リシャール・ミルの名言

リシャール・ミルのプロフィール

リシャール・ミル。フランス出身の経営者、時計コンセプター。高級腕時計メーカー「リシャール・ミル」創業者。モーブッサンウォッチグループCEO(最高経営責任者)などを経てリシャール・ミルを創業。

リシャール・ミルの名言 一覧

他とは一切異なるものを作ることで、リシャール・ミルは時計界で唯一無二の地位を築いた。


リシャール・ミルの経歴・略歴

リシャール・ミル。フランス出身の経営者、時計コンセプター。高級腕時計メーカー「リシャール・ミル」創業者。モーブッサンウォッチグループCEO(最高経営責任者)などを経てリシャール・ミルを創業。

他の記事も読んでみる

三浦善司

国によって潜在ニーズもお客さまの質も全く違ってくる。現在、グローバルで約3万人の販売・サービス人員を配置し、お客さまとの接点、いわば「ラストワンマイル」の部分を重視した体制を築いています。


佐藤優

インプットの時間は一日4時間以上、意識的につくっている。


宇佐美進典

EC領域で昨年始まった「カジタク」という家事支援サービスは、イオングループと協業しています。「カジタク」は元々イオングループで運営していたサービスですが、予約する際、ユーザーはまずコールセンターに電話をかけなければなりませんでした。弊社は、それをスマートフォンからも予約できるようにしました。家事支援を行う上での人材採用や、使用する洗剤の研究開発などは間違いなく「カジタク」の方が優位です。しかし、それをインターネット上で販売するとなれば、弊社の得意分野となりますので、親和性があると考えました。


武田國男

米国に進出した当時、武田は米国の製薬会社に収益性の点で大きく水をあけられていました。彼らの土俵である米国市場で戦うためには、差を埋めるだけでは十分ではありませんでした。収益性で逆転して優位に立つぐらいでないと。だから高付加価値化によって1円でも多く稼げる会社にしたいと思ったわけです。


加谷珪一

これから収入を増やしたいと思っているなら、コストが高くても通勤時間のかからない所に住み、その時間を勉強に充てたほうがいい。


冨安徳久

仕事の意味が、生活するために変わった瞬間、感動のサービスは生まれなくなる。


角田秋生

公文では毎年1回必ず、地域ごとに過去1年間の指導の実績を紹介し、いい事例から学び合う場を設けています。北米や日本の先生が互いの地域を行き来するなど、地域の枠を超えたやり取りもあります。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

社名を変えたのは、我々がもはや「ガリバー」という単一のチャネルで中古車を扱う会社ではないという決意を、社員や取引先に伝えたかったからだ。これからは小売りの販売チャネルを増やす。ネットを活用した新規事業にも取り組むし、海外事業も本格化させる。自動車という領域で、時代とともに様々な分野に挑んでいく。そんなメッセージを込めたつもりだ。


大久保真一

年に3回全社員を対象に勉強会を実施しています。5月の全国大会では、海外の優秀な社員も招いて、それぞれの成功事例を発表してもらいます。成功事例をきちんと社員間で共有することは何よりも重要です。また、営業成績は部署ごとのデータが毎月発表され、貢献した人の努力がきちんと目に見えるような仕組みを整えています。


北尾吉孝

私が「人」にこだわるのは、物事のイノベーションは人の行いだと考えるからです。まさに人材こそ差別化を生み出す源泉といえます。


夏目漱石

現下(今)の如き愚なる間違ったる世の中には正しき人でありさへすれば必ず神経衰弱になる事と存候(ぞんじそうろう)。もし死ぬならば神経衰弱で死んだら名誉だろうと思う。時があったら神経衰弱論を草して天下の犬どもに犬である事を自覚させてやりたいと思う。

【覚え書き|神経衰弱で休養している教え子の鈴木三重吉への言葉】


鹿田尚樹

読書会に参加するのも有効な方法だと思います。一冊の本から得たことを参加者同士で話し合うことで多くの考え方や読み方があることがわかり、一人で読む以上の学びがあります。


ココロ社

新しいものにためらう上役は多い。そこで、プレゼンでは考えられるリスクを列挙して「これらのリスクを踏まえてこの提案をします」と言うと、信頼感があがり、企画が通りやすくなる。


浜野安宏

すべての産業は、ファッション産業になる。


安藤徳隆

若い人たちにも商品を身近に感じていただくためには、彼らの目線に立ったブランドコミュニケーション、話題作り、そして、売り上げにつながる仕組み作りが重要。年配の取締役の方々に理解されず、怒られることも多々ありますが(笑)。


ページの先頭へ