名言DB

9429 人 / 110879 名言

リチャード・ブランソンの名言

twitter Facebook はてブ

リチャード・ブランソンのプロフィール

リチャード・ブランソン、イギリスの実業家、資産家、経営者。英国の巨大企業ヴァージングループ創設者、ヴァージン・レコードを皮切りに数多くの会社を立ち上げる。音楽事業、航空事業、携帯電話事業、飲料水事業、鉄道事業、映画関連事業、金融事業など幅広い事業分野を持つ。太平洋横断など冒険家として有名でもある。過激な発想・発言と自由な生き方に共感する数多くのファンを持つ

リチャード・ブランソンの名言 一覧

僕が冒険を好むのは事実だ。しかし、冒険をやる前の学習が一番魅力的なんだ。


ビジネスの成功を明確に保証したり、手法を香水のように瓶詰にすることはできない。自分自身でやってみて、実践で身につけなければならない。


『ヴァージン』という名前はすべてを象徴しています。それはつまり、独占企業に対しても、消費者に対しても『処女(いままで経験したことのないもの)』だということです。(覚書き|リチャード・ブランソンは独占企業がのさばる低競争市場へ参入することが多い)


冒険しなければ、利益は得られない(Nothing ventured, Nothing gained.)。成功を約束する要素や技術はこの世に存在しない。ビジネスの成功を明確に保証したり、手法を香水のように瓶詰めにすることはできない。自分自身でやってみて、実践を身につけなければならない。


英雄とは、自分のできることをした人だ。凡人は自分のできることをせず、できもしないことをしようとする人だ。


利益を得るために会社を設立し、経営するという点では、私はビジネスマンかも知れないが、将来の計画を作り、新しい製品や会社を夢見るとき、私は理想主義者だ。


ブランソンの5つの成功法則

  1. 失敗から学んでそれを正す。
  2. リスクから逃げるのではなく、リスクを最小限に抑える工夫をする。
  3. 難しい決断を下すときには、時間をかけて冷静に、すべての選択肢を考える。
  4. リスクを心配しすぎないで、成功の可能性を見つめる。
  5. できない理由ばかりを言う人が多いが、多少の無理をするくらいでなければ、何事も前にすすまない。

ビジネスチャンスとはバスのようなものだ。逃してもまた次のが来る。とりあえずやってみて、失敗から学ぶべきだ。私はこのやり方が好きだ。何しろ毎日、新しいことを学べるのだから。やってみなければ、結局は失敗と同じ。


私がビジネスをしたいという意志の根底には『楽しさ』がありそれがはじめからやってきたことのすべての核心をなしている。安易な選択ができる機会も多かったが、あえて難しい方を選び挑戦してきた。そのことで人生はより中身の濃いものになった。


音楽もビジネスも、クリエイトする際に、自分自身か友人達のために創るべきで、お金儲けを目的としてビジネスしても、そうは問屋がおろさない。ハートから出たものじゃないと、なかなかうまくいかないと思う。一瞬の成功なんて長続きしないものだよ。


社員こそが会社の資産である。私は社員をほめて、ほめて、ほめ抜く。そうすることによって、ほめられた人は、よりレベルの高い自分にチャレンジするのです。


何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


リチャード・ブランソンの経歴・略歴

リチャード・ブランソン、イギリスの実業家、資産家、経営者。英国の巨大企業ヴァージングループ創設者、ヴァージン・レコードを皮切りに数多くの会社を立ち上げる。音楽事業、航空事業、携帯電話事業、飲料水事業、鉄道事業、映画関連事業、金融事業など幅広い事業分野を持つ。太平洋横断など冒険家として有名でもある。過激な発想・発言と自由な生き方に共感する数多くのファンを持つ

他の記事も読んでみる

小林喜光

営業系の幹部には「経営にはアートの部分がある」と言われましたが、「経営はサイエンス」です。勘と度胸の経営だけでは不十分で、定量化の経営に挑戦しなければなりません。とくに海外では勘と度胸だけでは意思疎通が図れない。


山田進太郎

結局、ぱっと聞いて、誰もが何なのかわかるサービスでないと、一般の人に使ってもらえない。どんなサービスなのか、一言で言えるのがいいサービス。それはBtoBだろうがBtoCだろうが変わらない。


藤田晋

優れた経営者や優秀な社員の多くは、必死に走りながら、悩みと決断の繰り返しで知識や経験を積んで成果を出します。もちろん、その中で勉強もしていますが、決して勉強から始めるわけではありません。もし「勉強さえしたら何かが変わる」と考えているなら、考え直した方がいいと思います。


稲盛和夫

利益を最大化することが大事や。それには、常に創造的な仕事を行うことで売上を最大化して、経費を最小化すること。そうすれば利益は最大化していくのや。


鈴木泰信

提案力をさらに強化すべく、近年力を入れているのが出前展示会です。お客様の事業所や研究所にお邪魔して、当社の技術を展示説明する展示会を開催するのです。取引先の研究所の方々に、従来の取引製品だけでなく、当社が持つ他の技術を見ていただくことで、新たなニーズに応えるチャンスに結びつけるのが狙いです。


住谷栄之資

医療も発達して、超高齢化社会を迎えています。しかし、できるだけ医療に頼らず健康に天寿を全うするにはどうすればいいのかを、自分で考えて向き合うことが、大切だと思います。


コシノジュンコ

母は毎朝早く起きて深夜2時、3時まで働く毎日でしたので、一体いつ寝ているのか不思議に思ったぐらいです。おかげで私たちにも、何でも早くやる習慣が身につきました。食事はパパッと手早くおいしいものをつくるのが普通だと思っていましたし、洋裁でも生地は一気にスパッと切るものと考えていました。いちいち測らなくても、サイズ通りにピタッと合うのが当たり前だったのです。


藤田聰

キャリアの8割は、予想しない偶然から作り出されている。キャリア形成にとって、「中長期的に考えること」も「目の前の偶然を大事にすること」も重要。


吉田晴乃

みんなが自分の時間を大切にして、楽しく幸せであってほしい。それが最高の生産性につながる。


佐々木かをり

私は毎朝、だいたい4時に起きています。それから原稿を書いたり、経営のことを考えたり。昼間はどうしても来客や会議の予定が入ってしまうので、一人でじっくり集中して考える仕事は、やはりこの時間帯が最もはかどります。