名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

リスト・シラスマの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リスト・シラスマのプロフィール

リスト・シラスマ。フィンランドの経営者。「ノキア」会長。ヘルシンキ工科大学理学修士。セキュリティサービス会社「F-Secure(エフセキュア)」を創業。その後、ノキア会長に就任し、経営再建にあたった。

リスト・シラスマの名言 一覧

現場から正しい情報が上がってこなければ、どんな優れた経営陣も盲目だ。


悪いニュースは良いニュース。
良いニュースはニュースではない。
そして何もニュースがないことが悪いニュース。
【覚え書き|部下から上がってくる報告についての発言】


全てのデータをテーブルの上に載せ、議論を尽くすことで迷いは消え、恐れもなくなっていった。


技術があっても、資金があっても、傲慢になってはいけない。


ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


ノキアの経営陣は徹底的に議論しました。その結果、リスクはゼロではないが、コントロールはできる、という結論に至った。


ノキアには技術と人材が十分にあり、ベストの戦略を持っていました。今でもアップルはノキアに特許使用料を支払っています。しかし、スマホのエコシステムを構築したのはアップルでした。ノキアにはそれを作るカルチャーがなかった。


外部の人の方が、冷静に対処できるものです。企業の場合もビジネスの論理を理解している外部の人の方が、危機には的確に対処できます。内部の人間は「そこまで悪くない」と思いたがるものです。


ボードメンバー(取締役)には社内の人間がほとんどいないだけでなく、フィンランド人も3人しかいませんでした。様々なバックグラウンドの人々が英知を結集して、ノキアの再建策を話し合いました。


中核事業である携帯端末の収益が1年で26%も減少するという危機的な状況の中、ノキアの将来について徹底的に議論しました。この時、ゴールデンルールとしたのは「最良の専門家を集め、最高のデータを基に議論をする」こと。そして「感情ではなくデータで決断する」ことでした。


リスト・シラスマの経歴・略歴

リスト・シラスマ。フィンランドの経営者。「ノキア」会長。ヘルシンキ工科大学理学修士。セキュリティサービス会社「F-Secure(エフセキュア)」を創業。その後、ノキア会長に就任し、経営再建にあたった。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

いまでは弊社の社員も手紙を書く人が増えているのですが、実はそのおかげで、ある大手居酒屋チェーンさんにホッピーを取り扱っていただけるようになりました。きっかけは、中年男性の営業マンが、「字は汚いし、文章も苦手だけど、自分もやってみよう」とバイヤーさんに感謝のハガキを送ったこと。当初、バイヤーさんはホッピーを扱う気はなかったそうなんですが、手書きのハガキなので捨てるに捨てられず、机の引き出しに入れていたんです。すると、引き出しを開けるたびに手紙が目に飛び込んできて、取引しようという気になったらしいんですね。手紙にはそういう力もあるのかと改めて知りました。


島田洋七

本音を言う相手は、誰しも受け入れるもの。舞台の高いところから見下ろして話していたら、お客さんついてこんよ。


柳井正

組織は大きくなると安定を求め、保守的になります。それは、日本の企業の多くが直面する課題です。だから、常にぶち壊して一番いい組織に造り替えていかなければなりません。一つ成功すると、達成感のようなものがあって、これでいんじゃないか、このままずっと続けられるのではないかという錯覚に陥る。しかし、世の中は動いていますからそのままではいけない。


藤田紘一郎

自分と他者を区別する身体のしくみは悩みも生みだすと同時に、人の命を永らえる幸せも生み出す。


中島武

サラリーマン生活は十数年続けましたが、自分が好きな仕事に打ち込んでいるという感覚は最後まで持てませんでした。しかし、嫌いな仕事でも「術」を学ぶチャンスだと思いました。不動産の仕事では、とにかく営業術を身につけようと思って働きました。売れないのは、強引さが足りないのか、説明が足りないのか、そもそもコミュニケーションスキルが問題なのか。それを徹底的に分析しました。


ガー・レイノルズ

日本には「起承転結」という言葉があるにも関わらず、驚かせる部分やクライマックスがなく、ストーリー性がないプレゼンテーションも多い。情報を並べているだけなのです。


西浦正親

ダイレクト販売を専業とする私たちのビジネスにとって、人は最も重要な資源です。中でもお客様と直接やり取りするコンタクトセンターのスタッフの能力は品質の要。


中原淳

成功しても上司から褒めてもらえない、失敗したときだけ叱責される、あるいは、失敗したときすら何も言われない、といったことが続くと虚しくなります。残念ながら、直属の上司に期待ができないということであれば、同僚、先輩、他部署の人でもいいので自分に対して正当な評価を下してくれる人を持つことができるといいでしょう。仕事の区切りがいいときに、一緒に仕事をしたメンバーと打ち上げをするなど、振り返る機会をつくるのもいいと思います。


二宮雅也

(東日本大震災時)私たち保険会社や代理店にとって、今回ほど保険事業に携わっていることの役割、使命感を強く意識したことはなかったと思います。みんなが日常的な業務の範疇を超えて工夫をし、努力してくれました。それによって会社の総合力が向上し、また保険金の支払いが早く進んだことで、お客様からの評価が高まるという好循環が生まれました。


天坊昭彦

周囲の雰囲気に流されると、気づかぬうちに物事の本質が見えなくなる。「歴史観」を失っていないか、常に自問しています。


南場智子

マッキンゼー時代、上司に「南場さんは厳しすぎる。相手(部下)に逃げ道を作ってやるべき」と指摘されたことがあります。嫌だ、逃がしてどうする、と答えると、「ならば言いたいことをすべて言った後、最後にニコッと笑ってみてはどうか?」とアドバイスを受けました。若い頃は言われたことがよく分からなかったのですが、これは実行するとなかなか良い感じになります。人格を否定しているわけでもなく、その人が嫌いになったわけでもないのに、ガルルッと言いすぎると相手は全否定された気持ちになってしまいます。しかし最後に笑顔を送ることで、問題は「こと」であって、「ひと」ではない、ということが伝わるのでしょう。そして笑顔は人を遠ざけません。


寺尾玄

そもそも根性というものは、「自分をどれだけ追い込めるか、そこでどれだけ頑張れるか」という自分の中での話であって、誰かに強いられるものではありません。強いられるシーンの印象が強いので勘違いしやすいのですが、根性は人間が持ち合わせる大事な要素の1つです。