名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

リスト・シラスマの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リスト・シラスマのプロフィール

リスト・シラスマ。フィンランドの経営者。「ノキア」会長。ヘルシンキ工科大学理学修士。セキュリティサービス会社「F-Secure(エフセキュア)」を創業。その後、ノキア会長に就任し、経営再建にあたった。

リスト・シラスマの名言 一覧

現場から正しい情報が上がってこなければ、どんな優れた経営陣も盲目だ。


悪いニュースは良いニュース。
良いニュースはニュースではない。
そして何もニュースがないことが悪いニュース。
【覚え書き|部下から上がってくる報告についての発言】


全てのデータをテーブルの上に載せ、議論を尽くすことで迷いは消え、恐れもなくなっていった。


技術があっても、資金があっても、傲慢になってはいけない。


ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


ノキアの経営陣は徹底的に議論しました。その結果、リスクはゼロではないが、コントロールはできる、という結論に至った。


ノキアには技術と人材が十分にあり、ベストの戦略を持っていました。今でもアップルはノキアに特許使用料を支払っています。しかし、スマホのエコシステムを構築したのはアップルでした。ノキアにはそれを作るカルチャーがなかった。


外部の人の方が、冷静に対処できるものです。企業の場合もビジネスの論理を理解している外部の人の方が、危機には的確に対処できます。内部の人間は「そこまで悪くない」と思いたがるものです。


ボードメンバー(取締役)には社内の人間がほとんどいないだけでなく、フィンランド人も3人しかいませんでした。様々なバックグラウンドの人々が英知を結集して、ノキアの再建策を話し合いました。


中核事業である携帯端末の収益が1年で26%も減少するという危機的な状況の中、ノキアの将来について徹底的に議論しました。この時、ゴールデンルールとしたのは「最良の専門家を集め、最高のデータを基に議論をする」こと。そして「感情ではなくデータで決断する」ことでした。


リスト・シラスマの経歴・略歴

リスト・シラスマ。フィンランドの経営者。「ノキア」会長。ヘルシンキ工科大学理学修士。セキュリティサービス会社「F-Secure(エフセキュア)」を創業。その後、ノキア会長に就任し、経営再建にあたった。

他の記事も読んでみる

中西哲生

スポーツに限らず、多くの人は安易に上達する方法を探しますが、そんな方法は決してありません。一流と言われる選手たちは、コツコツと地味な練習を厭わず積み重ねています。


佐藤綾子(心理学者)

信憑性は、にわかには身につけがたいので、ビジネスマンが信憑性の力をつけようと思ったら、日頃の実績を積み、決して嘘を言わない。これが一番大事なところです。


川端克宜

お客様が「良かったな」と感じ、「もう一度買いたい」と思うことができるような商品をいかに出し続けていくかが重要。


山田昇(ヤマダ電機)

誰に師事されたんですかとよく聞かれますが、そういう人はいません。ただ、あえて言えば、起業前の10年間を過ごさせてもらった日本ビクターで企業人としての考え方を学ばせてもらいました。日本ビクターの前橋工場はビデオの主力で、優秀な人材もいましたし、いい経験をさせてもらった。その経験はいまも生きています。私が就職した頃は白黒テレビの時代ですが、ラインで製品をつくったり品質管理をやったり経営の発想も学ばせてもらいました。


西多昌規

勉強を始めてしばらく経って、気が散り始めたときは、無理をせず休憩をとりましょう。休憩で避けたいのは、座ったままスマホを見たり、PCでネットを閲覧したり、といったこと。近年、「セデンタリー(座りっぱなし)」生活は深刻な健康被害を招くことが知られてきました。休憩の原則は、とりあえず席を離れて立ち歩く時間を作ること。これが集中力の回復にも役立ちます。


茂木啓三郎

損をしないことが大きな儲けである。


エルマー・デゲンハート

我々は世界に40万人の従業員を持つ大きな組織です。当然、ミスは起こります。ただ、そのミスを犯した個人には罰ではなくセカンドチャンスを与えるべきです。一方で組織としてはしっかり反省し、変革に取り組むことが重要ではないでしょうか。


オグ・マンディーノ

人類の歴史が始まって以来、この惑星の上を歩いたことのある700億人の人間の中に、あなたとまったく同一の人物は誰もいないのです。この世の終わりまで、あなたのような人物は出てこないでしょう。あなたは自分のかけがえなさを知りもしなければ評価もしてきませんでした。しかし、あなたはこの世で最も稀な存在なのです。


北尾吉孝

私は海外で10年間過ごしましたが、そこでの生活を通して学んだことは、髪の色や肌の色が異なっても、人間性は全く変わらないということです。人間として生まれてきた以上は、喜怒哀楽は一緒です。人間としての根幹が同じだと思うことは、相手の考えを理解しようとすることにつながります。


林原健

人と同じことをしなくてもいい環境が生まれている。かつては新製品が売れるようになるまでに5・6年かかっていましたが、いまはみんなが新しいものを探し求めていますから、新製品を出したとたんにワーッと売れる。売れるようになるまでの時間のリスクを省くことができるようになったんです。そのぶん独創にかけることができるわけです。


遅野井宏

私は新卒で日本企業に入社し、その後、外資系企業で働いた経験もあります。そこで感じたのは、日本企業は「性悪説」で設計され、外資系企業は「性善説」で設計されていること。たとえば外資系企業で働いていた際は、快適なオフィスと最高のスペックを持つパソコンを与えられました。「あなたを信頼して最高のものを渡すから、あなたも最高の成果を出してね」という関係が成り立っているのです。一方、多くの日本企業では、決められた時間・場所・道具といった多くの制約を課せられた中で、結果を出すことを求められる。日本企業もそろそろ「性善説」に変わるべき時期に来ていると思います。


桑原豊(経営者)

喫茶店の開業資金を貯めるために「すかいらーく」に入社しました。はじめは開業資金を貯めたら辞めようと思っていましたが、資金繰りやスタッフの育成など学ぶことはたくさんあることに気づきました。少なくとも一度は店長にならないと、自分の喫茶店なんて出せないと思いまして。ガムシャラに勉強し始めました。幸い、店長やマネージャーを育成するためのカリキュラムが整備されていたので、カリキュラムに沿って一生懸命取り組みました。