名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リチャード・ドッブスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リチャード・ドッブスのプロフィール

リチャード・ドッブス。英国のコンサルタント。マッキンゼー・アンド・カンパニー英ロンドンオフィス・シニアパートナー。オックスフォード大学卒業。

リチャード・ドッブスの名言 一覧

高齢者を労働者として活用するためには、早い時点から計画することが必要だ。30歳や40歳の時点で、さらに40年間働き続けることを考えられるようにするそれには、健康を維持してスキルを磨く仕組みを整え、雇用の制度も刷新することが求められる。


企業の経営幹部たちは、技術の破壊的な進化によって競争の在り方が変わることを理解することが求められる。技術の破壊的な進化によってどのような企業が新たな競争相手となり得るのか。それらの企業のコスト構造はどう異なっているのか。経営や研究開発のスピードはどれだけ速いのか。その結果、競争の質はどう変わるのか。これらのことを把握して、新たな競争相手との戦いに備えなければならない。


まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


リチャード・ドッブスの経歴・略歴

リチャード・ドッブス。英国のコンサルタント。マッキンゼー・アンド・カンパニー英ロンドンオフィス・シニアパートナー。オックスフォード大学卒業。

他の記事も読んでみる

伊與田英徳

マーケティング論は必要ですが、このドラマにとっていいと思うことを信じて皆で突き進んでこられたのがいい結果に結びついたのだと思います。


守本正宏

我々はリーガルテック(法律関連情報技術)を用いた訴訟支援を創業の事業としています。もとより、法の下に平等であるはずの裁判が、文化や慣習、またはデータ解析の技術力の違いで、訴訟の勝敗が左右されてしまうことに疑問を持ち、会社を起業しました。我々の技術ができるまでは、米国で起こされる日本企業に対する訴訟では、そもそも日本語による解析が難しいためディスカバリ(米国の証拠開示制度)が間に合わないなどで、不公平な裁判の状況が起きていました。本来、法の下に実行されなくてはならない正義と公正が、言葉や文化によって実行できない。このギャップを埋めるのが我々の技術です。


小暮真久

ビジネスでも社会事業でも「これなら誰にも負けない!」という強みさえあれば、どんなフィールドでも活躍できる。それぞれの場所で自分の強みで勝負してほしい。その力を1ミリでも社会を良くする方向に向けたなら、世界は必ずよくなる。


森下篤史

オレも50歳でテンポスバスターズを創業した当初は、中古の厨房機器を安く仕入れて高く売るビジネスモデルを追いかけていた。だけど、儲かっても幸せを実感できなかった。逆に、安く仕入れて安く売れば、たくさんのお客さんが喜んでくれる。そういう商売に転じてから、会社は伸びたんです。


山口多賀司(経営者)

相手を思いやる気持ち、自分たちの社会や国を思う気持ち、そうしたことを基本軸に据えて考え、行動してほしい。それが人としての生き方の本質だと思う。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

手帳の日付欄に体調を「○△×」で記録しています。これを続けると、「前日残業した日は調子が悪い」など、パフォーマンスの波に気づける。自分の体調のエビデンス(根拠)が見える。手帳を開くたびに「○△×」が目に入るため、「大事な仕事の前はよく眠ろう」と、体調管理できるようになるんです。


山口範雄

大きな仕事は一人では成しえません。ある人は新技術を開発し、ある人は新しいビジネスモデルを考え出し、ある人は未開の地へ売り込みに出かける。そんなみんなの努力を結集してこそ、優れた仕事ができ、共に働く喜びがそこに生まれます。


押味至一

社員によく言うのは「ご破算に願いましては」です。建設産業は受注産業です。仕事が一つ終わると、その決算が出ます。そして次の仕事はまたゼロから始まります。つまりご破算です。ある年にAという仕事を頂いた。次の年にも同じ仕事を頂けたとしても、同じことをやるのではなく、時代の進歩に合わせて新しいことに挑戦していく。このご破算の意識を常に意識することが必要。


荒井直樹

監督としてなかうまくいかず、「やはり向いていない」という思いを抱き続けました。そんな私が多少なりとも肩の力を抜いて監督業に取り組めるようになったのは、選手たちに「野球ノート」を書いてもらうようになったことが大きかったですね。3~4年前に期待通りのプレーを選手ができず、地方大会の初戦で敗退した。それで選手たちに言ったことがどれだけきちんと伝わっているかを確認する必要があると痛感。自分が言ったことをどう受け止めたか、選手たちに定期的にノートに書いて提出してもらうことにしたのです。そこには、選手たちがそれぞれ悩んでいることや質問なども書き込んでもらいます。すると、個々の選手の性格や特徴が分かるようになり、それに応じた指導ができるようになった。ノートを読んでいれば、今のチームにどんな練習が必要かも見えてきます。


加藤浩次

中学時代はサッカー部。それなりに上手くて、中2の時、帯広市内で俺一人だけ北海道選抜のメンバー入りをして全国大会に出たことがあるんです。このとき東京選抜にボコボコに負けちゃったのがショックでね。3年生が引退して、キャプテンになった時に、「これからは練習メニューは俺が考える!」と宣言。超ハードなメニューを作り上げて、チームのみんなにやらせたんです。そうしたら、まあ、総スカンですよ(笑)。結局、俺以外の部員からクーデターを起こされ、いち部員に降格。心にキズはできましたが、同時に刻まれたのが「自分の思いだけを通すとチームってうまくいかないんだな」ということ。少なくとも他人の声に耳を傾ける下地みたいなものは、この時できた。


飯島彰己

本業を通じて社会に貢献する。


茂木友三郎

キッコーマンが米サンフランシスコに販売会社を設立したのが1957年。当時の政府には食品を輸出しようといった考えはなく、我々も政府に何かを頼むこともなかった。社内で「営業の神様」と言われた幹部社員を派遣し、苦労して販売数量を伸ばした結果、いまでは海外に7つのしょうゆ工場を持ち、世界100カ国以上で販売し、営業利益の73%を海外で稼ぐようになった。民間が自ら努力しなければ輸出は伸びない。