名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

リック・ピティーノの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リック・ピティーノのプロフィール

リック・ピティーノ。アメリカのバスケットボール監督。マサチューセッツ大学卒業。プロアマ問わずボストン大学、ケンタッキー大学、NBAボストン・セルティクス等の監督を歴任。大きな成果を残した。著書に『成功をめざす人に知っておいてほしいこと』ほか。

リック・ピティーノの名言 一覧

長期的な成功というのは、そこに至るまでの過程での小さな勝利の積み重ねの結果であり、絶えず進歩を追い求めていけば、小さな成功が大きな成功と目標の達成につながる。


リック・ピティーノの経歴・略歴

リック・ピティーノ。アメリカのバスケットボール監督。マサチューセッツ大学卒業。プロアマ問わずボストン大学、ケンタッキー大学、NBAボストン・セルティクス等の監督を歴任。大きな成果を残した。著書に『成功をめざす人に知っておいてほしいこと』ほか。

他の記事も読んでみる

山本真司

「何でもやりたい病」とは、様々なことを学び散らかして、何ひとつ身につかないという病です。最近は、「○○くらいできないと乗り遅れる」といった情報があちこちから入ってきますから、焦るのも無理はないですが、学習対象が絞られていないと、限られた時間を薄く分散してしまうことになります。だから何も身につかなくなってしまう。


坂本幸雄

部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


小杉友巳

夢はただ待っていても叶えられません。誰も与えてくれません。あなたが自らの手で勝ち取っていかなければならないのです。


土橋章宏

自分のやりたいことを若いうちに見つければ、そこに近づきやすいかもしれない。けれど、キャリアチェンジはいつでも可能だと思うんです。


小林幸雄(経営者)

大手はすべて、資本主義の自由圏に出て事業をしていました。後追いの企業として、同じ土俵で戦おうとしても、出遅れは否めません。そこで、私は、まだ他社が進出していない社会主義国に注目しました。アメリカだけでなく、西ドイツ、イギリス、フランスなどの自由圏の大国は、すでに他社がコネクションを作っていました。大手がすでにコネクションを作っている中で、我々が行っても相手にしてもらえない。だとすれば、スイスやポルトガル、スペインなどの比較的小さな国、そして鉄のカーテンで閉ざされ、未踏の地である共産圏であれば、何かあるだろうと考えました。閉ざされた世界で、医療や医薬の水準もわかりません。しかし、他社とは異なる戦略で、大鵬薬品のポジションを確立しようと、共産圏の研究所を回り始めたのです。


北尾吉孝

私はソフトバンクの孫正義さんに10年余り仕えましたが、経営会議では孫さんのぶち上げる途方もない買収提案にストップをかけるのが大きな役割でした。次々に計画する大型買収にCFO(最高財務責任者)として真正面から反対を唱えたことが何度もあります。「駄目です。それをやったら会社はつぶれます」とズバリ言ったこともあります。


太田光

ピカソは絵を描く技術がどんどん高まっていくんだけれど、あるところでその技術がかえって邪魔になって、「こんなもんじゃねえ」と一気に捨てた気がするんです。自分もそうした大転換をしないと駄目なんじゃないか。そうしないと、本当の自分の表現に到達できないんじゃないか。そう思ってはいるんですが。


ロドニー・ブルックス

ロボットの外観はある意味、何を提供できるかを約束しています。例えば、ヒト型のロボットだとユーザーは大きな期待をするかもしれません。ルンバはヒトではないように見える。それこそがとても重要なことです。世の中にある多くの人間を模したロボットに対して人々は大きな期待をしてしまいます。でも思ったほど賢くないとがっかりします。片やルンバは大きな約束をしていないので、失望しません。もちろん部屋を掃除するという約束はきちんと果たします。


久野康成

新しいマーケットに参入する時は、「マーケティング」が重要です。闇雲に工場を設立しても失敗します。


安田隆夫

当社は順風満帆に来たわけではなく、バブルを2度経験し、住民との問題や放火事件など様々なことがあった。にもかかわらず、結果として増収増益を続けてこられた理由は、「社内が外的要因にもぐらつかない体制になっていること」と、「ただちに変化に対応できる体制ができていること」の2点に尽きる。


杉山博孝

社員からの声に対して、見える形にフィードバックすることがリーダーの役目です。社員に「ほんとうに、従来のやり方にとらわれなくてもよいのだ」と実感してもらうためには、社員のどの意見を取り上げ、会社としてどのように実行するのか、取り上げない場合にはその理由は何か。こういった開示を意識して行っていきたいと考えています。


土屋敦之

「24時間営業なんて誰が来るのか?」。当初はこんなことを言われたこともありましたが、使いやすく、いつでも必要なときに利用できる点が受け入れられました。24時間フィットネスに異業種やコンビニまでが参入しているということは、我々のビジネスが認められた証拠ではないかと思います。