名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リチャード・ブランソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・ブランソンのプロフィール

リチャード・ブランソン、イギリスの実業家、資産家、経営者。英国の巨大企業ヴァージングループ創設者、ヴァージン・レコードを皮切りに数多くの会社を立ち上げる。音楽事業、航空事業、携帯電話事業、飲料水事業、鉄道事業、映画関連事業、金融事業など幅広い事業分野を持つ。太平洋横断など冒険家として有名でもある。過激な発想・発言と自由な生き方に共感する数多くのファンを持つ

リチャード・ブランソンの名言 一覧

僕が冒険を好むのは事実だ。しかし、冒険をやる前の学習が一番魅力的なんだ。


ビジネスの成功を明確に保証したり、手法を香水のように瓶詰にすることはできない。自分自身でやってみて、実践で身につけなければならない。


『ヴァージン』という名前はすべてを象徴しています。それはつまり、独占企業に対しても、消費者に対しても『処女(いままで経験したことのないもの)』だということです。(覚書き|リチャード・ブランソンは独占企業がのさばる低競争市場へ参入することが多い)


冒険しなければ、利益は得られない(Nothing ventured, Nothing gained.)。成功を約束する要素や技術はこの世に存在しない。ビジネスの成功を明確に保証したり、手法を香水のように瓶詰めにすることはできない。自分自身でやってみて、実践を身につけなければならない。


英雄とは、自分のできることをした人だ。凡人は自分のできることをせず、できもしないことをしようとする人だ。


利益を得るために会社を設立し、経営するという点では、私はビジネスマンかも知れないが、将来の計画を作り、新しい製品や会社を夢見るとき、私は理想主義者だ。


ブランソンの5つの成功法則

  1. 失敗から学んでそれを正す。
  2. リスクから逃げるのではなく、リスクを最小限に抑える工夫をする。
  3. 難しい決断を下すときには、時間をかけて冷静に、すべての選択肢を考える。
  4. リスクを心配しすぎないで、成功の可能性を見つめる。
  5. できない理由ばかりを言う人が多いが、多少の無理をするくらいでなければ、何事も前にすすまない。

ビジネスチャンスとはバスのようなものだ。逃してもまた次のが来る。とりあえずやってみて、失敗から学ぶべきだ。私はこのやり方が好きだ。何しろ毎日、新しいことを学べるのだから。やってみなければ、結局は失敗と同じ。


私がビジネスをしたいという意志の根底には『楽しさ』がありそれがはじめからやってきたことのすべての核心をなしている。安易な選択ができる機会も多かったが、あえて難しい方を選び挑戦してきた。そのことで人生はより中身の濃いものになった。


音楽もビジネスも、クリエイトする際に、自分自身か友人達のために創るべきで、お金儲けを目的としてビジネスしても、そうは問屋がおろさない。ハートから出たものじゃないと、なかなかうまくいかないと思う。一瞬の成功なんて長続きしないものだよ。


社員こそが会社の資産である。私は社員をほめて、ほめて、ほめ抜く。そうすることによって、ほめられた人は、よりレベルの高い自分にチャレンジするのです。


何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


リチャード・ブランソンの経歴・略歴

リチャード・ブランソン、イギリスの実業家、資産家、経営者。英国の巨大企業ヴァージングループ創設者、ヴァージン・レコードを皮切りに数多くの会社を立ち上げる。音楽事業、航空事業、携帯電話事業、飲料水事業、鉄道事業、映画関連事業、金融事業など幅広い事業分野を持つ。太平洋横断など冒険家として有名でもある。過激な発想・発言と自由な生き方に共感する数多くのファンを持つ

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

メンバー同士の壁を突き崩し、人と人とを結び付けてこそリーダーだ。ともかく楽な方に逃げず、能力的にも性格的にも多彩なチームを目指そう。そんな人たちが、あなたの努力も実って互いに理解し合うようになったら、チームのポテンシャルはもはや天井知らず。多面的に意見を出しあい、それをさらに多面的に検証することでチームは極めてパワフルになる。(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


武田豊

一期一会の精神をわかりやすくいえば、今という瞬間に全力投球して生きなさいということです。自分の一生というものが、たとえば70年生きようが、あるいは80年生きようが、一瞬一瞬をどう生きるかが大切なのだということです。


永守重信

創業間もない頃、出張先の米国で体調を崩して病院に運び込まれた。医師に「具合はどうか」と聞かれて、「良くない」と答えた。私がベンチャー企業の社長だと知ったその医師は、「ベンチャー企業の経営者が、そんな弱気ではダメだ。ファイン(大丈夫)と答えなさい」と言った。ベンチャー企業の経営者としてビジネスを成功させるには、態度も言葉も性格も消極的ではダメだということを改めて学んだ。


森英恵

ニューヨークに初めて行った時、デパートの地下で日本製のブラウスがたった1ドルで売られていたの。「メード・イン・ジャパン」は安物の象徴だったのです。しかも、オペラ「マダム・バタフライ」を見に行くと、主役が畳の上を下駄を履いて歩いていた。許せませんでした。恥ずかしさと、怒りが込み上げてきました。何とかしなければ……。その決意が、その後、日本人デザイナーとして、日本の布を使い、日本人の手で作った服の良さを世界で認めさせたいと、私のエネルギーになりました。


白洲次郎

反省のない人間など使いものになるとは思わない。


細貝淳一

前の会社には十分貢献したんだから、のれん分けさせてもらうつもりで独立したんです。ところが、社長は俺が商売敵になると思ったんだね。8年間で俺が開拓してきた得意先に、顔を出すことも許されなかった。顧客もいなければ、仕入れ先もない。実績もないから信用もない。何もないところから事業を始めなければならなかった。いま思えば、創業の厳しさと難しさとを、前の会社の社長は教えてくれたわけです。


清水雅

人生は長い短いの問題ではありません。楽しいか楽しくないかの問題です。下手に人生を過ごすのはまったく下の下です。よく考えてみなさい。


出口汪

有効なのは人に説明すること。たとえば、本の内容をしっかり記憶したいなら、概要や感想を話せる場や仲間を作ると良いでしょう。理解しなければ説明できませんから、思考力を働かせて読まざるを得ません。学んだことをどう表現するか。その視点を持てば、より確かな知識の蓄積が可能になるでしょう。


三宅秀道

問題の発明は決して特別なことではない。自分のわがままな考えをわがままと思わずに、こんなことがあっていいと考えついたら、できそうにないという無意識の自己規制を外せばいい。


渡辺良機

私は先代のビジネスモデル(単品で困っている会社のお役に立つ、量は追わない、付加価値を追求する)を迷うことなく、一途に、どう維持するかに徹してきた。今あるのはその結果に過ぎない。


古谷治子

謝罪では、相手の怒りをすべて吐き出させることが何より大事です。怒っている人は、とにかく怒りの感情を誰かにぶつけたいと思っています。感情が落ち着くまでは、謝ろうにもこちらの言うことを聞いてくれない場合が多い。ですから、まずは怒りを吐き出させるために、相手の話を最後まで聞いてください。


原田マハ

ずっと歩き続けていれば、誰だっていつかは息切れしますよね。ですから、ときには立ち止まって考えることも大切だと思うんです。私自身、そんな迷える女性たちの背中を押したいと常に思っていて。