名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

リッキー・ヘンダーソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リッキー・ヘンダーソンのプロフィール

リッキー・ヘンダーソン。米国のプロ野球選手。福本豊を抜き、盗塁成功数世界一記録を更新した盗塁王。ア・リーグのMVPにも選ばれた。

リッキー・ヘンダーソンの名言 一覧

「俺にしかできないもの」「誰もやれなかった何か」をなし遂げたいという意欲。俺はそれを誇りにしている。
【覚書き:ケガをする可能性の高い盗塁というプレーにこだわる理由を尋ねられたときの返答】


リッキー・ヘンダーソンの経歴・略歴

リッキー・ヘンダーソン。米国のプロ野球選手。福本豊を抜き、盗塁成功数世界一記録を更新した盗塁王。ア・リーグのMVPにも選ばれた。

他の記事も読んでみる

三浦しをん

全部の時間を自分のためだけに使うのって、あんまり面白くないなと思うようになってきました。自分の発想とか思考パターンってある程度決まっていますよね。だから「新しい気持ち」があんまり味わえなくなってきて、そうするともう、仕事もしたくない! ってなるんですよ。何か自分の予想とはぜんぜん違う行動をとるような、意のままにはならない存在が必要なんだなって思います。


高岡浩三

マーケティングは経営そのものです。経営で最も重要なことは、いかに新たな価値をイノベーションで創り出し、それをどのように顧客に届けるかを考えること。ですが日本はこれまでマーケティングが不在でした。言い換えれば、ずっと新興国モデルのままでした。「製品」を作って「広告」で売るモデルから抜け出せていなかったのです。


成毛眞

私が一刻も早く捨てたほうが良いと思うのは「持ち家信仰」です。「家を持ってこそ一人前」と考えているのか、迷わずに家を買う人は少なくありません。この考え方は今の時代、非常に危険です。少なくとも、40代で20年も30年もの高額なローンを組むのはあり得ません。将来、家計が破たんするリスクが高いからです。「いざとなったら売って、安い家を借りればいい」と考えるかもしれませんが、残念ながら、大半の家は売れません。人口減によって、家が余りに余っているからです。そうこうしているうちに、貯金が底をつき、夫婦どちらかが要介護状態になれば、地獄が待っています。自分は大丈夫と思っていませんか。そんな悲劇を招きたくなければ、今のうちに持ち家を売ってしまい、賃貸に変えることをお勧めします。「持ち家がないと不安」というなら、郊外で激安の家を買いましょう。


大西洋

経済環境や経済要件はこの商売では大事な要因ですが、それで一喜一憂していてもしょうがありません。それ以上に、百貨店が低迷を続けてきた本質的な課題の克服に注力すべきです。


寺尾玄

デザインに関しては「どこからどう見ても新しいものに見えること」と「どこからどう見ても扇風機に見えること」という、一見、矛盾したコンセプトにこだわりました。「従来とは違う、新しい扇風機」というイメージは重要なのですが、「扇風機とは違う別の道具」にしてしまうと、誰も振り向いてくれないからです。あくまで皆が知っている「扇風機」でありながらも、「これまでとはまるで違う」という「驚き」があって、初めて買っていただけるのです。


新田信行

若者や女性の創業支援を行うことも僕らの仕事です。彼らは新しいアイデアがあるのにお金がない。そこに僕らが金融仲介機能として入って支援をする。大企業から見たら微々たるお金で彼らは事業を起こすことができる。


森稔

正直なところ、「ここで私がやめたいと言えば、すべて終わりにできる」と考えた瞬間もありました。しかし、そのたびに、都市の再生なしに日本の発展もないと信じて踏んばってきました。長期にわたるプロジェクトをなんとか形にできたのも、街づくりに対しての志を捨てなかったからです。


陰山英男

この経験から学んだのは、常識的な指導をしていても当たり前の結果しか出ないけれど、非常識なことに挑戦すれば非常識なまでに大きな結果が出るということでした。そういう手法は勉強でも応用できるんじゃないかと思い、実践するようになりました。
【覚書き|33歳時、生徒たちとゼロからバック転に挑戦したときを振り返っての発言】


出井伸之

ユーザーの立場に近いものほど、イノベーションを起こす可能性が大きい。したがって大企業からではなく、小さな企業からイノベーションが生まれるチャンスが広がっている。


藤原弘治

銀行はともすれば覇権主義的に、自分がリーダーとなって何かをやろうとしがちですが、テクノロジーの進展が激しい時はプラットフォーマーとなって、ベンチャーや異業種の方々に活躍してもらうという大きな発想の転換が必要。


坂下英樹

評価の観点は、どれだけ成果をあげたかという「パフォーマンス」だけでなく、どれだけ成長できたかという「ストレッチ」の部分も重視しています。


君塚良一

「面白いこと」と「面白そうなこと」は違うということをわかっておいた方がいいです。「面白そうなこと」ってたくさんあるんですよ。でもそれはなかなか人には伝わらない。でも「面白いこと」というのは相手も本当に面白いなと思うことなんです。じゃあ、面白そうなことを面白くするにはどうしたらいいか、ひとつだけ方法があります。ベースとなるスタイルを、ベーシックなものから持ってくるんです。それは刑事ものだったり時代劇だったり、恋愛ものだったりホームドラマだったり、何でもいいんですが、面白そうなことが浮かんだら、一度そのスタイルに乗せてみる。それで自分の書きたいことが書けるかどうかやってみるんです。たとえば『ブレードランナー』という映画があります。荒廃した未来が舞台で、人間とロボットの存在とは何ぞやという哲学的な映画でもあります。でもあれをよく観ると、典型的な刑事もののスタイルなんです。刑事ものというベースに乗せているから、観ている方はそんなにヘコたれない。