リチャード・バックの名言

リチャード・バックのプロフィール

リチャード・バック。20世紀のイリノイ州生まれの米国の小説家、飛行機乗り、経営者。アメリカ空軍で戦闘機の飛行士を経て、曲芸飛行士、航空機技師となる。その後、小説執筆に取り掛かる。世界的な大ベストセラー小説『かもめのジョナサン』の著者。同小説の大ヒット後は印税を出資して小さな航空会社を設立し各地を飛び回る生活をしている

リチャード・バックの名言 一覧

私にとって年齢は関係ありません。それが16歳であろうと、460歳であろうと関係ないことなのです。
【覚書き|齢をとっても小さな航空会社経営者として、飛行機乗りとして各地で活発に活動しているリチャード・バックに、ある人が「いつまでもお若いですね」と言った時の返答】


ホームとは、人間にとって一番心の束縛を感じないですむ場所をいいます。だから、私にとってホームとは、雲の上です。
【覚書き:活動的でいつも様々なところを飛び回っているリチャード・バックに日本人作家、城山三郎が「あなたのホームはどこですか?」と尋ねた時の返答】


僕は意外な贈り物が嫌いなんだ。君に言わなかったのは悪いと思うけどびっくりするような贈り物は大嫌いでプレゼントには見向きもしない。欲しければ自分で買うさ。だから持っていないということは欲しくないということなんだ。定義の上ではね。君が僕にプレゼントをするということは欲しくないものをもらうことになるんだ。だから返したってかまわないよね?


愛すべき尊敬する人を見つけて、その人のために自分の人生を送ったら、僕たちは最も暖かいベッドを手に入れられるのです。


リチャード・バックの経歴・略歴

リチャード・バック。20世紀のイリノイ州生まれの米国の小説家、飛行機乗り、経営者。アメリカ空軍で戦闘機の飛行士を経て、曲芸飛行士、航空機技師となる。その後、小説執筆に取り掛かる。世界的な大ベストセラー小説『かもめのジョナサン』の著者。同小説の大ヒット後は印税を出資して小さな航空会社を設立し各地を飛び回る生活をしている

他の記事も読んでみる

最首英裕

ゲームはあくまでもエンターテインメントなので、楽しいリズムを壊してしまったら台無しです。ですから、応答速度に対する要求が非常に厳しいという特徴があります。世界中の数百万から数千万の利用者が一度にアクセスしたとしても瞬時に応答を返さなくてはならず、何があってもサーバーを停止させるわけにはいかない。こうした厳しい要求は、ゲーム業界ならではです。当社では、自動車業界や流通業界にもクラウドサービスを提供しています。ゲームに近い応答速度や大量のデータの処理能力を求める業界はまだまだ少ないですが、スマートデバイスがさらに普及するであろう将来には、我々が行っているようなバックエンド側に特化したクラウドサービスが、より重要になってくると考えられます。


石塚しのぶ

「大きくなること(規模の追求)」よりも、「偉大になること(意義の追求)」に重きを置く小・中規模企業が、みずからを「スモール・ジャイアンツ(小さな巨人たち)」と称してネットワーキング団体を組織し、「最も働きたい会社」や「最も急速に成長している会社」などのリストの上位に登場して頭角を現しています。「スモール・ジャイアンツ」に属する企業の業種は様々ですが、共通するのは、「人」を最も貴重な資産と考えていることです。資金力やインフラでは小・中規模企業は大企業にとうてい敵いません。しかし、従業員一人ひとりの「心」を味方につけることができれば、人は未知数の底力を発揮します。


岡島悦子

逆境に耐えて結果を出すのが経営者の仕事です。その力をつけるのは座学では無理。だから私は、できるだけ若いうちに逆境を体験することを勧めています。


張本邦雄

定量的な根拠が得られたことで、いままで「本当かな?」と感じていたリモデル(リフォーム)事業の重要性を、初めて納得できた。これで一気にプレッシヤーは軽減しましたね。もちろん、本当の苦労はこれから始まるわけですが、漠然とした「大丈夫かな?」という不安をいだいていたのが、問題を定量化し、納得するだけで心理的にはずいぶん楽になった。プレッシャーに立ち向かうためには、徹底的にデータを調べあげて定量化することだと思います。


野口敏(話し方)

無理に「面白いことを言おう」「気の利いたことをいわなくちゃ」と考えるから、話すことがなくなってしまうんです。話題は何だっていいんです。たとえば、朝起きてから家を出るまでにあなたはどれくらい時間をかけているか考えてみてください。「いつも10分で出る」という人もいれば、「お化粧があるから2時間以上かかる」という女性もいるでしょう。このように、人の暮らしぶりは千差万別です。あなたがとるに足らないと思っていることでも、相手にとっては新鮮な話題になることはたくさんあるはずなんです。


永山治

国内同士の提携が普通の日本のやり方だと思うし、そういう打診を受けたことも実はあります。ただ、当時の中外のバイオだけでは世界の競争には勝ち続けられない。組むならバイオも化学合成も強い会社ですが、なかなか日本にはなかったんですね。


小山昇

ひたすら相手のニーズを聞き続けることが重要。商談の時間中、話を聞き続け、最後の5分で「自社のこのサービスで、すべて解決します」と一言だけで契約がとれたこともあります。決して説き伏せない。まずは相手に気持ちよく話してもらうことです。


鉢嶺登

ライフワーク(やりたい夢)とライスワーク(飯の種)を一致させることが重要。大概の人は、この2つが一致していない。しかし、一致したなら、想像以上の大きなパワーが生まれ、自身も大きく成長でき、実は成功への秘訣なのだ。


永山勝利

経営者は負ける戦いなどやってはいけません。失敗すると分かって事業はしません。可能性が低くても、どこかに活路を見出して必死に戦う。その代わり、不正はダメ。


新井健一

これまでの日本企業は一般的に減点主義なうえ、個々の責任の範囲が曖昧で、責任転嫁を生みやすい環境だった。今の管理職が若手だったころは、減点主義に基づいた上下関係も職場によっては当たり前だったため、チャレンジして失敗することをよしとする「加点主義管理職」になるのは、簡単なことではない。しかし、今転換を図らないと、その会社の未来はない。


猪瀬直樹

よく「仕事ができない部下に困っている」と愚痴る人がいます。でも僕は、部下が悪いのではなく、上司の指示の仕方がヘタなんじゃないかと思っています。具体的にいうと、社内での復唱を徹底させないから、駄目なんです。復唱は仕事の基本です。上司は部下に復唱させてはじめて、的確に指示ができたことになるのです。部下は、聞き直すと怒られるのではないかと考え、適当な返事をしがち。ですから、部下が「はい」と答えてもそこで終わらせず、その内容を復唱させる。これを徹底することで、ミスなく動けるようになります。


テリー伊藤

大切なのは、自分が置かれたポジションをどうポジティブに語れるかということ。


荻田築

まずは社員と一緒に、一体になるということを心がけた。我々の場合は、フランチャイズ制でしたから、まずお客様のところへ行って、それで人間関係をつくると。それで全国をずっと回ったんです。

【覚え書き|タリーズの経営再建を振り返って】


樽見茂

僕は何にでも疑問を抱く性格なんです。どんなことでも、「なぜだろう?」と考えるから、オンオフなく思考が働いています。よく「オンとオフを切り替える」という人が慰安すが、僕から見ればナンセンスですね。いわば、一度疑問を持ったら、答えが見つかるまでずっと集中して考えている。思考のスイッチは常にONの状態です。


吉本隆明

自然と一緒に生きるという意味で、一番バランス感覚があるのは庶民。専門家も間違うということを前提に、僕らは自分の生活に照らし合わせて考える必要がある。


ページの先頭へ