リチャード・ドッブスの名言

リチャード・ドッブスのプロフィール

リチャード・ドッブス。英国のコンサルタント。マッキンゼー・アンド・カンパニー英ロンドンオフィス・シニアパートナー。オックスフォード大学卒業。

リチャード・ドッブスの名言 一覧

高齢者を労働者として活用するためには、早い時点から計画することが必要だ。30歳や40歳の時点で、さらに40年間働き続けることを考えられるようにするそれには、健康を維持してスキルを磨く仕組みを整え、雇用の制度も刷新することが求められる。


企業の経営幹部たちは、技術の破壊的な進化によって競争の在り方が変わることを理解することが求められる。技術の破壊的な進化によってどのような企業が新たな競争相手となり得るのか。それらの企業のコスト構造はどう異なっているのか。経営や研究開発のスピードはどれだけ速いのか。その結果、競争の質はどう変わるのか。これらのことを把握して、新たな競争相手との戦いに備えなければならない。


まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


リチャード・ドッブスの経歴・略歴

リチャード・ドッブス。英国のコンサルタント。マッキンゼー・アンド・カンパニー英ロンドンオフィス・シニアパートナー。オックスフォード大学卒業。

他の記事も読んでみる

川上隆二

会社の再生のために社を離れなければならない人たちから、「会社の扱いはフェアであった」と思ってもらえるように、最大限支援することが責務だと考えています。


田中稔哉

注意したいのは、若い世代の中にはまだ「自分は何をやりたいのか」という意識が確立していない人も多いということ。まずは、上司が自分の考えを伝える場を作り、「上司である自分は、部下に何を期待しているのか」を示すこと。部下はそれに共感することもあれば、反発することもあるでしょう。でも、それでいいのです。そうした中から、「自分はこれがやりたかつたのだ」という意識が見えてくるからです。


広川恵

私たちはブランディングを大事にしています。今回展開する化粧品も、35歳から55歳くらいまでというターゲット層に向けて、ブランディングを考えています。


大西賢

稲盛(和夫)さんと初めてお会いした時に、いろいろな話をした中で、「社員のみんながありがたいとか、ありがとうと言える会社になったら、絶対に再生できるよ」と言われました。我々が圧倒的に変わったのは破綻した時でした。当時は搭乗手続きでモタモタしたら、100人中90人のお客様からは「だから潰れるんだ」とお叱りを受ける状況でした。でも、残り10人の方は「応援してるよ」と言ってくださる。すると、彼ら、彼女らはバックオフィスに駆け込んで泣き崩れるんですよ。そこで、感謝し、心の底からありがたいと思ったのです。サービス業であるからこそ、変わらなければならないと思えたし、「ありがたいことなんだ」と思えたのです。


星野佳路

飛び抜けた何かがあれば施設を再生できる。


光山清秀

走りながら考えるようにしないと。答えが出てから動くようでは間に合いませんから。


三枝匡

経営人材とは、熱き心と戦略性、そして「自分で取りに行く」積極性を持っている者をいいます。熱き心とは、事業に対する想いや社員を率いる情熱です。いわゆるリーダーシップですね。もう一つは、戦略性・論理性を持っていることです。ビジネスプランを構築する考え方やフレームワークを使いこなし、顧客のニーズや同業他社との差別化を意識し、自社の事業のストーリーをつくる能力です。ただこの二つだけでは足りません。「自分で取りに行く」積極性が必要です。これは「野心」、「高い志」と言い換えても良いでしょう。


永井義男

そもそも「過去」は美化されやすいもの。私は昭和24年生まれで、学生時代は学生運動が盛んでした。その学生運動をいま映像で見ると、「権力と闘った若者たち」などと美化されています(笑)。同様に江戸時代も美化されているわけですが、「過去」を過度に評価することは危険です。というのも「昔はよかった」は「現実逃避」だからです。


すはらひろこ

流行は循環します。しかし、それは全く同じものが戻ってくるわけではありません。必ずどこかに時代の空気を反映させたものにリメイクされます。ですから傷んでいなくても、洋服の寿命はせいぜい3年程度。リサイクル店での委託もできなくなります。3年で元は取ったと思うようにして、5~10年くらい経った中途半端に古い服は思い切って処分してしまいましょう。


水谷修

僕は学生運動をしているときでも、どっか冷めていたんだよ。どっぷりとは組織には入らない。まあ、生まれつきのアウトサイダーなんだろうな(笑)。何かをやりながらも、いつも「これでいいのか?」という意識があって……、孤立化する前に自分から身をひいたんだ。


小松美羽

個展にこぎつけるまでに、たくさんの人の力を借りてきた。広いスペースを作品で埋められる作家であることは重要なことであるが、そう簡単な話ではない。けれど、しっかりと旧作品含め新作を多く発表できたのは、日頃のチームワークの賜物である。


糸井重里

シンボルマークをつくれば、何よりも当事者がうれしいし、参加者にも伝わりやすい。


ジェームス・スキナー

人生を最大限に生きよう。熱心に働けば働くほど生きることになるからである。行動をすればするほど、あなたの存在は大きくなり、あなたの松明(たいまつ)はそれだけ明るく燃えることになるのだ。


斎藤敏一

私が部下に素早く仕事をこなしてもらうために心がけているのは、完璧は目指さないこと。要所要所だけを押さえておけば十分だという発想です。


張本勲

私の右手の小指と薬指はくっついて離れないんですよ。親指と人さし指、中指の3本しか使えません。4歳の時、友達と芋を焼いていたらバックしてきた軽トラックにはねられ、火の中へ投げ飛ばされました。母は診療所に駆け込んでくれたそうですが、右手に大やけどを負いましてね。右手で思うようにバットが握れないことは、プロ野球人生を歩んできた私を、最後まで苦しませました。ですが、ハンディがあったからこそ、右手を使って素振りし続ける努力を自分に課せたのだと思います。


ページの先頭へ