名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

リチャード・バックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・バックのプロフィール

リチャード・バック。20世紀のイリノイ州生まれの米国の小説家、飛行機乗り、経営者。アメリカ空軍で戦闘機の飛行士を経て、曲芸飛行士、航空機技師となる。その後、小説執筆に取り掛かる。世界的な大ベストセラー小説『かもめのジョナサン』の著者。同小説の大ヒット後は印税を出資して小さな航空会社を設立し各地を飛び回る生活をしている

リチャード・バックの名言 一覧

私にとって年齢は関係ありません。それが16歳であろうと、460歳であろうと関係ないことなのです。
【覚書き|齢をとっても小さな航空会社経営者として、飛行機乗りとして各地で活発に活動しているリチャード・バックに、ある人が「いつまでもお若いですね」と言った時の返答】


ホームとは、人間にとって一番心の束縛を感じないですむ場所をいいます。だから、私にとってホームとは、雲の上です。
【覚書き:活動的でいつも様々なところを飛び回っているリチャード・バックに日本人作家、城山三郎が「あなたのホームはどこですか?」と尋ねた時の返答】


僕は意外な贈り物が嫌いなんだ。君に言わなかったのは悪いと思うけどびっくりするような贈り物は大嫌いでプレゼントには見向きもしない。欲しければ自分で買うさ。だから持っていないということは欲しくないということなんだ。定義の上ではね。君が僕にプレゼントをするということは欲しくないものをもらうことになるんだ。だから返したってかまわないよね?


愛すべき尊敬する人を見つけて、その人のために自分の人生を送ったら、僕たちは最も暖かいベッドを手に入れられるのです。


リチャード・バックの経歴・略歴

リチャード・バック。20世紀のイリノイ州生まれの米国の小説家、飛行機乗り、経営者。アメリカ空軍で戦闘機の飛行士を経て、曲芸飛行士、航空機技師となる。その後、小説執筆に取り掛かる。世界的な大ベストセラー小説『かもめのジョナサン』の著者。同小説の大ヒット後は印税を出資して小さな航空会社を設立し各地を飛び回る生活をしている

他の記事も読んでみる

イーロン・マスク

若い頃私はすごく貧しかったのですが、恐れたりはしませんでした。なぜなら私は貧しくても不幸ではなかったからです。貧しくてもハッピーであることは、リスクを取る際に非常に大きな助けになります。


漆紫穂子

決断をするときに大事なのは、判断軸を持っておくこと。私の判断軸は、「卒業生の母校を守る」ことと、「在校生を社会に有意な人に育てる」ことの2つ。決断するときは、「この2つの軸を守って判断したと言えるのか」「自分が死ぬときに恥ずかしくないか」と考える。すると雑念がさっと消えて、進むべき道が見えてくる。


枡野俊明

「無心是我師(むしん これ わが し)」という禅語があります。無心というのは思慮分別を打ち払うこと。「これが絶対に正しい」と一方的に主張してしまうのは、分別をしているからです。本来、双方に一理あるはずで、どちらが「善し」でどちらが「悪し」というのはない。自らの意見に執着しすぎない心構えができればおのずと、双方の言い分を拾い合えるような柔軟性や余裕が生まれてくるのではないかと思います。


天野平八郎

会社がキャリアパス制度を整備して将来像をはっきりさせることも大切ですが、各人が仕事に惚れ、その道のプロを目指すことも大事でしょうね。この仕事を自分のキャリアにするんだ、と。ただし、心はつねにアマチュアの清々しさを失わないでほしいですが。


浅香衣世

お客様に還元するために、今後も企業努力を続けるのはもちろんですが、これからは、サービスが売りになる時代です。当社らしい独創的な付加価値をつけて、どこまで商品化していけるか、とことん追求していきたいです。


茂木友三郎

重要なのは、顧客との間に「あの人が断るのなら仕方ない」と思われるような信頼関係を普段から構築しておくこと。お調子者では駄目だし、安請け合いも禁物だ。


重松理

私はビジネスで一番重要なポイントはバランスだと思っています。伝統と革新をはじめ様々な側面で一番いいバランスを保てる企業こそが歴史を刻めるのだと。


篠原菊紀

仕事の難易度を客観的につけるのは難しいので、したい順を軸にしたほうがいい。困難な仕事でもワクワクするときってあるでしょう。


泉谷直木

笑顔も大切。やはり難しい顔をしていたら雑談はできない。そして自分がオープンであるという姿勢を伝えるのだ。


アルバート・アインシュタイン

偉大な人々は、常に凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。


仮屋薗聡一

信頼はつくろうとしてつくれるものではありません。当然ですが、ムリに自分を飾ろうとするのは逆効果だと思います。


池谷直士

「責任は自分がとるから、皆の力を出し切っていい施設にしてください」。スタッフの前でそういえた時、ああ自分は本当に経営者になったんだなって思った。