名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

リチャード・ブレスラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・ブレスラーのプロフィール

リチャード・ブレスラー。アメリカの経営者。米国大手鉄道会社バーリントン・ノーザン・レールウェイの会長。ゼネラル・エレクトロニック、アメリカン・エアラインズを経てバーリントン・ノーザン・レールウェイで社長に就任。その後、CEOを経て会長を務めた。

リチャード・ブレスラーの名言 一覧

私はどんなことにも「絶対に違う」とは言わない。


リチャード・ブレスラーの経歴・略歴

リチャード・ブレスラー。アメリカの経営者。米国大手鉄道会社バーリントン・ノーザン・レールウェイの会長。ゼネラル・エレクトロニック、アメリカン・エアラインズを経てバーリントン・ノーザン・レールウェイで社長に就任。その後、CEOを経て会長を務めた。

他の記事も読んでみる

泉谷しげる

人間はどうやったって疲れる生き物だから。むしろ、どこまで突っ張って、波風立てて、疲れられるかが勝負だよ。


吉村英毅

元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


鈴木茂晴

最近、女性が集まる場所でうちの社員に話すのは、とにかく辞めたらいかんと。自分たちだけの問題ではないぞと言っているんです。せっかく新規採用でも男女比率を五分五分にしているのに、女性がどんどん辞めていくと、やっぱり女性は駄目だということになってしまいます。君たちの力を、この社会に還元してほしい。自分の能力を信じて、意欲を持って生きていってほしいと強く言っているんです。


美月あきこ

私たちは相手が察してくれることに甘えてしまい「伝える力」を磨くことを怠ってしまっている、とも言えるのではないでしょうか。


川野幸夫

ヤオコーでは個店経営といって、商売に主体性を持たせています。基本的なコンセプトや置いている商品はそんなに大きく違う訳ではありませんが、量やサイズが違ったり、主力で売っている商品が店によって相当違います。バックヤードのシステムでは標準化をしながら、一方で店ごとの個性を加えています。


茂木友三郎

日本では価格は安ければ安いほど消費者のためになり、経済のためにもなるという「低価格原理主義」が根強く、商品の価格をどんどん下げていく企業が多い。価格競争はきりがなくなる場合が多い。差異化しづらいから仕入れた商品や、つくった製品の価格を下げるというのは、最後の手段のはずだ。しかし、日本ではそれを安易に使ってしまう。価格競争が行き過ぎると商品のイメージが悪くなり、コストを下げると品質が落ちる。その結果、商品が世の中から消えるなど悪循環に陥り、結局は消費者のためにならない。


松本恭攝

「確かに面白いけれど、どうやって使うんだろう?」というアイデアを出すより、みんなが普通に使っているサービスの不便に着目し、そこを変えていく。そういうサービスの作り方をしてきたし、これからもしていきたい。


松井忠三

残業をなくすことを目的に「18時半以降は仕事禁止」というルールを設けました。時間が来たら、社内の電気を消して回るのです。限られた時間内で仕事を済ませなくてはならないので、社員たちは効率アップを目指す。自主性、積極性、独自のアイデアが、こうしたところからも生まれてきます。


粟田貴也

マーケットが縮小する中、消費者の心を鷲掴みにするような集客をしなければ競争に負けてしまう。


江川達也

すでに考えない人が安全でいられる世の中ではなくなってきています。それに、誰にもわかるくらい環境が変化してから、じゃあ自分も新たな生き方を考えようと思っても、そのときはすでに手遅れです。だからそうなる前に、自らの意志で社会や会社のレールから外れて、否が応でも自分で考えざるを得ない状況に身をさらすのです。


石井裕(工学者)

組織が進化していくためには、遺伝子を突然変異させる何%かの突出した「個」が必要。


藤村忠寿

僕も制作に移ってしばらくは、視聴率を取ることしか考えていませんでした。でも、それは間違いだった。自分たちが目指すのは観た人の心に響く番組をつくることであって、数字をとることじゃない。当たり前のことですよね。