名言DB

9412 人 / 110637 名言

リン・トゥイストの名言

twitter Facebook はてブ

リン・トゥイストのプロフィール

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

リン・トゥイストの名言 一覧

もっともっとお金が欲しい。稼いでも稼いでも欲しいものに追いつかない。それが「欠乏」の神話です。


結局、豊かさの実感とは、積み上がったお金で得られるものではなく、お金を寛大に使うことによってもたらされるものなのです。


理想の生活を送るために、物質的にも精神的にも豊かになるために、もっともっと多くのお金が必要である。多くの人はこの「神話」にとらわれて、お金とあなた自身の正しい関係にたどりつくことができません。人の欲には際限がないからです。貯めれば貯めるほど不安になるもの。それがお金なのです。


私は「ハンガー・プロジェクト」のファンドレイザー(資金調達担当者)として2億ドル以上の資金を集めるかたわら、世界中を飛び回り飢餓と戦ってきました。世界中で数えきれないほどの人々と出会い、それらの人々がお金とどのような関係を築いているかを目の当たりにしてきました。目の見えない小さな赤ん坊を抱えて物乞いをする母親、アメリカ大手食品メーカーのCEO、グアテマラのシャーマン、日本のサラリーマンたち、そしてマザー・テレサやダライ・ラマ法王といつた世界的な精神的指導者まで。そしてお金に支配されるのではなく、お金を正しく使うことが本当の豊かさを教えてくれることを知ったのです。


リン・トゥイストの経歴・略歴

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

他の記事も読んでみる

松田秀和(経営者)

海外の商談において、日系企業は英語でやり取りするケースが多いが、現地の言葉を使った方が現地の人も喜ぶし、仕事もスムーズに運ぶ。海外では特に言葉が大事になってくるのに、日本で英語ができる人は多くいても、タイ語やインドネシア語ができる人はまだまだ少ない。当社がそうした隙間を埋めることで、日本と東南アジアの懸け橋となる存在になりたい。


小林浩志

怒りをぶつけて、自分も周囲も絶対的な幸福が得られるのか。そこを見極めると、決してそうではないことが理解できる。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分と同じように、誰もが自分の心に従って生きていることを認め、それを尊重しましょう。人はそれぞれの心に導かれて生きているのです。あなたと違う考え方や価値観で生きている人たちがいるのは、当然です。


吉田兼好

勝たんと打つべからず、負けじと打つべきなり。


川西修

会社の課題をやり遂げるというのは、パート、アルバイトまでが「なぜやるのか」ということが伝わる仕組みをつくらなければならない。


糸井重里

オリジナリティーあふれるブランドに育てるには、お客さんに「ここは頑張って力を入れたよ」とアピールできる目に見える要素も必要。


熊切直美

アパートやマンションの建設から入居者の斡旗、管理・運営まで、一貫したサービスが当社の強み。30年一括借上や長期修繕負担など、潜在的なニーズをくみ取った高度なサービスも、評価をいただいています。事実、新規受注する案件の半数以上が、過去にお取引いただいたオーナー様。リピートオーダー率52.3%という数字が、厚い信頼関係の一端を表していると思っています。長いお付き合いの中で2棟目、3棟目とご依頼をいただく。これは日頃からオーナー様のご相談に対して、資金や税務などを含め、専門スタッフが全力でお応えしている結果にほかなりません。


中村洸太

誰でも心に余裕がなくなると、イライラしてきます。重要なのは、その時に自分が普段の状態ではないことに気づき、誰かを傷つけるような言動を取らないように注意すること。イライラした気持ちを正しく抑える手法を知っておくことも大切です。


三谷宏治

これだけ多様な情報発信がされる時代になったというのに、多くの人は同じ情報しか見ていません。ネットで情報を調べても、検索結果の上位に表示されたサイトしか見ませんし。ニュースもヤフーのトップページに掲載されたものしか見ていません。ネットであらゆる情報にアクセスできるのに、結局は皆と同じメジャーな情報しか見ていない人がほとんどなのです。これでは多数派の意見に流されて当たり前です。


藤井美保代

部下からの報告や相談で業務が細切れになりがちな場合は、定期的に「報連相タイム」を設けましょう。アポも会議も入れず情報共有に徹する時間を持つことで、進捗状況を俯瞰的に見られますし、一人のメンバーがひそかに業務を抱え込む「タコツボ化」も防げます。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

まずお勧めしたいのが、資産残高推移表を作ること。やり方は簡単で、複数の口座がある場合は、全ての資産残高を毎月1回一覧表にまとめて集計するだけです。数か月続けていると、「前月と比べて今月は赤字だった」「住宅ローンの繰り上げ返済をする余裕がない」「支出を減らすには、毎月一定額だけを引き出すようにした方がよさそうだ」といった気付きがあるので、それらを書き留めておきましょう。これだけで「今日の資産合計」と「今月の収支差額」を把握できるのでお金が貯まり始めます。


ケリー・マクゴニガル

人には潜在的な能力があり、それを発揮する唯一の方法が「自分自身に挑戦すること」です。直面する難題を「成長するチャンス」と捉え、そこで失敗したらミスの内容を理解し、次回同じことが起きた時の対処策を考えればいい。


家本賢太郎

当社では、社員の半数近くが外国籍ですが、たとえばフランス人の社員は入社1年目で、平気で2~3週間のバケーションを申請してきました(笑)。そうした提案を、日本では聞いたことがないと突っぱねるのではなく、むしろ多様な働き方を認める方向に進めていきたいと考えています。


五島昇

企業は愛されるだけでは駄目だ。尊敬される怖さを持て。


佐々木隆(経営者)

お客さまはカウンターに座って「良いところを紹介してくれ」ではなく、はっきりと目的をもってやってくる。「フランスに行く」ではなく、「ルーブル美術館に3日間行く」など、限定しているのです。つまり、均一のクオリティーの商品を大量に供給すれば事足りるという時代は変わってしまい、昔のような「付和雷同型」商品の提案ではうまくいかない。