リン・トゥイストの名言

リン・トゥイストのプロフィール

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

リン・トゥイストの名言 一覧

もっともっとお金が欲しい。稼いでも稼いでも欲しいものに追いつかない。それが「欠乏」の神話です。


結局、豊かさの実感とは、積み上がったお金で得られるものではなく、お金を寛大に使うことによってもたらされるものなのです。


理想の生活を送るために、物質的にも精神的にも豊かになるために、もっともっと多くのお金が必要である。多くの人はこの「神話」にとらわれて、お金とあなた自身の正しい関係にたどりつくことができません。人の欲には際限がないからです。貯めれば貯めるほど不安になるもの。それがお金なのです。


私は「ハンガー・プロジェクト」のファンドレイザー(資金調達担当者)として2億ドル以上の資金を集めるかたわら、世界中を飛び回り飢餓と戦ってきました。世界中で数えきれないほどの人々と出会い、それらの人々がお金とどのような関係を築いているかを目の当たりにしてきました。目の見えない小さな赤ん坊を抱えて物乞いをする母親、アメリカ大手食品メーカーのCEO、グアテマラのシャーマン、日本のサラリーマンたち、そしてマザー・テレサやダライ・ラマ法王といつた世界的な精神的指導者まで。そしてお金に支配されるのではなく、お金を正しく使うことが本当の豊かさを教えてくれることを知ったのです。


リン・トゥイストの経歴・略歴

リン・トゥイスト。コンサルタント、ファンドレイザー(資金調達担当者)。30年以上にわたって飢餓や自然保護、女性や子供たちの問題に携わる。「ハンガープロジェクト協会」設立に参画。アマゾン熱帯雨林保護のNPO「パチャママ・アライアンス」を設立。著書に『人類最大の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまうお金とあなたの関係』ほか。

他の記事も読んでみる

柳澤大輔

今年の社員合宿のテーマは「カヤックらしい解散方法とは?」でした。そういうことをテーマにみんなで考えてもらっています。 例えば、もし会社が潰れるとしたら、それは経済的に苦しくなったとか、突き詰めていっちゃうと、社会から必要ないと思われているということだと思うんです。それは受け入れなきゃいけない。でも、それでも最後に、価値ある何かを実行することができたら。社員が他社へ転職するとしても、それはアドバンテージになります。


赤井益久

渋谷は学・職・遊・住の機能が混在した街。複合的で多様性に富むから、いろいろな人たちを引き付け、成功も失敗も含めて街が人を育てるという環境があるように思います。


澤田秀雄

ハウステンボスの再建をはじめたとき、社員たちは元気がなかったですね。社内の雰囲気もとても暗かった。18年間ずっと赤字ということは、「ボーナスが出ない」「給料も上がらない」「優秀な人材も去っている」ということ。社長が9回も代わっていますし、「頑張っても黒字にならない」という諦めが蔓延していた。明るくなれるわけがなく、負け癖がついている状態でした。私が意識したのは、とにかく分かりやすく、すぐに実行できる「働き方の改革案」を提示し、現場の雰囲気を変えること。難しい話をしても、簡単には伝わりません。今すぐ誰でもできることで結果を出し、負け癖体質を少しずつ変えようと考えました。具体的に求めたのは3つの働き方です。「出勤後15分の掃除」「嘘でもいいから明るく振る舞う」「早く歩く」。この3つを実践すれば黒字になると訴えました。最初は皆、狐につままれたような顔でしたよ(笑)。でも「騙されたと思ってやってみなさい」と。


小松美羽

個展にこぎつけるまでに、たくさんの人の力を借りてきた。広いスペースを作品で埋められる作家であることは重要なことであるが、そう簡単な話ではない。けれど、しっかりと旧作品含め新作を多く発表できたのは、日頃のチームワークの賜物である。


笠井伸啓

技術的な優位性を維持するために、当社では売上高の15%以上を研究開発投資に回しています。比率こそほぼ一定ですが、事業の伸びに伴って投資の絶対額も伸びており、そうした圧倒的な技術開発力こそが他社に対する競争力の源泉になっています。


吉野真由美

相手が男性の場合は、社会的成功につながる未来像を伝えると効果が高いようです。女性が多い部署なら、「このサービスをご利用いただいた企業様では、売上が30%アップしました。その利益分で、今年の夏は部署のみなさんで沖縄に社員旅行に行かれるそうですよ」といった楽しい未来像を伝えるのもよいでしょう。ここでは「あなたもこうなれますよ」とはひと言も言っていません。ですが、第三者話法で語られると、聞いた人は自分もそうなれるんだろうなと思ってしまう効果があります。「このサービスはお勧めです」と直接的なアピールをするより、この話し方の方がずっと相手に欲しがらせることができます。


山田昭男

給料を払っているから従業員をできるだけこき使え、という発想。そういう発想では、いつまで経っても残業はなくならないよ。


泉谷しげる

敬語には距離があるだろ。目上の人に対して気やすい言葉をいえるような空気を作ってみな。いつまでも丁寧な口のきき方をするのは、懐に入るなって意思表示してるようなもんじゃん。結局、敬語ばっかり使ってるヤツって、相手の懐に入りたくないし、自分の懐にも入れたくないだけじゃないかな。


藤井孝一

よく「起業したい」という相談を受けますが、起業以降の具体的な目標や計画の有無で、起業自体が成功するかどうかも変わる。


寺田航平

毎年生まれてくるキャッシュフローを、次に何に使っていくかが大事。


白石徳生

自らの欠点を認めて進化できる、成長余力のある人材があってこそ、企業は成長し続けていける。


泉谷直木

諦めない人は、人を喜ばせることに生きがいを感じる人です。自分の暮らしに対して愛情が深い人は、目標に対して執念を持っています。自分の成長を楽しんでいる人も容易に諦めません。自分はもっとできるはずだという気持ちがあるから、自分に対して諦めないのです。


宋文洲

生え抜き経営者もよく変化の必要性や改革を叫ぶ。しかし、30年も同じ企業文化の中にいた人が想定している変化はたかが知れている。30年も漬け込まれた漬け物が、いきなり斬新な味に変われるわけがないのと同じだ。


藤原和博

プレゼンテーションとは、自分の主張を伝えるものと考えがちです。しかし、本当に上手いプレゼンテーションとは相手の頭の中に自然にイメージをつくることです。


若園浩史

自分の思いが一番大切だと思います。起業なんて急いでする必要は無いですし、起業したいのに、周りの環境や体裁を気にして我慢するのもナンセンスだと思います。「思い立ったが吉日」です。


ページの先頭へ