名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リチャード・ワイコフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・ワイコフのプロフィール

リチャード・ワイコフ。米国の投資家、株式トレーダー。「マガジン・オブ・ウォールストリート」誌の創刊者でもある。ジェシー・リバモアなどの大相場師と同じ時代に生きた人物。著作はトレーディングの古典として今なお人気がある。

リチャード・ワイコフの名言 一覧

アメリカ人は聡明だと言われている。たしかに多くの場合がそうだろう。ただし、話が株式投機以外の場合だったらね。


リチャード・ワイコフの経歴・略歴

リチャード・ワイコフ。米国の投資家、株式トレーダー。「マガジン・オブ・ウォールストリート」誌の創刊者でもある。ジェシー・リバモアなどの大相場師と同じ時代に生きた人物。著作はトレーディングの古典として今なお人気がある。

他の記事も読んでみる

宋文洲

この会社を大きくするのは私の仕事ではありません。それはいまの経営陣の仕事です。誰でも正しいと思ったことを発言して、公正な議論で意思決定がされる企業文化をつくりたい。それがいまの日本企業に最も必要とされている内部統制だと思います。


青柳俊彦

地域とJR九州は運命共同体。九州が元気になれば、企業も成長できます。そのためにもアイデアをどんどん提案していきます。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

子会社から戻ってくると、社内全体のことが全然分からなかったのですが、それがかえって良かったですね。本社の外にいて、「親会社がろくなことをしていない」というのがよく分かっていましたから。色々な無駄に気づくこともできました。今、気になるのは会議の多さと参加者の多さでしょう。運動会じゃないのだから、こんなに人を集めてどうするんだと言い始めています。


武田良太

外交こそ国会議員しかできないことだと思います。外交と親善交流の何が違うのかといえば、外交は戦いなんですね。同じテーブルのなかで各国首脳が集まったときに笑顔で写真に納まっていますがあれはパフォーマンスであって、実際の会議に入ったら凄い世界ですね。それぞれが自国への100%の利益誘導を求めるわけで、そこでいろんな議論を重ねながら、こっちの要求も呑ませて行く非常にハードな世界です。


中村憲剛

人生、何があるかわからないって感じです。というのも、いままでの人生で半年も先のことを計算したことがないから。小学校の頃から本当にサッカーばかりやってきたので、考えることはその日の練習と、その週の試合でメンバーに入れるかどうか。細かいこと言えば、いまはこの筋トレを頑張ろうと。先を見てすっ転ぶより、自分の足元をしっかり固めながら前に進む。そういう生き方をしてきたから。


ムーギー・キム(金武貴)

一人でできることには限りがある。応援団を増やせば、できることは大きく広がる。


佐藤優

僕も大きな仕事をしようとする相手には、最初は仕事の話をしませんでした。小さく信用させて大きく騙すというのは詐欺師の常套ですが、これは仕事やビジネスにも言えること。一番高等なテクニックは何か? 相手に自分を好きになってもらうこと、友情に近い信頼感を持ってもらうことなんです。それが築ければ何もしなくても向こうのほうからいい情報を持ってきてくれる。


加藤隆生

お金を生むか生まないかは、世の中が決めることで、僕らが戦略として考えることではありません。


池田貴将

多くの成功者をみてきた感想ですが、彼らもまた、努力が三日坊主に終わりがちな普通の人です。違うのは、そこで「俺はダメだ」と思うのではなく、懲りずに翌日からまた挑戦できること。たとえ挫折を繰り返しても、そのたびに「自分を変える」という決断をし直せる人は、必ず変わっていくものなのです。


武永修一

うちのサイトを欲しいと言っている企業もあったので、いざとなったら売却することも、常に頭の片隅に入れていました。そうしないと、精神的に耐えられなかった。


斎藤徹(経営者)

クルマは景気が良いときなら誰でも売れます。肝心なのは、悪いときにどれだけ踏ん張れるか。


鴨下信一

『岸辺のアルバム』は「ホームドラマの常識を変えた」と言われ、多くの人に高く評価してもらえました。実は岸辺のアルバムを作る前に私は網膜剥離という病気を患い、半年ほども会社を休んでいました。網膜剥離の手術は今では日帰りも可能ですが、当時の手術は難易度が非常に高いもので、目が見えなくなるかもしれないという恐怖もありました。その病気の前と後で、ドラマの制作や演出に対する私の考え方は、一変したのだと思います。目が見えなくなりかけたことで、以降は「音声」をより大切にするようになりましたし、いつまで撮れるか分からないから好きにやってやろうという、よい開き直りも生まれました。そうした気持ちや視点の転換が結果として、病後に作った『岸辺のアルバム』の成功につながったと思っています。