名言DB

9490 人 / 112001 名言

リチャード・ドッブスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・ドッブスのプロフィール

リチャード・ドッブス。英国のコンサルタント。マッキンゼー・アンド・カンパニー英ロンドンオフィス・シニアパートナー。オックスフォード大学卒業。

リチャード・ドッブスの名言 一覧

高齢者を労働者として活用するためには、早い時点から計画することが必要だ。30歳や40歳の時点で、さらに40年間働き続けることを考えられるようにするそれには、健康を維持してスキルを磨く仕組みを整え、雇用の制度も刷新することが求められる。


企業の経営幹部たちは、技術の破壊的な進化によって競争の在り方が変わることを理解することが求められる。技術の破壊的な進化によってどのような企業が新たな競争相手となり得るのか。それらの企業のコスト構造はどう異なっているのか。経営や研究開発のスピードはどれだけ速いのか。その結果、競争の質はどう変わるのか。これらのことを把握して、新たな競争相手との戦いに備えなければならない。


まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


リチャード・ドッブスの経歴・略歴

リチャード・ドッブス。英国のコンサルタント。マッキンゼー・アンド・カンパニー英ロンドンオフィス・シニアパートナー。オックスフォード大学卒業。

他の記事も読んでみる

酒井将

当事務所の交通事故チームのメンバーは、常に100件ほどの案件を抱えています。私が弁護士事務所に勤めていた時代、交通事故案件を取り扱ったのは4年間で2回だけでした。私以外の弁護士もそれほど変わりありません。ということは、ベリーベストの専門家は、普通の弁護士が一生かけて担当する分を1年で経験する。この経験が質の高いサービスを可能にします。


佐治信忠

発泡酒を開発した当初、営業部門は「ビールのようなビールでないものが売れるはずがない」と、シェア再開を棚に上げて生意気なことを言いました(笑)。開発した社員は困り顔です。そこで営業を納得させるためにテストマーケティングを実施したらいい結果が出ました。


細谷英二

経営人材を育成しはじめたとき、最初に社外取締役も交え、求める役員像を明確にしました。簡単に言うと、変革志向や勝ちにこだわる姿勢があり、そのうえで新しいりそなをつくる戦略やアイデアに富み、組織を進むべき方向にしっかりと導く人材です。りそなは旧あさひ銀行と旧大和銀行の合併行でもあるので、そのしがらみを残さないことも重要でした。


蒲島郁夫

県庁の職員には、とにかくリスクを恐れずに「皿を割れ」と言っています。皿を割れというのは、皿を洗わない人は皿を割らない、たくさん仕事をし、皿を洗う人が皿を割るからです。


北尾吉孝

誠実とは、嘘をつかないとか約束を守るといったことだけなのでしょうか。私は自分の意見や立場を明確にすることも含まれていると思っています。日和見主義やグレーな意思表示は不誠実なことだと思うのです。


島田昭彦

雑誌編集の仕事と地域活性化の仕事。一見、畑違いと思えるジャンルでも、発想力さえあれば、ジャンルを超えて他人と違う面白い仕事を生み出せるものです。


住谷栄之資

人間の感情や心理をより深く理解するためには、「心のゆさぶり」が起きるような経験をたくさんして、様々な感情を自分で経験するしかありません。仕事なら真剣に本気でやってみる。そうすると、喜怒哀楽いろいろな感情が湧き起こってきて、感情の揺れ幅はどんどん広がっていくはずです。


瀧本哲史

グローバル資本主義が進展し、あらゆる業界で競争が激化、ビジネスモデルの耐用年数がどんどん短くなっています。このため商品だけでなく、「人材のコモディティ化」が進んでいます。特殊な能力をもった一部の人を除いて、ほとんどの人は、より給料の安い人に置き換えられてしまう。企業の業績はよくても、働く人々の生活は変わらない。こうした「人材のコモディティ化」を乗り越える方法として、私は「仲間づくり」を提唱しています。


小川淳司

コミュニケーションが大事だとよく言われますが、私は決してペラペラとしゃべる方ではありません。正直なところ、いくら話したところで、人間の本質はわからないと思っています。ただ、どうすればその選手にとって一番プラスになるかということは考えています。たとえば試合でミスをしたとき、同情して慰めてやるのもひとつの方法だろうし、逆に皆の前で指摘したほうが上手く気持ちを切り替えられることもあります。


中田亨

部下を権力で従えているような怖い上司の下で働いている人は、聞きたいことがなかなか聞けません。上司が間違った判断をしていると感じていても、仕方なく指示に従ったりします。そんな状況では、ミスは起こるべくして起こります。危険を察知したら、どんなに怖い上司でも意見を言うべきです。


谷正人

最初にSTUDIOUSをやったところは、エリアバッティングの問題がなかなかクリア出来なくて。様々なブランドさんにオファーしましたが、ほとんど取扱いには至りませんでした。最初に取扱いをスタートしたのは、今でも大事にお取扱いさせていただいている「MofM(man of moods)」。近くに他の取扱い店があったにも関わらず、STUDIOUSのビジョンに期待してくれ、お取引に至りました。そうすると、当時の「MofM」の立ち位置が若手で勢いのあるブランドだったので、それを見た他のブランドさんが「「MofM」がやるんだったら、ちょっとやってみようかな」と話が進みました。現在メンズ・ウィメンズ合わせて100ブランド以上取り扱っていますが、MofMに関しては今でも売り上げトップ5に入ります。時間とともにファンがつきましたし、洋服だけじゃない世界観に最初から取り組んでいるからこそできる強さがあると思います。


谷耕月

料理で大事なことは、前菜に塩、甘酒にショウガをほんのちょっと入れるのがコツなんです。ニンジンならニンジンの、ダイコンならダイコンの味を殺さないで、そのままの味をいかに出すか、というのが大事なポイントなんですね。人間でも、企業でも同じ。その人や企業にしかないものを持っていると思うんです。それをどう生かすか、ということですね。