名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リルケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リルケのプロフィール

ライナー・マリア・リルケ。オーストリア生まれのドイツ語詩人。プラハ大学、ミュンヘン大学などで学び、詩作に励む。詩のみならず『マルテの手紙』『神様の話』『プラハの二つの物語』などの小説を残した。バラのとげに刺された傷がもとで白血病となり51歳でこの世を去る

リルケの名言 一覧

結局夏は来るのです。だが夏は永遠が何の憂いもなく、静かに広々と眼前に横たわっているかのように待つ辛抱強い者にのみ来るのです。私はこれを日ごとに学んでいます。苦痛のもとに学んでいます。そしてそれに感謝しています。忍耐こそすべてです。


およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。その樹液の流れを無理に追い立てることなく、春の嵐の中に悠々と立って、そのあとに夏が来るかどうかなどという危惧を抱くことのない樹木のように成熟すること。


リルケの経歴・略歴

ライナー・マリア・リルケ。オーストリア生まれのドイツ語詩人。プラハ大学、ミュンヘン大学などで学び、詩作に励む。詩のみならず『マルテの手紙』『神様の話』『プラハの二つの物語』などの小説を残した。バラのとげに刺された傷がもとで白血病となり51歳でこの世を去る

他の記事も読んでみる

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこからわざわいを引き出す。


出井伸之

主力事業がいつまでも主力であり続けられないように、お荷物とされていた事業が次の主力になることもある。今のように変化のスピードが速い時代はなおさらです。そう考えると、不振部門に行くことは決してマイナスではない。


松沢幸一

私は新人のころは、仕事が非常に遅かった。仕事に意義を見出せていなかったからです。何のためになるのかと思い悩んでいました。でもある上司が、自分が手掛けている仕事が、会社のために、社会のためにいかに役立っているかを気づかせてくれたのです。以来、仕事の意義を踏まえつつ、自分で何をすべきなのかを考えるようになりました。


津田秀樹

上司に叱られている自分や、顧客のクレームに頭を下げている自分は、会社の人間としての役割を演じていると割り切ってみるといいでしょう。芝居が終われば役者が素の自分に戻るように、就業時間が終われば、自分も楽しく酒を飲み、好きな趣味に興じる。あまりひどいストレスにさらされ続けると、心は病んでしまいます。自分の心を守るためにも、意識的に役割を使い分けてみることをお勧めします。


三村明夫

中小企業は決して弱い存在ではないです。一つは意思決定が早い。景気が悪いときに大企業がやらないような将来の投資をやった中小企業もたくさんある。


大川順子

一人で勉強しなくては、と考えると大変に思えますが、仕事には必ず「一緒に働く人」がいます。客室乗務員は常にチームで動きますから、私の場合は先輩や仲間からアドバイスを受けることで多くの知識を得られました。仲間の経験を積極的に聞くことも、とても良い方法です。チームが意識的に、各自の経験を情報としてシェアする習慣を持てば、さらに効果的だと思います。


岡田尊司

相手が話している間に「うんうん」と頷いたり「えっ?」と驚いたりすることで、相手は「ああ、わかってくれているんだな」という安心感を得られます。相手によっては多少オーバーにやってもいいでしょう。


佐藤綾子(心理学者)

理念なき言葉の繰り返しは無意味。


佐々木正悟

よく、忙しさは幸福の源泉と言われるように、仕事が上手くいっていれば幸福感が高まるものです。そういうときには、休憩を取らなくなりますが、楽しかったり、充足感でいっぱいのときでも、ストレスはかかっているものです。それは体にいい状態とばかりいえないのです。仕事が上手くいっているときでも脳を休ませるようにするといいでしょう


吉田知明

どこで働くかは社員にとって大切なことですから、できるかぎり希望に添うようにしています。当社の個別指導塾が初めて北海道に進出したのは、新入社員の希望がきっかけでした。よくよく聞いてみると「恋人と離れたくない」という理由だったようで、その社員も2年くらいで別れて「もうどこでもいいです」となりましたが(笑)。


内永ゆか子

提案書には必ずリスクファクターと、その対応策を盛り込むようにしています。上司はみな、いいことずくめの文書を読み飽きているはずですから、それだけで「おっ」と思ってもらえます。これも上司の立場に立てばすぐわかることです。


泉谷しげる

俺の場合、デビューした頃はフォークブームだったから、地方に行って毎日歌って、移動中に曲書いて、2日間でレコードつくって、みたいな日々。忙しすぎて、音楽を嫌いになりそうでしたよ(笑)。乗り物が大の苦手で、移動も本当に苦痛だった。だから乗り物酔いなんかしない、強くて「暴君」な泉谷しげるになるために鍛えましたね、心身ともに。プロである以上、自分が楽しむのではなくスタッフやお客様に喜んでもらえることをしよう、という意識でやっていた。おかげで今は、乗り物も全然平気。あの頃に感謝だね(笑)。