名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リチャード・ニクソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・ニクソンのプロフィール

リチャード・ミルハウス・ニクソン。アメリカ第37代大統領。デューク大学ロースクール卒業後、弁護士の職に就く。その後、共和党の政治家となり、下院委員、上院議員、副大統領などを経てアメリカ大統領に就任。ベトナム戦争からアメリカ軍の完全撤退を行った。そのほか冷戦状態だったソ連との関係改善、中国との国交樹立、環境保護局設立など大きな実績を残すも、ウォーターゲート事件により辞職に追い込まれ、唯一任期中に辞任したアメリカ大統領となった。

リチャード・ニクソンの名言 一覧

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。


偉大な指導者は、必ずしも善良な人ではない。


成功に満足してはならないし、失敗に落胆してもならない。失敗は悲しいものだが、最大の悲しみは、挑戦して失敗することではなく、まったく挑戦しないことである。


私は生涯で初めて、肉体的にボロボロになり、感情も枯れ果て、精神も燃え尽きていた。このときだけは、これまで耐えてきた他の危機の場合と違って、生きる理由も、戦って守るべき大義も見出すことができなかった。人は自分自身以外のもののために生きる理由を持たなければ、始めは精神に、次いで感情的に、さらに肉体的に死ぬ。
【覚書き|ウォーターゲート事件で大統領辞任に追い込まれた当時を振り返って語った言葉】


リチャード・ニクソンの経歴・略歴

リチャード・ミルハウス・ニクソン。アメリカ第37代大統領。デューク大学ロースクール卒業後、弁護士の職に就く。その後、共和党の政治家となり、下院委員、上院議員、副大統領などを経てアメリカ大統領に就任。ベトナム戦争からアメリカ軍の完全撤退を行った。そのほか冷戦状態だったソ連との関係改善、中国との国交樹立、環境保護局設立など大きな実績を残すも、ウォーターゲート事件により辞職に追い込まれ、唯一任期中に辞任したアメリカ大統領となった。

他の記事も読んでみる

永守重信

人を育てて本体をしっかりさせないと、M&Aも成功しません。


北村昌陽

健康づくりにおいて、最終的に目指したいのは、今の自分に必要なことを自ら悟る「体の教養」を身につけること。体というものは一人ひとり違う。しかも絶えず変化する。誰もが同じことを実践して健康になれるわけではないし、以前役に立った健康法がいつも有効とは限らない。自分の体への理解が深まれば、必要な情報と不要な情報が自然に判別できるようになる。


伊賀泰代

一般的な組織では、標準的な人を念頭に人事制度がつくられますが、そうなると、最も優秀な人の成長スピードが最大化できません。一方、マッキンゼーでは能力があれば入社1年後でも翌年はマネージャーに昇格します。昇格には2年が必要と決まっていれば、この人は2年目には悠々と成果を挙げることができます。でも、すぐにマネージャーに昇格するので、2年目も新たなチャレンジを受けます。すべての人に成長への負荷をかけ続けることで、それぞれの可能性を最大限に引きだすのです。


堀切功章

価格に対して質が高いか低いか、これを決めるのはお客様。ですから、「こんな良い原料を使っていますよ」「このようなこだわった作り方をしていますよ」と我々が独りよがりでやっても、それを口にしたお客様が認めてくださらなければ、それは「高い」ということ。


内藤由治

カリスマ創業者がいる会社の社員は、次もカリスマ性のあるトップを望むものです。自分はただ付いていくほうが楽だからです。カリスマ性のない僕の場合は、誰でも参画でき、組織として機能する会社を目指しました。従って、常に目線と姿勢を現場社員と同じレベルに合わせることに努めました。飲み会に参加する。出来るだけ多くの人との懇談の機会を設ける。常に自由に意見を言えるような雰囲気をつくる等々です。


兼元謙任

やり続けることに意味がある。だから、自分で駄目だと見切りをつけない方がいい。真剣に取り組まず、やるべきことをやらなくて結果が駄目なら後悔しか残らない。


野村克也

俺の場合、選手を再生する時に、もっとも意識したのが「自信をつけさせること」だった。なぜか? 力を出せずにいる選手に共通するのが「マイナス思考」だからだよ。「僕にはこれが限界です」「どうせ、俺はこの程度だから」。くすぶっている選手は、自分が作った限界という殻にとじこもっていることが多いんだ。しかし、プロ野球選手として球場に立っている時点でそれなりの力を持っている。それに気づかせ、自信に火をともすのが指導者の役割なんですよ。野村というと「ボヤき」や「叱っている」イメージしかないだろうけどね(笑)。俺はそう考えて声をかけてきたんだ。


川邊健太郎

私は月一度、中途採用した社員たちと昼食を食べながら、ヤフーのいいところも悪いところもざっくばらんに話してもらうのですが、そこで多く出てきたのが「会議が多すぎる/長すぎる」「会議にコミットしない人が多い」ということ。そこで社内の人に聞いてみると、管理職含め多くの人が同じように考えていた。実に会議のうちの3割はムダであることがわかってきたのです。そこで、会議とはアジェンダを提示し「決める場」だということを徹底し、単なる情報交換はメールで行なうようにしました。もっとも、言っただけですぐに改善されるとは思えなかったので、会議室を利用するのにチャージ(料金)がかかるようにすらしました。ここまでやれば、会議を減らさざるを得ませんよね。


濱口秀司

僕は企画のアイデアや出会う人、すべてのことを無意識のうちに構造的に見ています。頭の中では、歩いているときからシャワーを浴びているときまで、1日に100個以上のダイヤグラム(図表)が浮かぶ。仕事のときは、それらのダイヤグラムをモレスキンのノートにひたすら描いていきます。これは単に思考を具現化するためであって、あとから見直すことは全くありません。結果、大量のノートを消費することになります。


佐野章二

創刊からの累計販売部数は約500万部です。随時、160名ほどのホームレスが路上で『ビッグイシュー日本版』を販売しており、過去、149名のホームレスが就職を果たしました。


前田新造

お客様志向は、資生堂が創業以来一貫して掲げてきた経営理念です。BC(ビューティー・コンサルタント、販売員)もお客様を美しくするために活動していましたが、活動がノルマ達成に奪われてしまうと、お客様の満足度が置き去りにされてしまうこともありました。資生堂が徹底したお客様志向の企業として再生するには、最前線でお客様と接するBCの意識が真っ先にあると私は考えました。
【覚書き|販売員のノルマ撤廃の理由について語った言葉】


桜井章一

運というものは、初めからそこに流れている、いわば風のようなものなんだ。吹いてくる方向も強さもわからない。常に変化していて、目には見えない。逆らわないで、ただ瞬間、瞬間の変化を感じることが大切だ。