リスト・シラスマの名言

リスト・シラスマのプロフィール

リスト・シラスマ。フィンランドの経営者。「ノキア」会長。ヘルシンキ工科大学理学修士。セキュリティサービス会社「F-Secure(エフセキュア)」を創業。その後、ノキア会長に就任し、経営再建にあたった。

リスト・シラスマの名言 一覧

現場から正しい情報が上がってこなければ、どんな優れた経営陣も盲目だ。


悪いニュースは良いニュース。
良いニュースはニュースではない。
そして何もニュースがないことが悪いニュース。
【覚え書き|部下から上がってくる報告についての発言】


技術があっても、資金があっても、傲慢になってはいけない。


全てのデータをテーブルの上に載せ、議論を尽くすことで迷いは消え、恐れもなくなっていった。


ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


ノキアの経営陣は徹底的に議論しました。その結果、リスクはゼロではないが、コントロールはできる、という結論に至った。


ノキアには技術と人材が十分にあり、ベストの戦略を持っていました。今でもアップルはノキアに特許使用料を支払っています。しかし、スマホのエコシステムを構築したのはアップルでした。ノキアにはそれを作るカルチャーがなかった。


外部の人の方が、冷静に対処できるものです。企業の場合もビジネスの論理を理解している外部の人の方が、危機には的確に対処できます。内部の人間は「そこまで悪くない」と思いたがるものです。


ボードメンバー(取締役)には社内の人間がほとんどいないだけでなく、フィンランド人も3人しかいませんでした。様々なバックグラウンドの人々が英知を結集して、ノキアの再建策を話し合いました。


中核事業である携帯端末の収益が1年で26%も減少するという危機的な状況の中、ノキアの将来について徹底的に議論しました。この時、ゴールデンルールとしたのは「最良の専門家を集め、最高のデータを基に議論をする」こと。そして「感情ではなくデータで決断する」ことでした。


リスト・シラスマの経歴・略歴

リスト・シラスマ。フィンランドの経営者。「ノキア」会長。ヘルシンキ工科大学理学修士。セキュリティサービス会社「F-Secure(エフセキュア)」を創業。その後、ノキア会長に就任し、経営再建にあたった。

他の記事も読んでみる

矢頭美世子

食品や健康補助食品を扱う会社なのですから、自分たちの食事にも気を配り、元気に働ける環境にしなければならない。


柳澤大輔

ネット担当に指名されたので、ウェブについて独学で勉強をする方もいるかもしれませんが、技術的な面を深く理解するのは簡単なことではありません。それよりは、いろんなサービスを利用者視点で使い、「これを使えば営業に役立つ」など、サイトの効果を理解できるようになれば十分です。そうすれば、制作の視点では難しくても、制作会社のスタッフとやり取りはできるようになります。


関戸正実

体調を崩し社長をいったん退いた後、それまで当然のこととして目もくれなかったような基本的なことも、はたと立ち止まり、考え直すことができるようになりました。自分の体験、失敗から学ぶことはケタ外れに大きいと実感しています。


鈴木義幸

自己質問を起こす際、人はともすると「過去否定形」の質問をしてしまう傾向があります。「なんで社長に認められないんだろう」「なんで給料がこれしかないんだろう」など、「過去否定形」の質問が多いと、いつまでも自問自答を繰り返すパターンになりがちです。このような問いを繰り返していると、次第に負のスパイラルに巻き込まれていきます。しかもそのことに、大抵の人は気づかないのです。


江村林香

膨大な資料を用意して、それを人数分コピーしてくるのは、大手企業出身の人に多いと思います。膨大な資料作成は、その人自身の自己満足以外の何ものでもありません。それに資料の中身だって「これだけのことでしょ」って場合がほとんどで、「だったら口で言えば」って言いたくなりますよ。言いますけど(笑)。


ジャック・マー(馬雲)

夢を持つことは大事ですが、同時に方向感が重要です。使命感のある目標、それを大切にすることが大事なのです。社会的責任も含めた使命感をビジョンに落とした会社が長く続いていけば、皆それを共有することができるし、成功する時の楽しさや面白さも全く変わってきます。


三宅占二

求められる社員をつくるのはリーダーの役目です。こういう社員はいらないというのは、天に唾するようなものです。不要な社員を語る前に、社員を育成するリーダーの工夫が求められます。


門出希

私利私欲で動くのではなく「これがあれば多くの人が助かる」といった理念やビジョンがない人や会社は、自然淘汰される。経営破綻した会社をはじめ過去の事例の多くが、それを証明しています。


石川和男(税理士)

1週間に少なくとも1日は、勉強の予定を入れない日を作りましょう。これは、それ以外の6日間で達成できなかった部分をフォローする日です。仕事であれ勉強であれ、予定には必ず遅れが生じます。あらかじめ、「予備日」を用意しておくことで、追いつくことができます。


ジョージ・エリオット

人間の性格は、固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、我々の肉体と同じように病気になることもある。


瀧本哲史

マーク・グラノヴェッターという社会学者が282人のホワイトカラー労働者を対象に、就職活動中、どのような人とコミュニケーションしたかについて調べました。その結果、自分のもっているリソースやバックグラウンドとまったく異なる人とつながったほうが大きな価値が生まれる、ということがわかりました。グラノヴェッターはそのつながりを「ウィークタイズ(弱いつながり)」と名付けています。


菊池寛

最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだろう。


上條努

米国赴任当時、米国では総代理店の契約を結んでいる企業があり、同社が米国各地の問屋に商品を卸していました。これではメーカーとして主体的にブランドをコントロールできません。やはり当社が各問屋に直接商品を卸すのがあるべき姿であり、総代理店の契約はやめようと思いました。東京の本社は、歴史のある取引を変更することを懸念していましたが、同時期に米国駐在していた同年代の社員3人で協力しながら押し切りました。若い世代らしく、みんな「おかしいと思ったことは直すぞ」という信念を持っていました。こうした取り組みによって、私が支店長だった5年間で当社のビールの販売数量を全米で9割増やすことができました。思ったことをストレートにやって結果が出たことで、自信を持てるようになりました。思い切って仮説を立てて実行し、検証するという体験を、できるだけ若いうちにしてほしいと思います。


冨山和彦

必要なスキルを一気に身につけるというのは無理です。スキルは一朝一夕に磨けないので、時間をかけてひとつひとつ身につけていくしかない。たとえば30歳で留学することを目標にTOEICで800点取ると決めたら、カラオケやゴルフの回数を減らしてコツコツやっていくしかないと思います。


關昭太郎(関昭太郎)

私は証券会社でも大学でも、改革と革新のために自分の志と情熱、ビジョンを惜しみなく投入してきました。その間、様々な方々との出会いや貴重な体験を通じて、その人たちが持っているイデオロギーで人を判断することはできないという人間学というか、人間哲学を学ぶことができました。このような経験は、わたしの人生に大変大きな勇気と英知を与えてくれました。


ページの先頭へ