITは人間的要素が薄く、ロジカルで功利的。確かに効率的ですが、私は温かみの部分を、いかに冷たいITに乗せることができるかにチャレンジしたい。それができるのはシリコンバレーでも、中国でもなく、日本企業だと思う。


上原明

私は多くの素晴らしい方々に育てられ、本当に恵まれてきました。そうした方々の多くはすでに亡くなられていてお返しはできません。ですから社会へと次の世代にお返しをすることが私の使命だと思っています。


池上彰

相手に何かを伝える行為は、決して自分の知識をひけらかすことではありません。相手の立場を慮って、わかりやすく伝える気持ちを持つことが大事なのです。


田口佳史

江戸末期の儒学者・佐藤一斎の「重職心得箇条」には、「政事は大小軽重の弁を失ふべからず」という言葉があります。リーダーは軽重や前後の順番の判断を誤ってはいけないと。


新井田傳

今、タイに5店舗出店しています。ですが、これは将来の海外展開の布石という認識です。国内の飲食業や小売業を見ていると、国内で1千店舗くらいになると、チェーン内で業績を食いあうようになります。だいたい、国内1千店舗というのが限界のようなのです。そうなったら積極的に海外に出て行く。今はその準備段階です。


守島基博

日本の企業は、たとえその人が極めて優秀だとわかっていても、社運をかけるような仕事を10年目の社員に任せているだろうか。上司やリーダーは、2回失敗した若者に3回目のチャンスを与え、また本人もその課題(でも、とても重要な課題)を堂々とこなすことがあるだろうか。


平田進也

僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


根本二郎

言うまでもなく日本はいま、極めて厳しい状況にあります。企業はデフレ不況との戦いに必死になっています。ただ、企業というものは大きな危機にぶつかると、短期的なその場しのぎの対策に陥りがちな気がします。しかし、実はピンチのときこそ長期的な視点が必要なのではないでしょうか。


矢野博丈

お客さんの考え方は常に変化します。それに合わせることが何よりも大事です。