リルケの名言

リルケのプロフィール

ライナー・マリア・リルケ。オーストリア生まれのドイツ語詩人。プラハ大学、ミュンヘン大学などで学び、詩作に励む。詩のみならず『マルテの手紙』『神様の話』『プラハの二つの物語』などの小説を残した。バラのとげに刺された傷がもとで白血病となり51歳でこの世を去る

リルケの名言 一覧

結局夏は来るのです。だが夏は永遠が何の憂いもなく、静かに広々と眼前に横たわっているかのように待つ辛抱強い者にのみ来るのです。私はこれを日ごとに学んでいます。苦痛のもとに学んでいます。そしてそれに感謝しています。忍耐こそすべてです。


およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。その樹液の流れを無理に追い立てることなく、春の嵐の中に悠々と立って、そのあとに夏が来るかどうかなどという危惧を抱くことのない樹木のように成熟すること。


リルケの経歴・略歴

ライナー・マリア・リルケ。オーストリア生まれのドイツ語詩人。プラハ大学、ミュンヘン大学などで学び、詩作に励む。詩のみならず『マルテの手紙』『神様の話』『プラハの二つの物語』などの小説を残した。バラのとげに刺された傷がもとで白血病となり51歳でこの世を去る

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

自分の長所や短所は、他人という鏡に映って初めてわかる。面と向かって「君はこうだ」と言ってくれる場合もあるし、ちょっとした言葉、仕草、表情に、自分の姿が反映されることもある。


佐々木正悟

人は同じことを繰り返すと、動作が少しずつ速くなっていく。まったくタイムが縮まらないということはありません。


松本大

私はニュースを決して鵜呑みにしない。ニュースの裏側にある情報ソース、考え方について探ろうというスタンスを長年とっている。


佐藤綾子(心理学者)

聞いて9割、話して1割。


つんく♂

ゴールまでの道のりが42.195kmで、「20年後にそこにたどり着きたい」という仮想ゴールを設定する。そして、「20km地点までにはこれをやっておく」「10kmまでには」というように、逆算で目標を決めていく。そうやって逆算していくと、「100m先に進むために、何をしなければいけないのか」が見えてきます。すると、いまやるべき仕事が、つまらないどころか、いかに大事な仕事かがわかるはずです。


井上高志

起業当初の事業計画書を見ると、何の根拠もない数字ばかりです。「売上予測のグラフは右肩上がりだけど、なぜそういえるの?」と聞かれると、「気合で何とかします!」なんて答えていましたから。当然ながら気合で何とかなるほど甘くありませんから、相手もそれでは納得してくれません。このような商談の席で突っ込まれたことから、数字で説明するということの必要性を意識し始めたと思います。宣伝戦略を考えるにしても、人を雇うにしても、何かと数字を意識しなければいけないということがわかってきたんです。そこでようやく数字について学ぼうという気になったわけです。


鈴木亜久里

マネジメントの勉強なんてしていませんよ。しいて挙げれば、僕が頼りないのがよかったんじゃないかな。周りがフォローしようと頑張ってくれるからね(笑)。僕はチームの方向を示すだけで、あとはスタッフが現場で具体化してくれます。でも、それで結果が出なかったら、その人を採用した僕にすべての責任があります。


孫正義

日本の企業には洗いざらい情報を出すことを躊躇する会社もあるようですが、そういう会社は上場すべきではないんです。それならばプライベートカンパニーにしていればいいわけです。上場して多くの方から投資を仰ぐということは投資をしてくれる人に対して情報を開示するというのが当然のルールです。


松永秀隆

枠組みの中で遊ぶ姿勢が大事。


田中角栄

議員というものは、努力、勉強すれば、大臣、幹事長まではなれる。しかし、総理総裁となるとそういうわけにはいかない。それは運による。


ナポレオン

一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。


吉田忠裕

以前から黒部が「技術の総本山」と言っていますが、本山がたくさんあってこその総本山です。ですから総本山と、それぞれの本山の役割があります。


ジェリー・ドリザス

フォルクスワーゲンはバリューチェーンの価値を高め、人材を育成し、適切な商品を導入し、それを積極的に宣伝するという4つの方策をその国の文化やお客様のレベルにアレンジしながら推進していった結果として、販売台数が増加しているのです。


桐山一憲

日本市場の成長が止まったのが事実だとしても、P&Gジャパンにはまだまだ成長の余地が残っています。すべての商品群で市場シェアが限界に近いところまで高まっているかといえば、そうではないからです。


川野幸夫

「商いのコンセプト」をはっきりさせることが大切です。「何屋になるのか=どんなスーパーを目指すのか」を明確にして、それを充実させるために努力をずっと続けていくのです。


ページの先頭へ