名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

リチャード・デニスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・デニスのプロフィール

リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした

リチャード・デニスの名言 一覧

不安定になるような損が出た場合、フロアを離れ、家に帰って昼寝をするなり何なりして、次のトレードの決断を下すまでに少し時間をあける。


トレードをした後、1、2週間たっても損が出ている場合、明らかに間違っている。相当な時間が経過しているにも関わらず、損益分岐点の辺りにいる場合も多分間違っているだろう。その時は取引を縮小する。もし本当にダメだったら、あきらめて手じまう。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


トレードのルールを新聞に公表したとしても、誰もその通りにやらないだろう。どんな悪い状況でも自信を持ってトレード・ルールに従ってやることだ。トレードについて最も考えたくない時、つまり損をしている時こそ、最もトレードに注意を集中しなければならない時だ。自分の資金の日々の増減に振り回されてはいけない。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


トレードで運がどれくらいの割合を占めているのか、長い目で見ればゼロだ。一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


始めたばかりの頃はこれ以上はひどくならないという程ヘタクソなトレーダーの方がいい。実績が出る前に大きな賭けをしたら、それはうまくいかない。小さくトレードしなさい。なぜなら、はじめのうちはそれ以上悪くなり得ないほど出来が悪いからだ。自分のミスから勉強しなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


リチャード・デニスの経歴・略歴

リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした

他の記事も読んでみる

野村克也

現役時代、俺が諦めたものは「肩」があるかもな。キャッチャーにしては肩が悪いから走者を刺せない。しかし、その分、ランナーやベンチの心理を読む力を磨く努力をしたんだ。


羽鳥兼市

改めて感じるのは、創業者は元気なうちに次の世代にバトンタッチすべきということだ。現役でもやれる自信があるタイミングなら、いざという時に後方からバックアップできるからだ。


川田修(ライフプランナー)

テレアポでつらいのって、自分が否定されていると思ってしまうことです。アポが取れないことが問題じゃなくって、それでめげてしまうことが問題。1件目のつらさが100だとすると2件目のつらさは50になる。やり出してしまえば、自分の中の鉄の鎧が落ちていく。


末木紳也

まず将来独立するのか、会社の中でキャリアを積むのか、自分がこうなりたいというイメージを持つことが大切です。そうすればどの資格が必要なのか、おのずとわかってきます。


仲代達矢

我々は成功を望んで一生懸命やっている。だから成功した時こそ、過去をぱっと切り捨てて別の角度から出発することが大切。


松澤萬紀

人間関係を円満にするには、「相手の承認欲求を満たす」ことが第一歩です。誰でも親しくない相手の前では、多少なりとも不安があり、無意識のうちに壁を作っています。「あなたを認めている」と承認を示す言葉は、相手の心の壁を崩し、安心感や親しみやすさを感じさせます。


樋口武男

言葉に説得力を持たせるには、率先垂範の姿勢が不可欠である。山口支店長だったころの私には、部下の2倍は仕事をしているという自負があった。私が率先して支店の業績を上げようとしていることは、誰の目にも明らかだったはずだ。もしその裏付けがなかったら、部下との「徹底対話作戦」は意味をなさなかっただろう。


リチャード・デニス

トレードで運がどれくらいの割合を占めているのか、長い目で見ればゼロだ。一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


梅原勝彦

経営上の決断にあたって留意したことがいくつかあります。

  1. まず、その事業が世の中に必要かどうか。私の場合は、3つの事業とも、市場で問題になっていることの解決を目的に参入したから成功したのです。
  2. その事業で利益を出せるか。これは当然のことで、利益が出る見込みがないものに会社の資金と人を投入するわけにはいきません。
  3. 万にひとつでも業界でトップになれる可能性があるか。悪くてもトップファイブに入る見込みがない業界では、絶えず上位の会社にふり回されてしまいます。上位5社に入ればトップの後ろ姿も見えます。

この3つは若い人たちに口を酸っぱくして言ってきました。


ポール・シーリィ

中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


野木森雅郁

外国人との話し合いでは常に誤解があることを前提に考え、かつ備える必要がある。日本側が「互いに理解し合っている」と思っていた事柄で、問題が突然起きることも多かったからです。


小倉広

「人生でやりたいこと」とは、多くの場合、いますぐ手をつけなければならない緊急事項ではないでしょう。しかし、仕事で多忙を極めているはずの高年収者ほどそのための時間を意識して生み出し、努力してスケジュール化しています。