名言DB

9419 人 / 110788 名言

リチャード・デニスの名言

twitter Facebook はてブ

リチャード・デニスのプロフィール

リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした

リチャード・デニスの名言 一覧

不安定になるような損が出た場合、フロアを離れ、家に帰って昼寝をするなり何なりして、次のトレードの決断を下すまでに少し時間をあける。


トレードをした後、1、2週間たっても損が出ている場合、明らかに間違っている。相当な時間が経過しているにも関わらず、損益分岐点の辺りにいる場合も多分間違っているだろう。その時は取引を縮小する。もし本当にダメだったら、あきらめて手じまう。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


トレードのルールを新聞に公表したとしても、誰もその通りにやらないだろう。どんな悪い状況でも自信を持ってトレード・ルールに従ってやることだ。トレードについて最も考えたくない時、つまり損をしている時こそ、最もトレードに注意を集中しなければならない時だ。自分の資金の日々の増減に振り回されてはいけない。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


トレードで運がどれくらいの割合を占めているのか、長い目で見ればゼロだ。一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


始めたばかりの頃はこれ以上はひどくならないという程ヘタクソなトレーダーの方がいい。実績が出る前に大きな賭けをしたら、それはうまくいかない。小さくトレードしなさい。なぜなら、はじめのうちはそれ以上悪くなり得ないほど出来が悪いからだ。自分のミスから勉強しなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


リチャード・デニスの経歴・略歴

リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

ドラッカーが言うには、レイヤー(層)がひとつ増えるごとに、上に上がる有益な情報は半減し、雑音は倍増するそうだ。下からのボトムアップを行おうとすると、レイヤーごとに都合の悪い情報は消されてしまい、むしろ上に気に入られようとする雑音のような情報だけが増えてしまう。だから経営者は現場に入り、生の情報を直接入手すべきである。


平井伯昌

最新の科学情報を得ると、その情報通りに従いたくなります。でも、それにとらわれると、選手の泳ぎの良さが失われる場合だってある。情報を最大限に活用するためには、思考の柔軟さが必要です。そのためにも「自分の頭で考える」という習慣が大事。


北島忠治

選手は将棋の駒ではなく、生きた人間なわけですから、こちらが環境さえつくってやれば、勉強もするだろうし、ラグビーもやっていく。


ポール・オーファラ

人に頼む方法さえ身に付けておけば、人生を切り抜けられる。


益子修

32年間の商社勤務で、いろいろな国に行き、その国の習慣の中でビジネスをしてきましたが、嫌な思いをしたことはありませんし、大きな失敗をしたという自覚はないです。もちろん、小さな失敗はしてきたかもしれません。でも、それをフォローし、助けてくれた上司や同僚など、信頼のおける仲間が周囲にたくさんいたんだと思います。


ジム・ロジャーズ

おカネについて、全般的に言えるのは、シンプルに考えるということ。


幸田シャーミン光代

33歳のとき、ついにハーバード大学ケネディ・スクールに留学しました。そこで驚いたのは、同級生の平均年齢が38歳と、自分の年齢よりはるかに上だったことです。社会人経験のある人が対象の「ミッドキャリア・コース」を選択したからですが、40代、50代の人も多く、勇気づけられました。また、生徒の国籍も45カ国と幅広く、彼らと交流する中で、自分の視野を大きく広げることもできました。「もう30代だから」などと諦めなくてよかったと心底思いました。


大貫美鈴

いままで夢物語のように思われていた宇宙の世界を、もっと日常に近づけて、宇宙文化を創造していけたら本望です。


中山讓治(中山譲治)

自社だけで開発するのは困難になっているので、産学連携など、外部との協調や連携が重要になっています。ですので、米国での産学連携も進めていますし、日本でも東京大学の藤堂具紀先生とガンワクチンの研究なども進めています。


田路和也

社内外のステークホルダーから信頼されるためには、一人の人間としての人格と能力が問われる。